1945年8月9日、長崎の原爆(原子爆弾)投下時に、爆心地からわずか1.8㎞に位置する浦上第一病院で患者や病院スタッフとともに被曝した医師、秋月辰一郎氏の著書『死の同心円』には、当時の長崎市内の凄惨な様子が記されています。

秋月医師は、被曝者である患者や医療スタッフに、玄米で握ったおにぎりと味噌汁を配ったことが、上記の著書に記されています。

医療スタッフや患者は、多少の下痢があったことが記されていますが、爆心地に長期間滞在していたにもかかわらず、奇跡的に生き延びることができました。

ただ、この秋月氏の逸話は、長らく様々な形で語り継がれてきましたが、その科学的な根拠は未解明なままでした。

ところが、1990年以降、広島大学名誉教授の渡邊敦光博士によって行われた動物実験によって、その科学的な根拠が示されることになります。

渡邊博士は、みそ入りのエサを与えたマウスと、通常のエサを与えたマウスに強い放射線を照射して、その後のようすを調べました。通常のエサを与えたマウスは照射後10日で次々と死にはじめますが、みそ入りのエサを与えたマウスの多くは生き延びていたのです。

みそに含まれる「メラノイジン」が力の源 - パルシステム放射能レポート 

そして、その後の実験により、その科学的根拠が明らかになります。

さらにその後の動物実験で、みそに含まれる「メラノイジン」という成分が、腸内の善玉菌である乳酸菌を数十倍に増やすことがわかりました。免疫をつかさどる腸が乳酸菌で活性化され、からだを放射能から守ったと考えられています。
科学的にも解明されつつある「みその力」。力の源といえる「メラノイジン」は、同じみそでもよく熟成したものにたくさん含まれていることがわかり、研究が続けられています。

みそに含まれる「メラノイジン」が力の源 - パルシステム放射能レポート 

この記事を読んですぐにスーパーに味噌を買いに行こうとしたあなた。
無駄なのですぐにやめて下さい。

スーパーで売っている味噌は、添加物まみれのニセモノの味噌だからです。


昭和のはじめ頃までは、一般的な味噌の熟成期間は1年から3年程度でした。
しかし第二次大戦後は、伝統製法による理想にとって代わって、効率最優先の製法で作られる「速醸味噌」が、一般的な味噌となってしまいました。
速醸味噌とは、加熱して無理やり麹の働きを活発にし、本来なら1年かかる熟成時間を、わずか20日くらいに短縮して味噌を造る手法です。
この速醸味噌には、殺菌や長期保存、変質変色防止や風味づけのために、たくさんの種類の化学合成された添加物が使われています
こうして、世界に誇る伝統食である「味噌」は、まったく別のものに変わってしまいました。
 
ですから、スーパーなどの市場を見渡すと、そこにあるほとんどの味噌が「速醸味噌」と明記されていなくても、速醸味噌の製法で造られています
風味不足を人工的な添加物で補い、変色・変質を防ぐための殺菌効果で、生きた酵母も含まれていません

そして、これらの添加物まみれの速醸味噌には、当然のことながら放射能から身体を守ることができません。

味噌も同様である。大豆を使った食品としては味噌、醤油、納豆、豆腐、テンペなどいくつも種類があるが、これらは良質の塩を使っていることと発酵しているからこそ意味がある。

スーパーの味噌はその意味において本当の味噌ととても呼べないものである。
減塩にすると、腐敗してしまうために防腐剤を添加している。また、減塩による味の低下をカバーするために、pH調整剤や化学調味料、香料や着色料などが加えられ添加物まみれなのである

味噌に含まれる菌は微生物として放射能の解毒に作用する。
これは様々な菌がそのような効果を持っていることが知られ、また本当に良質の乳酸菌にも放射能の解毒作用があることが言われてい
る。

内海聡著『放射能と原発の真実』 

そして、スーパーの味噌に含まれる添加物によって腸内細菌が殺されることで、むしろ癌などの生活習慣病にかかりやすくなることも忘れてはいけません。

私たちは、少しずつ毒を食べて静かに自殺を図っている状態ですその毒は直接的には人体に影響がないとされ、許可されていますが、腸内細菌には猛毒です
腸内細菌をやっつけてしまえば、身体中で使われる栄養や酵素、ホルモンができなくなります。体はそれでも生きていこうと頑張り、体の仕組みを変えて、生き続けようとします。
しかしどこかに無理があるので、どこかに歪みが生じ、自分の一番弱いところからおかしくなって病気になっていくのです。
ちゃんと腸内細菌がいれば健康に生きていけるのに、腸内細菌を殺すことによって病気にさせられているのです

