どうしようもない。この国の政府は…。もう誰も期待してないけど。
065c4f39s

チェルノブイリ原発事故 国が健康調査公表せず

毎日新聞
2016年6月4日 02時30分

1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故の健康影響について、日本政府が東京電力福島第1原発事故後の2012〜13年に5000万円をかけて調査しながら報告書を公表していないことが分かった。

この調査報告書は「チェルノブイリ事故の健康影響に関する調査報告書」。

民主党政権末期の12年11月に
文部科学省の予算で着手し、自民党の政権復帰後の13年3月にまとまった。電力各社も出資する東京都内のコンサルタント会社が調査を担い、結果を評価する委員会の委員長には放射線影響研究所元理事長の長滝重信・長崎大名誉教授が就任。 

ウクライナ報告書は同国の非常事態省が11年に作成し、事故処理作業員のうち健康な人の割合が88年の67.6%から08年には5.4%まで低下したなどと指摘。

ヤブロコフ報告書は現地の研究者らが09年にまとめ、事故後の継続的な被ばくによりがんのほか心臓や血管などの病気が引き起こされたとして、事故の影響を受けた86年4月~04年末の死者数を計98万5000人と推計するなどしている。

政府関係者は「民主党政権時に決まった調査で予算を消化しなければならなかった。政権も交代し積極的に公表する意図はなかった」と話した。 

結局は、官僚の予算消化と、コンサル会社に金が流れただけ。

この国は本気で国民の命を守ろうとしない。
でも、これは今に始まったことではありません。

政治はもう、オワコンなのです。


関連記事

東電の元重役たちの行動は、私たちに重要な示唆を与えてくれる


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された









このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

私が本ブログで再三にわたり糾弾している医学ムラ。
visiting-01

私たちを搾取し、私腹を肥やすトンデモ職業の彼ら(彼女ら)ですが、実は、彼らは、時折私たちにとって有益な存在となります。

それは、彼らが自らの行動を通じて、私たちに物事の真実を教えてくれること。

今日は、そんな彼らの素晴らしい行動を紹介するエピソードを1つ、紹介しましょう。

フクシマ原発事故の発生からほぼ一週間後の3月19日に、福島県知事の要請で、「放射線の恐怖を取り除くこと」を目的にした福島県放射線健康リスク管理アドパイザーに就任したのが、山下俊一であった。
 
アドパイザー就任前日の3月18日に福島入りした山下俊一は、福島県立医科大学の職員向け講演会に臨み、驚くべきことに「安定ヨウ素剤の服用は必要ない」と断言したのである。

しかし山下俊一だけでなく、放射線医学総合研究所(放医研)もまた、これより前の3月14日に「指示が出るまで勝手にヨウ素剤を服用してはならない」とする文書を発表して、福島県民の甲状腺癌の防止策を妨害したのだ。彼らは福島県内に充分な量の安定ヨウ素剤がありながら、それを服用させなかったのだ
 
ところが驚くべきことに、福島県立医科大学は、福島県から4000錠のヨウ素剤を入手して、1号機が爆発した3月12日から秘かにこれを職員に配りはじめ、職員と家族と学生が、隠れてこれを飲んでいたのである。
 
広瀬隆著『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命

このエピソードから、私たちは1つの教訓を得ることができます。 

それは、原発事故が起こったら、直ぐにヨウ素剤を飲まなくてはいけないということ。

真実を知るのに、彼ら(医学ムラ)が私たちに言う〝言葉〟 を聞く必要はありません。
ただ、彼らの行動を見ているだけでいいのです。

そこには、彼らの〝本音〟 が映し出されるのですから。


関連記事

東電の元重役たちの行動は、私たちに重要な示唆を与えてくれる


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された









このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

現在の日本では、福島原発事故で放射能汚染された状況の中、添加物やトランス脂肪酸まみれのファーストフードやコンビニ飯の摂取、いわゆる、社会毒のダブルパンチにより私たちの身体は汚染され続けています。

このままいけば、40代以降に、発癌するリスクは極めて高い。

つまり、現代の日本において、チェーン店で外食することは、〝=死〟 を意味すると言っても過言ではありません。

とは言っても、たまには外食もしてみたい、というアナタのために、安全・安心な食材を使った、オススメの外食店を紹介していく新コーナー。

え!まだチェーン店で外食してるの?

