本日ご紹介するのは、陳建一氏の味をご家庭でも再現できる、麻婆豆腐レシピです。

最初に断わっておきますが、本ブログは料理ブログではありません。

にもかかわらず料理のレシピを紹介する記事を定期的に投稿している理由は、皆さんに是非毎日の食事を出来るだけ手作りしてほしいという思いからです。

本ブログは、手作りではない食事(インスタント食品、レトルト食品、コンビニ食、冷凍食品、スーパーの惣菜など)を食べ続けることが、癌の原因になっているという考えに基づいて執筆しています。

そこで、今回の記事でも、是非、このレシピの通り麻婆豆腐を作っていただくことで、結果的にコンビニの麻婆丼やレトルトの麻婆豆腐を口にしないで済むことができれば、皆さんの発癌リスクを下げることにつながると考えています。

前置きはさておき、早速、陳建一氏もびっくりの本格四川麻婆豆腐のレシピをご紹介しましょう。

代表的なピリ辛四川料理 麻婆豆腐

材料(2人分)
木綿豆腐:1丁(300g)
片栗粉:小さじ2
水:大さじ1と1/2
豚ひき肉:100g
サラダ油:大さじ1


にんにくみじん切り:1/2片分
しょうがみじん切り:1/2片分
トウバンジャン(豆板醤):小さじ1/2〜1
テンメンジャン(甜麺醤):大さじ1/2



しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ1
水:150ml
鶏がらスープの素:小さじ1/4
黒粗びきこしょう:少々


ホワジャオフン(花椒粉):適量
ねぎみじん切り:8㎝分
ごま油:小さじ1
こしょう:少々

下ごしらえ 木綿豆腐:水気を切って1.5㎝〜2㎝角に切る。

.フライパンに熱湯を沸かし、豆腐を入れて2分ほどゆで、ざるに上げる。
Point:豆腐はユラユラするまでゆで、余分な水気を取り、煮くずれしにくくします。

.片栗粉に水を入れて混ぜ合わせ、水溶き片栗粉を作る。

.フライパンをふいて、サラダ油を熱し、ひき肉を入れて、色が変わり水気が飛ぶまで炒める。

.Aを入れてサッと炒める。
Point:水気が飛んだタイミングで入れます。

.Bを入れて煮立てる。

.豆腐を入れてフタをし、2分ほど煮る。

.水溶き片栗粉をもう一度混ぜて入れ、とろみをつける。
Point:へらで混ぜながら加えると、全体にダマにならず、とろみがつきます。

.火を止め、ホワジャオフンをふる。

.ねぎ、ごま油をふり、こしょうをふったら、器に盛る。

今泉久美著『おいしい料理の教科書 (定番メニューをきっちり決める!)』 

このレシピを再現する際のコツは、以下の2点です。

必ず豆腐をお湯で予め茹でておく

上記の1の工程でも説明しているとおり、熱湯で豆腐を茹でておくことが1つ目のポイントです。

この工程をきっちりと行うことで、豆腐が煮くずれることなく仕上げることができ、かつ、茹でることで豆腐からお湯の中に水分が出るため、後の工程で麻婆豆腐のたれが豆腐の水気で薄まることがありません。

テンメンジャン(甜麺醤)とホワジャオフン(花椒粉)を使う

麻婆豆腐というとトウバンジャン(豆板醤)のイメージをお持ちの方が多いと思いますが、それだけでは陳建一氏の味は出せません。

必ずテンメンジャン(甜麺醤)とホワジャオフン(花椒粉)を併せて使用してください。
この3つの調味料が相まって、初めて四川風麻婆豆腐の味が完成するのです。

DSC_0086

もし仮に、麻婆豆腐を手作りせずにコンビニ弁当やレトルト食品で作ったものを食べ続けると、私たちの身体はどうなってしまうのでしょうか?

その答えは、内海聡医師の著作でベストセラーとなった
医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法
の中に記されています。

今や私たちの環境は、汚染だらけです。

数多くの食品添加物に代表される化学物質や、有害金属、それに電磁波、放射能、農薬、遺伝子組み換え食品、砂糖類。これを〝社会毒〟という私の造語でくくれば、私たちは常に社会毒に汚染されているのです。

その結果、体内環境汚染にまみれている私たちの汚れが、がん細胞に溜まっていくのです。いい方を換えると、「がんが体内にある毒をかき集めてくれている」のです。

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法

え!まだコンビニの麻婆丼で添加物摂ってるの?
 

関連記事

え!まだコンビニの親子丼で添加物摂ってるの?オーガニックな食材を使った卵ふわとろの絶品親子丼を手作りしてみませんか?

プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】 


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します