自宅でぬか漬けを漬ける時に困るのが、ぬか床が水っぽくなってしまうことです。

そんな時は、補充用ぬか床で「たしぬか」をしましょう。

我が家ではナチュラルハウスで購入したわたしのぬか床の補充・メンテナンス用ぬか床「金沢大地 有機米ぬか 足しぬか」を使っています。(有機米の米ぬかを使用しているのでオススメです)


金沢大地 有機米ぬか 足しぬか」のラベルに記載されている「たしぬか」の手順は以下のとおり

① たしぬかと塩を10:1の割合で混ぜ合わせます。

② ①をぬか床に加え、かき混ぜます。固さが「耳たぶ」程度になるように仕上げます。たしぬかの量はぬか床の状態により異なりますので、固くなりすぎた場合は手を水で濡らしながらかき混ぜて調節してください。最後に表面を平らにならします。

③ 容器の蓋をせず、布や紙をふんわりと被せて温かい部屋(24℃程度がベスト)に3日間置きます。

④ 4日目にぬか床の底にまで空気が入るように、しっかりとかき混ぜから、使用してください。「産膜酵母」という酵母の一種により表面が白く覆われることがありますが、混ぜて使用していただいて問題ありません。

DSC_0086

実際に、私もこの「たしぬか」を使ってぬか床のメンテナンスを実施してみたのですが、ポイントを押さえておけば、何も上記のとおり厳密にやる必要はありません。

上記①〜④の中で、最も重要なのは①です。

必ずメンテナンス用の「たしぬか」と塩の割合を10:1にします。

次に重要なのは②と④です。つまり、①で「たしぬか」と塩を10:1の割合で追加したら、あとは1日1回の割合でかき混ぜ続ければ良いのです。(③は面倒であれば省略しても構いません)

自家製ぬか床を育てることで、添加物の入らない本物のぬか漬けを毎日の食卓に取り入れましょう。

添加物を避け、発酵食品を摂取することが、結果的に、発癌リスクを下げることにつながるのです。


関連記事

実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由

もっちもちで美味しい!寝かせ玄米 


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します