第1回目の今回は、北参道にあるアイスクリーム店、
キッピーズココクリームです。

12f73280b973795dfb76aa29b0076343

  • 乳製品と砂糖を使わないアイスクリーム
この、キッピーズココクリーム、最大の特徴は、社会毒である牛乳と砂糖を使っていないことが最大の売りです。

一方「不自然な形の糖」とは、食べ物を精製して生まれた、ただの糖のカタマリになっているもの。私はこれを「直接糖」と呼んでいます。
砂糖や精製された白い米や白い小麦といった「白い炭水化物」は、いずれも直接糖。

これらの直接糖をとることは、はっきり言って体には有害でしかありません

先ほど説明した粥状動脈硬化に心筋梗塞、脳梗塞、感染症、肥満、糖尿病、アレルギー、ガンなどの病気も、やはり直接糖が原因です。

たとえば牛乳に含まれるカゼインという物質は、発ガン促進物質です。
前でも触れましたが、戦前の日本では稀な病気だったガンは、戦後に急激に増えました。GHQの政策で日本に牛乳がどんどん輸入され、日本人の間で急激に牛乳を飲む習慣が広まったことと無関係ではないでしょう。

内海聡著『1日3食をやめなさい! 』

このように体に悪いことだらけの砂糖と牛乳。
これらを一切使わずに作ったアイスとはどんな味なのでしょうか?
ワクワクしながら、最寄り駅の東京メトロ副都心線の「北参道駅」へ向かいます。
 
 


北参道駅の2番出口を出て
東郷神社方面へ左折
FullSizeRender-2


セブンイレブンを左手に見て、直進
FullSizeRender-3
 

ファミリーマートを左手に、さらに直進
FullSizeRender-4


交差点に出たら、そこを左折
FullSizeRender-5


道沿いに歩くと、すぐに到着
IMG_1491


早速、ココナッツハニーとバニラデーツの2カップ(500円)に、+クコの実(100円)+ベリーソース(100円)のトッピング2種で注文。 (=700円)

FullSizeRender-6

これはですね。すごいです!

どうすごいかと言うと…。

コンビニやスーパーで買う普通のアイスは、一度食べると、口の中が甘ったるい感じになって、その直後には、他の食べ物を口の中に入れる気がしません。

ところが、このアイス、口に入れた瞬間は甘さが口の中に広がるのですが、喉元を過ぎると、口の中に残っていた甘みが綺麗さっぱり消え失せます。
しかも、砂糖特有のベタベタした甘さもありません。
実にサッパリしているのです。
うん!これはオススメですよ。

極端なことを言うと、このアイスを食べた直後に、おにぎりを食べろと言われれば、問題なく食べれます。

しかも、全く胃もたれしません。

これが乳製品も砂糖も使っていない、ということなんですね。

東京近郊の方は是非食べてください!!

毒素0%のオーガニックアイス。
使用している材料は、以下の3つ。

  1. ココナッツクリーム:ココナッツオイルをたっぷり含んだココナッツクリームは、体についた脂肪を燃えやすくしてくれ、人間の脳をサポートし、体中から毒素を取り除く助けをしてくれます。
  2. 生はちみつ:加熱処理のされていない生はちみつは、体内の糖分を分解する効果のある酵素のかたまりで、ビタミンやミネラルもたっぷり含みます。
  3. デーツ整腸作用・二日酔い改善、ダイエット・抗酸化作用アンチエイジングなどあらゆる効果があるといわれているデーツ。ビーガンの方にもオススメ。

この恐るべし健康効果!

まだサーティワンのアイスで乳製品と砂糖摂ってるの?


関連記事

え!まだコンビニの遺伝子組換えアイス食べてるの?甘酒とココナッツミルクで簡単にアイス作れるのに


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された









jcoexhb3

1999年9月30日、茨城県の東海村JCOで2人の職員が大量の放射線を被曝した国内初の臨界事故。

そのうちの一人大内久さんにとって、その日はいつもと変わらない平凡な1日になるはずでした。

この日、大内は午前一〇時に事業所内の転換試験棟という建物で作業を始めた。核燃料サイクル開発機構の高速実験炉「常陽」で使うウラン燃料の加工作業だった。

大内は最初、上司の指示に従い、ステンレス製のバケツの中で溶かしたウラン溶液をヌッチェとよばれる濾過器で濾過していた。

バケツで七杯目。最後のウラン溶液を同僚が流し込み始めたとき、大内はバシュという音とともに青い光を見た。臨海に達したときに放たれる「チェレンコフの光」だった。その瞬間、放射線のなかでももっともエネルギーの大きい中性子線が大内たちの体を突き抜けた。
被曝したのだった。

NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録』 


入院した当初、大内さんは看護婦相手に冗談を言ったりするほどきわめて元気な状態でした。

横たわった大内が声を発した。
 

ところが、事故から6日後、医療チームの一人、平井久丸医師は、届けられた大内さんの骨髄細胞の顕微鏡写真を見て我が目を疑います。
 
写真には顕微鏡で拡大した骨髄細胞の染色体が写っているはずだった。しかし、写っていたのは、ばらばらに散らばった黒い物質だった。

通常は23組の染色体がある。1番から22番と女性のX、男性のYとそれぞれ番号が決まっており、順番に並べることができる。しかし、大内の染色体は、どれが何番の染色体なのか、まったくわからず、並べることもできなかった

