本ブログの主要テーマの一つは「癌予防」。

癌を予防するために必要なことの一つが、食品添加物をできるだけ避けることが大切だと私は考えています。

そのために必要なのは、できるだけ料理を手作りすること。

そのためのヒントにしていただきたく思い、この記事を執筆しています。

  • 食品添加物が、癌の原因の1つになっている 

もちろん、今晩のおかずに食べたコンビニの親子丼が、すぐに癌の原因となるわけではありません。
しかし、食品添加物のような化学物質は、体の中で蓄積し、その積み重ねがやがて発癌のきっかけとなるのです。
 
食べ物の毒は、毒といっても食べた瞬間に異変が起こるわけではありません。
 
少しずつ体内に溜まり、許容量を超えたときに、まるで爆発するかのように病気となって表に現れるのです。 

内海聡著『「強い体」をつくる食べ方』 

  • 手作り親子丼のオススメレシピを紹介

それでは、ここからは、皆さんがコンビニの親子丼を食べることで将来の発癌リスクを上げないために、手作りのレシピを紹介します。

今回は、以前に投稿したミートソースのレシピ記事の際に紹介した今泉久美さんの著書『おいしい料理の教科書 (定番メニューをきっちり決める!)』に掲載されているレシピを一部アレンジしたもの。(レシピ中に記載の「発癌リスクを下げるポイント」は私のオリジナルです)


卵がとろとろの絶品親子丼

材料(2人分)

鶏もも肉:大1/2枚(150g)

A
酒:小さじ1
しょうゆ:小さじ1
砂糖:小さじ1/2

卵:3個
玉ねぎ:1/2個(100g)

B
だし:90ml
しょうゆ:大さじ2
みりん:大さじ1
砂糖:大さじ1
酒:大さじ1

糸三つ葉:約20g
あたたかいご飯:400g

下ごしらえ
糸三つ葉:2㎝長さに切る。
玉ねぎ:縦半分に切って、横に5㎜厚さに切る。


1.鶏もも肉は、余分な筋や脂肪を取って、縦3等分、横1㎝厚さに切る。

【発癌リスクを下げるためのポイント①】:ブラジル鶏は絶対に使わない。

ブラジル産の肉は、実は大量の抗生物質と成長ホルモン剤を投与することで大量生産・早期出荷を可能にした代物なのです

「毒肉」といっていいほどの肉を生産しているアメリカでさえも、ブラジル産の鶏肉は2000年はじめに輸入を停止しています。

それで困り果てたブラジルが目をつけたのが日本だったのです。

内海聡著『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事

2.鶏もも肉にAを加えて、よくからめる。

【発癌リスクを下げるためのポイント②】:お酒は無添加の日本酒を使う。

癌予防の観点からも、微生物が生きている本物の日本酒を使いましょう。
オススメは、寺田本家の「香取 純米90」または「五人娘」です。

秋田大学の滝沢行雄名誉教授の出した論文によれば、ガン細胞に昔ながらの日本酒を入れると、ガン細胞が死んでしまうのだそうです。

ここでいう昔ながらの日本酒とは生酛造りの純米酒のことで、他の蒸留酒にはこの現象は現れなかったんだそうです。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵』 

3.ボウルに卵を割り入れ、さい箸で軽く溶く。
Point卵は溶きすぎるとコシがなくなり、おいしく仕上がりません。

4.20〜22㎝のフライパンにBと玉ねぎを入れて、中火にかける。

5.煮立ったら鶏肉を平均にちらして入れる。

6.フタをして弱火で2分煮た後、鶏肉の上下を返してフタをして1分煮る。

7.中火にして、糸三つ葉をふり入れる。

8.3の卵を1/2量ほど中央から外側に向けてかけ、約30秒煮たら、残りの卵をまんべんなくかける。

Point
一度に卵液を流し込むと、かたまって出来上がりが、とろとろになりません。

9.火を止め、フタをして10〜20秒おく。大きめのスプーンを使って器に盛ったご飯に汁ごとのせる。

Point
火が通った後でフタをし、蒸らすことで、卵がとろとろになります。


実際に作ってみると、ガスコンロの火の強弱によって、必ずしも上記のレシピの時間通りに完成するとは限らないことがわかります。(我が家では、もう少し長めに火を通す必要がありました)

しかし、完成した親子丼は驚くほど卵がとろとろで、コンビニの親子丼とは比べものにならないほど、いや、その辺の蕎麦屋で食べる親子丼も軽く凌駕するほどの美味しさです。

このレシピ通りに作ればプロの味になること間違い無し。
ぜひお試しを。

DSC_0086


関連記事

え!まだコンビニの麻婆丼で添加物摂ってるの?甜麺醤と花椒粉を使って四川風麻婆豆腐を手作りしてみませんか? 



人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します