小林麻央さんがご自身のブログでガトーショコラを食べたことを書いています。

一番辛かったFECという抗がん剤を
投与していた時、
 
院内のお店で焼かれた
身体に優しいレシピのガトーショコラを
よく頂いていました。
 
今回、
体調不良になって、
知人が、そのガトーショコラを
送ってくれました
 
辛いとき食べて乗り越えたガトーショコラなので、

私には不思議でなりません。
なぜ小林麻央さんがガトーショコラを食べているのか、全く理解できないからです。


第二次世界対戦の終戦直前、1945年8月9日、長崎に原爆が投下されました。
その際に、爆心地からわずか1.4キロメートルの病院で被爆した医師、秋月辰一郎氏は、自身と病院の職員、患者に対して、ある食事を摂らせる(あるいは食べさせない)ことで、その一帯の住民が次々と原爆症で亡くなっていく中、奇跡的に原爆症を発症せずに、生き残ることができました。

その食事の内容とは…。

放射能を避けるために最も普遍的な食事は、すでに提示されている。その食事法を示した有名人が秋月辰一郎医師である。
 
彼は長崎の病院(浦上第一病院、戦後に聖フランシス病院と改名)で自身が原爆に被爆しながら「食事療法」により身を守る方法を実践して伝えた方だ。

彼の言葉を引用しよう。
 
「食塩、ナトリウムイオンは造血細胞に賦活力を与えるもの、砂糖は造血細胞毒素。玄米飯に塩をつけて握るんだ。からい濃いみそ汁を毎日食べるんだ。砂糖は絶対いかんぞ!砂糖は血液を破壊するぞ!

秋月医師が実践していたのは、「対放射性物質」限定の話ではない。体調をよく保つための基本的な方法でもある。これはガンなどの食事法としても応用できる

内海聡著『医者いらずの食』 

今回、小林麻央さんが受けている放射線治療は、放射線により生じた活性酸素によって癌細胞を殺すという治療法です。

つまり、利用目的は違えど、(正常細胞も含めて)強い放射線を浴びているという意味では、原爆に被爆した秋月辰一郎医師と同じ状況にあります。

小林麻央さんが、今もっともやってはいけないのは、上記の秋月医師が言っていたように、(ガトーショコラを含む)砂糖を使った、甘いお菓子を食べることなのです。

ガトーショコラ


かつて、麻央さんは、ご自身のブログの中で、こう書いていらっしゃいました。

色々なこと、
真剣に、調べました。
なので、それだけ、
色々なことも分かっている
つもりです。

だからこそ、

「先生、私は治したいんです。

もし本気で奇跡を起こしたかったら、もっと真剣に色々なことを調べた方が良いのではないでしょうか?。

少なくとも、私と同じくらいの知識はないと…。

私は癌患者でもなく、どこにでもいる平凡な主婦です。
得た知識の元である本も全て図書館で借りてきたものです。
それでも放射線を浴びた後で砂糖を摂取することに一定のリスクがあるという歴史上の事実を知っています。

本気で奇跡を起こそうとするならば、

・少しでもリスクだと思われることを避け、
・少しでも(プラスの)可能性のあることは全て行う

ことが、必須であると私は思っています。

そのために必要なのは、知識であり、その断片的な知識を集めた上で組み立てる、世の中や病気に対する、自分なりの「考え方」です。

そして、その「考え方」そのものが、行動を生み、巡り巡って、最後にはそれが自身の命を救ってくれるのではないでしょうか?


関連記事

ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?

もっちもちで美味しい!寝かせ玄米 


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します