染色体がばらばらに破壊されたということは、今後新しい細胞が作られないということを意味していた。被曝した瞬間、大内の体は設計図を失ってしまったのだった。
NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録

04

その後、放射線障害が大内さんの身体を蝕み始めます。

NHK「東海村臨界事故」取材班
朽ちていった命:被曝治療83日間の記録
に詳細に記されているの様子は凄惨を極めます。

以下、その詳細を時系列に辿っていくことにしましょう。


被曝3日目

横たわった大内が声を発した。
「よろしくお願いします」
 
細川は、「あれ?」と思った。ふつうに会話できる状態だとは思っていなかった。被曝という言葉から、外見的にもかなりダメージを受けているだろうし、意識レベルも低いのではないかと想像していたのだ。しかし外見だけでは、一体どこが悪いのだろうかとしか思えない。致死量といわれているほど高い線量の放射線を浴びたと聞いたのが、とても信じられなかった。
 
NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録』 

しかし、その見かけとは裏腹に、放射線を大量に浴びたことで、大内さんの体では、体の免疫をつかさどる白血球(リンパ球)に異常をきたし始めていました。

大内の体からは、転院初日にはこのリンパ球がまったくなくなった。さらに白血球全体も急激に減少していた。大内は体の抵抗力(免疫力)がほとんどなくなっていたのだ。

NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録

そして、この影響は目に見える形で徐々に現れてきます。


被曝11日目

大内の病状は目に見える部分でも悪化し始めていた。まず症状が出たのは皮膚だった。
胸に貼った医療用のテープをはがすと、テープを貼った部分の皮膚が、そのままくっついて、取れてしまうようになった。テープをはがした跡は、消えなかった。

右手には火傷の跡のように水ぶくれができていた。また、タオルで足を洗ったり、ふいたりしたとき、こすれたところの皮膚がめくれるようになった。
 
NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録』 


被曝27日目

被曝から二七日目の一〇月二六日、突然、大量の下痢が始まった。ただし、これまでの被曝事故のケースで報告されているような血の混じった便ではなく、緑色の水のような便が出ていた。

右手から右上腕、右胸から右脇腹の部分、そして太股へかけて、皮膚が水ぶくれになっては、はがれ落ちていった。障害は浴びた放射線の量が多いところから徐々に広がっていった。皮膚がはがれたところは点状に出血があり、体液が浸み出していた。

このころの大内は目ぶたが閉じない状態になっていた。ときどき、目から出血した。
爪もはがれ落ちた。
 
NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命:被曝治療83日間の記録


ここで一つの疑問が湧いてきます。
凄惨を極めた東海村JCO臨海事故と同等である、これだけ大量の放射線を浴びた血液を輸血して、
輸血された人体は、癌などの副作用がでないのでしょうか?

実は、それに対しても、既に答えは出ています。

ここで、再び、『血液の闇』に戻ることにしましょう。

そこには、驚愕の事実が記されているのです。


関連記事

大丈夫!放射能は怖くないと私が言い切れる3つの理由 


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

本当ですか?
驚きのアンケート結果が…
4049d703c7b6-fb32-4e14-b573-c24f336431d7_l

半数以上がデートOK! でもやってはいけない回転寿司NG行動7つ

dot.
2016/5/ 6 07:00

というか、
そもそも回転寿しなんて
行っちゃいけませんよ。
なぜなら…。

  1. 奇形魚が回転寿しに…
  2. またこれは野菜だけでなく、試験的に福島でとれた魚も同じであり、福島産と名がつけば売れないため加工食品などに姿を変えている。業者としては健康リスクなどの興味はなく安く仕入れればそれでいいということだろう。

    また福島を中心として奇形魚や巨大魚なども利用されている。これはやはり加工食品とか安い回転すしなどのネタとして姿を変えるようだ。

    内海聡著『放射能と原発の真実

    つまり、コスト削減のために放射能で汚染された魚が使われるという恐怖。



    そして、放射能汚染された奇形魚を食べたカップルの間に生まれるであろう子供は…


  3. 放射能は子供を奇形にする
  4. チェルノブイリで31000人以上の流産児の分析から明らかになったことは、公式記録上の先天性奇形の発生率が全汚染エリアで上昇し、Cs-137の汚染レベルが15Ci/㎢以上のゴメリおよびモジレブ州でとりわけ有意であった、ということである。

    内海聡著『放射能と原発の真実

    こうして、
    何も知らずに回転寿司で汚染された奇形魚を食べたカップル、
    とりわけ、女性の体内には
    内部被曝により放射性物資が濃縮していきます。
    それが妊娠、出産時に全て胎児に流れていき、
    その結果、子供が奇形児となって生まれてきます。

    奇形魚を食べた結果が、奇形児の誕生。
    これを皮肉と言わずして何と言うのでしょうか?

     

関連記事

驚愕!山形県では放射能汚染熊が食べられてるよ


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