佐々木淳著『腸内細菌のベストバランスが病気にならない体をつくる』 
 
f2475e95a46a1b1660d937e50bdf98a5
 

関連記事>>秋月辰一郎著『死の同心円』には日本酒は放射能に効くという事実が記されている


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

main_slide_01
自然食品・無添加食品・オーガニック通販の専門店【ブラウンビレッジ】





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

二人に一人が癌を発症すると言われている現代ニッポン。
あなたはどちらのグループに入りたいですか?

癌を発症して、抗がん剤治療で髪の毛も抜け落ちて、吐き気で美味しいものも食べれなくなるグループ?

それとも健康で若々しく、しかも美しく年を重ねていくグループ?

もちろん後者ですよね。


今回のブログ記事では、そんな皆さんに、癌を発症せず、いつまでも健康で若々しく、しかも美しくいるために大切なことを一つ、お伝えしようと思います。

それは、身体の中に毒物を溜め込まないこと。

まずみなさんに是非知っていただきたいことは、癌というものは、突然変異的に発症するものではなく、現代社会において、身体に溜まった毒物により発症するという事実です。

今や私たちの環境は、汚染だらけです。数多くの食品添加物に代表される化学物質や、有害金属、それに電磁波、放射能、農薬、遺伝子組み換え食品、砂糖類。これを〝社会毒〟という私の造語でくくれば、私たちは常に社会毒に汚染されているのです。その結果、体内環境汚染にまみれている私たちの汚れが、がん細胞に溜まっていくのです。いい方を換えると、「がんが体内にある毒をかき集めてくれている」のです

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 

この毒物を身体に溜め込まないために必要なことは、2つあります。

①身体に溜め込んだ毒物を体外に排出すること
②毒物を出来るだけ身体に入れないようにすること

  • 現代の社会毒は、脂肪に蓄積する
癌の原因となる現代社会に蔓延している毒物は、脂肪に蓄積するという事実を知っていますか?

IN YOUの記事「脂肪に溜まって脳まで侵す現代毒の解毒方法。農薬・食品添加物・薬物・トランス脂肪酸。有害物質の特性を知って、身を守ろう!」から紹介します。

農薬や食品添加物、トランス脂肪酸、不必要に服用する薬など。

従って、私たちが動物の肉を食べる時には、脂身に注意する必要があります。

質が良くない肉を食べる時に、注意すべきは脂身です。
抗生物質や遺伝子組み換え飼料を与えられて育った家畜の場合、脂身は有害物質そのものと言えます。

脂肪に溜まって脳まで侵す現代毒の解毒方法。農薬・食品添加物・薬物・トランス脂肪酸。有害物質の特性を知って、身を守ろう! - IN YOU 

さて、動物の脂身に現代の毒物が蓄積しているとしたら、人間も同じだと思いませんか?
そう、太っている人は、それだけ、痩せている人と比べて毒物を身体内に溜め込んでいると言えるのです。



この脂溶性の毒物を体外に排出するために最も効果的なのは、余分な脂肪を減らすことに他なりません。

脂肪に溜まる特性を持つ、現代の脂溶性毒。
当たり前ですが、体の脂肪が多い程に、毒を抱えるキャパが増えるわけなので、余分な脂肪は減らす必要があります。

日本人の肥満者の割合は男性が約3割(29.5%)、女性が約2割(19.2%)です。

つまり、脂肪を落とすことは、=(イコール)身体中の毒物を体外に排出することを意味しているのです。

この事実を知った時、あの石田えりさんがRIZAP でダイエット後に、単に痩せただけではなく、肌が美しくなって雰囲気が若々しく、綺麗になった理由も納得がいきます。

つまり、解毒されたことで身体の細胞がクリーンになり、結果、肌が若返ったのです。





RIZAP をはじめとする各種ダイエットにより、体内の脂肪(=毒物)を排出してクリーンになった身体にとって、次に大切になってくるのは、これ以上の毒物を取り入れないことです。

  • 添加物を避けるのに、最も効果的なのは手作り料理
そもそも、私たち現代人にとって最も身近な毒物とは何でしょうか?
前述のIN YOUの記事にも書かれていました。
次のような物質です。

農薬や食品添加物、トランス脂肪酸、不必要に服用する薬など。

この中で、

①農薬
②食品添加物
③トランス脂肪酸
④不必要に服用する薬

上記①〜④の中で、苦労せずに避けることができるものはどれでしょうか? 

