私は、お酒があまり飲めません。

ビールは真夏の本当に喉がカラカラの時にスーパードライを飲む程度。

ワインや日本酒は、飲むと頭が痛くなるので、全く受け付けませんでした。

そんな私が今、毎日の食卓に欠かせない日本酒があります。

それが、寺田本家の『香取 純米90』です。

FullSizeRender香取90

この寺本本家の『香取 純米90』、お酒が飲めない私でさえ、いくら飲んでも、全く二日酔いになりません。

その秘密は、意外なところにありました。

  • 二日酔いの原因はアルコールではなく、添加物だった
お酒を飲んで二日酔いになるのは、元々アルコール自体がそういうものなんだという先入観を私自身、ずっと持ってきました。

でもそれは間違いでした。二日酔いの本当の原因は、アルコールそのものではなくて、お酒の中に含まれる添加物だったのです。

しかも私は原価をできる限り安く抑え、効率よく大量の酒を造るために、農薬・化学肥料を使って栽培した安い米を使って「三増酒」(「三倍増醸酒」の略)を造るよう、蔵人たちに指示を出していたのです。
 
ちなみに三増酒とは、醸造用アルコールのほかに、ブドウ糖や水あめ、味を和らげる食品添加物、うま味調味料などを人工的に加えたものです。

なにより三増酒は、飲み過ぎると翌日には気持ちが悪くなります。これは、三増酒に含まれる添加物による悪酔いです。
 
戦後、ウチの蔵を含め、多くの酒蔵がこの三増酒に手を染めました。その結果、世間に「日本酒は二日酔いしやすい」という誤解が広まってしまったのです。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵』 

それでは、なぜ先ほど紹介した『香取 純米90』は、飲んでも二日酔いしないのでしょうか?
勘の良い読者の方ならばもうお気づきかもしれません。
そう、それは、『香取 純米90』が、オーガニックな日本酒だからなのです。

この『香取 純米90』は、二つの意味で、オーガニックな日本酒です。

一つ目は、原材料にとことんこだわっている点です。

農薬・化学肥料で育てた米の使用をやめ、価格は三倍しますが無農薬の米と麹、そして寺田本家が代々いただいてきた神崎神社の清水のみを原料に、昔ながらの自然造りの酒を造り始
めました。

そして、様々な試行錯誤を繰り返し、ようやく無添加の自然酒が完成しました。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵

そして、もう一つは、この『香取 純米90』が、その製造過程でも添加物を加えていない点です。

戦時中の米不足をキッカケに始まったアルコール添加酒や、乳酸、コハク酸、粉アメなどの添加物で増量された、即席の酒を大半の酒蔵が造るようになりました。
 
私たちの蔵でも一時期、そのようなお酒を造っていたことはありましたが、現在は一切やめて、酒蔵としての原点である、本来の酒造りに全員で取り組んでいます

このように、オーガニックな原料(農薬・化学肥料不使用の米)を使い、製造過程でも一切の添加物の使用をやめた『香取 純米90』。

当然のことながら、その中には一切、化学物質が含まれていません。

そんな『香取 純米90

いくら飲んでも二日酔いにならないのは、ある意味当然の結果なのです。

そんな二日酔いしない日本酒を、貴女も飲んでみませんか?


関連記事

日本酒を飲むと二日酔いになるのは添加物が原因だった。無濾過・無添加の自然酒『寺田本家・香取90』はいくら飲んでも二日酔いになりません 

悪酔いしない。美肌効果・癌予防も!私が無濾過・無添加の「寺田本家」の自然酒をオススメする3つの理由


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します