ポリネシアンセックスについて、誤った認識が蔓延しているようです。

medium_2458b43f6009b8ff31532474247640210348f6be

ポリネシアンセックスの方法、コツとは? - LCラブコスメ

このように、ポリネシアンセックスはゆっくり時間をかけて行うため、「ちょっと弱くなってきた男性もこれならできる」という期待もあります。

僕はこの記事を読んで物凄く違和感を感じました。

それは、実際に妻とポリネシアンセックスをしていく中で、その手法と求められる条件が、決してスローセックスと呼ばれる類のものではないことを痛感したからです。 

  • 強靭な勃起力が要求されるポリネシアンセックス 
実際に、ポリネシアンセックスを体験した者として、ひとつだけはっきりと言えることがあります。

それは、ポリネシアンセックスを成功させるための条件が強靭な勃起力であることが、僕の経験上ほぼ間違いないと断言できるからです。 

実は、僕と妻も、毎回ポリネシアンセックスが成功するわけではありません。
それでは、どういう場合にポリネシアンセックスに失敗してしまうのか?
そのケースについて具体的に説明していきます。

ここで、再度、ポリネシアンセックスのやり方について、簡単におさらいしてみましょう。

【1】5日に1回だけ挿入をし、残りの4日は性器以外の愛撫だけに留める。その間は挿入の日のために気分を盛り上げていくための期間とします。

【2】挿入する日も前戯に最低1時間かける。じっくりと愛撫をしましょう。

【3】男性器を膣に挿入した後、30分はピストン運動を行わず、抱きしめたり、愛撫をしたりする。

※ただし、男性が勃起しなくなったり、勃起力が失われそうな場合、動かしてもいいです。
※女性の潤いがなくなり痛みがある場合は愛撫をしっかりしましょう。
※ピストン運動のときは激しく腰を動かすのではなく、スローな動きを心がけましょう。

【4】オーガズムの後も、性器はつながったままにする。そうすることで、快感の波が何度も押し寄せてくることがあるようです。

【5】体位はバックや騎乗位よりも、スローに交接できる座位や側位で行う。

ポリネシアンセックスの方法、コツとは? - LCラブコスメ

ここでポイントとなるのは【3】の

「男性器を膣に挿入した後、30分はピストン運動を行わず、※ただし、男性が勃起しなくなったり、勃起力が失われそうな場合、動かしてもいいです。」

の部分です。

おそらく、男性の方であれば、これがいかに困難なことか、おかわかりいただけるのではないでしょうか。 

我が家でも、ポリネシアンセックスが失敗するのは、たいてい以下のパターンです。 

①勃起した状態のまま、ペニスを妻の膣に挿入する

②ピストン運動をしないので、ペニスが萎えてくる

③勃起させるために仕方なくピストン運動を行う

④ピストン運動によりペニスが刺激され、我慢しきれず射精してしまう 

つまり、ポリネシアンセックスを成功させるための最大のキーポイントは、ピストン運動を行わなくとも勃起し続けられるペニスの強靭さ、なのです。

次回以降の記事では、実際に僕が行っている、ポリネシアンセックスを成功させるために摂取している、オススメの食品をご紹介します。


関連記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

男性サプリメント「GHプレミアム」を体験された方の声はこちらをご覧ください 


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します