①は無農薬の野菜を買わなければならず、費用の面からもハードルが高い。
とすると、②と③が比較的容易なのではないか?と私は考えています。

なぜなら、②も③も、料理を手作りすることで、簡単に避けることができるからです。

大量生産された安い油は、すべて化学物質を使って不自然に抽出された油と思っていいでしょう。それにより生じるのがトランス脂肪酸ですが、諸外国のほとんどの国が表示を義務づけているなかで、日本は表示規制がないといっていい状態です。

内海聡著『1日3食をやめなさい!』 

③のトランス脂肪酸、安価な油に含まれていることからも明らかなように、ほとんどの加工食品に含まれています。
従って、加工食品を避けることで、その摂取を減らすことが可能です。

また、②の食品添加物も、コンビニやスーパーの惣菜や弁当、サンドイッチを避けることで、体内へ取り入れるリスクを減らすことが可能です。

やはり、ここでも、料理を手作りすることが重要になってくるのです。

加工食品にはたいてい含まれているので、現代では食品添加物が全く入っていない食品を探すのは至難の技です。そこで「原材料のリストが短い食品」と、なるべく姿かたちが思い浮かぶ原材料だけを使った食品を選ぶことで摂取する食品添加物を最低限に抑えることができます。コンビニ弁当、ジャンクフード、駅弁、市販のソーセージなどは論外といえます。添加物を少なくするもっとも簡単な方法は、手作りで作るということなのです。

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 

いかがでしょうか?
現代の日本では、料理ができるということは、=(イコール)癌にならない健康な身体を作ることだと言っても過言ではありません。

あなた自身や、あなたの大切な家族を守るためにも、ぜひとも料理の腕を磨いていただけたらと切に願うばかりです。



このように見てくると、現代社会で癌にならないためには、RIZAP へ行くことが早道なのかもしれませんね。

RIZAP-GROUP 


関連記事>>なぜライザップで石田えりは痩せただけでなく美しくなったのか?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

quick-beef-stir-fry-bell-peppers-horiz-a-1800

炒め物を作るけれど、どうしても美味しく作れないと悩んでいるあなたへ。

今回のブログ記事では、そんなあなたに伝えます。
炒め物を、フライパンで簡単に美味しく作れる方法を。 

  • 普通に炒め物をすると、野菜はベチャベチャ、肉はパサパサになる 

私自身も、今まで何度も炒め物を作ってきた中で、いつも上手くいかないのは、炒めた後に、野菜から水分が出て、全体の出来上がりがベチャベチャになってしまうことでした。

また、野菜から水分が出て水っぽくなってしまうのとは逆に、肉からは水分が抜け落ちて、パサパサになってしまい、肉の持つジューシーさが無くなってしまうというデメリットも同時に生じます。

この炒め物全体が、

野菜=ベチャベチャ
肉=パサパサ

となってしまう結果、炒め物全体の味が不味くなってしまうのです。

それでは、なぜ、野菜と肉で、反対の状態(ベチャベチャとパサパサ)になってしまうのでしょうか?

それは、(野菜も肉も両方とも)炒めすぎてしまうから。

逆に、野菜と肉をちょうど良いタイミングでフライパンから引き上げることができれば、美味しい炒め物にすることが可能となるのです。

しかし、そのためには、一つ、大きな壁が立ちはだかります。

その壁とは、野菜も肉も、そして、野菜はそれぞれの種類ごとに、フライパンから引き上げるベストのタイミングが全て異なる、という事実です。

例を挙げた方がわかりやすいですね。
クックパットにて紹介されている基本の野菜炒めを例に説明しましょう。

基本の野菜炒め
2.中華鍋を熱し、にんにく生姜を炒める。香りが出た来たら、豚肉を炒める。

3.豚肉に火が通ったら、人参を加え、火を通す。キャベツを加え、胡麻油以外の調味料を加え、強火でさらに炒める。

4.もやしを加え、味見をし、味を調える。最後に胡麻油を加え完成!

さて、上記の炒め方に従って作った野菜炒めは、果たして最高の味になるのでしょうか?
答えは「否」です。

もちろん、レシピにも書いている通り、『しゃきしゃき野菜が美味しい中華屋さんの野菜炒め定食に負けない野菜炒め』にすることは、十分可能です。
しかし、最高の食感の野菜炒めに仕上げることは、ほぼ不可能です。

今から、その理由を具体的に解説しましょう。

まず、上記のクックパッドのレシピの中で、それぞれの素材の炒め具合が最高の状態になっている部分に★マークを付けていくことにしましょう。 

2.中華鍋を熱し、にんにく生姜を炒める。香りが出た来たら、豚肉を炒める。

3.豚肉に火が通ったら(★<豚肉>)、人参を加え、火を通す(★<人参>)。キャベツを加え、胡麻油以外の調味料を加え、強火でさらに炒める(★<キャベツ>)。

4.もやしを加え、味見をし、味を調える(★<もやし>)。最後に胡麻油を加え完成! 

そして、それぞれの素材がベストの状態から、その後、野菜炒め全体の完成時までに加えられる工程を列挙していきます。


豚肉
pig

・ベストな状態=豚肉に火が通った時点

・その後完成までに加えられる工程
 ①
人参を加え、火を通す
 ②キャベツを加え、胡麻油以外の調味料を加え、強火でさらに炒める
 ③もやしを加え、味を調える


人参
healthy-carrot-fries-11

・ベストな状態=人参に火が通った時点 

・その後完成までに加えられる工程
 ②キャベツを加え、胡麻油以外の調味料を加え、強火でさらに炒める
 ③もやしを加え、味を調える


キャベツ
Cabbage11

・ベストな状態=キャベツを加え、強火で炒まった時点 

・その後完成までに加えられる工程 
 ③もやしを加え、味を調える 


ここまで書くと、なぜ野菜炒めが美味しく作れないかが一目瞭然でしょう。

つまり、素材が炒まってベストな状態になった後の工程が長すぎて、完成した時点では、その素材がベストな状態から遠ざかってしまうからです。

  • 美味しい炒め物を作るのは、驚くほど簡単だった

それでは、水っぽくならずに、野菜がシャキシャキで、肉も香ばしくジューシーな肉野菜炒めを作るには、どうしたら良いのでしょうか?

そのコツとは、素材を別々に炒めること。
そして、最後に混ぜ合わせて、味付けすること。

信じられないかもしれませんが、それだけです。
何だか、拍子抜けしませんか?

嘘だと思うなら、一度やってみてください。
野菜はシャキシャキ、肉はジューシーな、最高の炒めものが作れます。

o-COOKING-facebook

最後に断っておきますが、本ブログは決して料理ブログではありません。
それでも執拗に美味しい料理を作るための秘訣を投稿し続けるのには理由があります。

それは、添加物にまみれた現代の日本では、手作りの料理を食べることが、イコール発癌リスクを下げることにつながるからです。

加工食品にはたいてい含まれているので、現代では食品添加物が全く入っていない食品を探すのは至難の技です。
コンビニ弁当、ジャンクフード、駅弁、市販のソーセージなどは論外といえます。

添加物を少なくするもっとも簡単な方法は、手作りで作るということ
なのです。

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 
 

関連記事

>>
牛肉とズッキーニの炒め物 中華料理店みたいに作るコツは

>>癌予防に最適!夏野菜を使ったラタトゥイユをプロ並みの味に仕上げるたった一つの方法









chemo-abstract_oncology-new-australia-e1499727475468

抗がん剤を医薬品ではなく、一つのビジネス、商品として見た時にどのように評価できるのか?
を探る連載記事。

第一回目の今回は、商品開発のリスクに焦点を当てながら、抗がん剤ビジネスの素晴らしさについて、考察していきます。

  • 抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器であるマスタードガスだった
皆さんは、抗がん剤のルーツが、毒ガス兵器だったという事実をご存知でしょうか?

まず、「抗がん剤」という薬剤が世に登場したきっかけをご存じでしょうか。抗がん剤の起源は毒ガスだと言われています。今なら「化学兵器」と呼ばれるものです。

第二次世界大戦中の1943年12月、イタリア南部バーリ港に停泊していたアメリカの輸送船「ジョン・ハーヴェイ号」がドイツ軍の爆撃を受け、積み荷の大量のマスタードガスが海に漏れ出し、連合軍兵士らが大量に浴びるという事件が起こりました。

翌朝から、兵士たちに失明や化学物質によるやけどなどの症状が表れはじめ、中には血圧低下やショックを起こして白血球値が激減する人が出ました。 

抗がん剤 毒ガスから生まれた救世主 - 医療プレミア(毎日新聞) 

上記の出来事をきっかけに、マスタードガスには、白血球を減少させる効果があることがわかり、そこから、白血病や悪性リンパ種向けの抗がん剤の開発へと繋がっていきました。

このことから、マスタードガスに白血球を減少させる作用があると考えられるようになり、白血病や悪性リンパ腫など白血球が増えすぎる血液のがんの治療薬としての研究が始まりました。マスタードガスの分子を一部入れ替えた毒ガス、ナイトロジェンマスタードが後に最初の抗がん剤となります

抗がん剤 毒ガスから生まれた救世主 - 医療プレミア(毎日新聞) 

こうして、戦時中は戦争のための兵器だったマスタードガスが、戦後は、人々の病気(癌)の治療のために使われる抗がん剤へと姿を変えることになったのです。


ここで、一見、抗がん剤とは直接関係が無いと思われる商品を一つ、取り上げます。

その商品の名前は、『マカロンレースマスク』です。
 
一方、ここで紹介する企画商品も「花粉対策」のマスクなのですが、当然普通のマスクではありません。以下の写真をご覧ください。甘ーい!

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ | コマースデザイン

03021337_58b7a1a139663

抗がん剤とこの甘いマスクには一見、何の関係も無いように思えます。
ところが、この2つは、その分野は違えど、全く同じ手法にて開発された〝商品〟なのです。 

  • 既存の商品に、新たなコンセプトを与える 
その手法とは、既存の商品に今までに無い全く新しいコンセプトを与えることによって、異なる商品として売り出すというもの。

まず、【ずらす】という考え方について紹介します。とある商品について、普通とは違う「新しい使いかたを提案」し、「新しい価値を提供」することです。

商品を作る際には、「投資」が必要です。リスクがあります。

でも既存の生産設備や原材料を転用するだけなら、リスクが少なくなります。つまり「既存の商品を少し変える」だけなら、ゼロから込み入った商品を企画するよりもはるかに簡単にできます。 

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ | コマースデザイン 

これは正に、戦時中の殺人兵器を、人々の暮らしに役立つ電力供給装置に変えたケース(=原子力発電)と同じく、人々の生命を救う医療のための薬剤(=抗がん剤)として生まれ変わらせたスバラシイ発明です。

同時に、単なるビジネスとして評価した際にも、既存の原材料を転用しているという点で、ずば抜けて投資効率の良い商品だと言えるのです。


関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

dtl_ab001_01
あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】





この世には、全て、表と裏の世界があります。
表の世界は、私たちが普段常識だと思っている意識の中に刷り込まれた世界です。

◎表の世界

・警察


・検察


・医者


しかし、残念ながら、私たちが知りえない、裏の世界が確かに存在します。
それは通常は、表には出てこないのですが、時たま、裏と表の世界の境界線にふとした綻びが生じた時に、一時的に私たちの眼前に現れるのです。


◎裏の世界(=本当の世界)

・警察


・検察


・医者



s_aibou-880x644

上記の『裏の世界』のツイートを見て皆さんは次のように思われるのかもしれません。
『世の中には、悪い警官(または検察官または医師)もいるのだな…』と。

しかし、その発想こそがすでに洗脳されている証拠です。
そもそも、警察も、検察も、医者も、決して私たちを守ってくれる正義の味方ではありません。
本当は正義の味方でもなんでもない彼らの存在を、あたかもそれであるようにカモフラージュするために、上記のテレビドラマが制作されているのです。

つまり、「相棒」、「HERO」、「A LIFE〜愛しき人〜」が制作され、大物キャストが動員され、高視聴率を記録するのは、ある意味必然の出来事なのです。

s_contrailstudy

私のブログの主要なテーマは、癌予防です。
そのブログで、どうしてテレビドラマを題材に取り上げるのか?

それは、この裏の世界の存在を知ることが、結果に私たち自身の生命を救ってくれると、私が信じているからです。

医学や医療にぎりぎりまでかからないこと、これが健康であることや殺されないための最も重要な秘訣だが、一般の人にはそのような発想自体が思い浮かばない。
現代の医学とは、かかればかかるほど悪くなるのである。悪くしないと儲からないのだから。
要するに極論すれば、殺人するためにこそ現代医学は存在する

内海聡著 『医学不要論
 

関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

dtl_ab001_09
あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】





↑このページのトップヘ