現代の日本で二人に一人が発症するといわれる「癌」。
もしもあなた自身やあなたの大切な家族が「癌」だと言われたらどうしますか?
おそらく次のような状態に陥るのではないでしょうか?

「ひょっとしたらがんかもしれない」という疑念を持った人が、がんだとわかった瞬間には、頭が真っ白くなるほどのショックを受けるでしょう。

あるいは会社の定期検診の結果、青天の霹靂というべきがんの宣告をされた人も、衝撃を避けることができません。   

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 

そして、大半の人が専門医のもとで癌治療を行おうと医者を探し始めるでしょう。

無事に決まった主治医は、あなたに向かって次のように言うに違いありません。

「最善の治療を尽くします。一緒に頑張りましょう!」と。

Doctor_with_Patient_RGB

さて、この時、あなたはこの主治医の言葉の意味を正確に理解しているでしょうか?

  • 西洋医学(標準治療)はそもそも、癌が完治するという前提に立っていない
実は、先ほどの主治医の言葉『最善を尽くしましょう』の真の意味はこうです。

=『完治させることはできませんが、できるだけ延命できるよう頑張りましょう!』

なぜ、そのような発想になるのか?
その理由は、西洋医学の癌に対するアプローチにあります。
鍵となる考えは、『不可逆性』です。

この65年間で(戦後になってという意味)、抗がん剤治療で治った人はいるだろうか?実は、完治者は全くいないと言っても過言ではない。
それゆえ、医者は「寛解」という言葉は使っても「完治」とか「治る」という言葉は使わないのだ。
 
そもそも医学部で教えるのは、がんは「不可逆性」ということだ。そのため「治る」などということはあり得ないと根本的に考えているよくよく延命させてやればよいという考えがベースにある。

及川胤昭・鶴見隆史著『がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡』 
 
つまり、私たち患者は、はなから『治せない』と考えている主治医と二人三脚で癌治療という競技場を走り続けることを余儀なくされているのです。

それでは、〝癌の不可逆性〟という西洋医学の常識を前にして、癌を根治させたいという、私たち患者のささやかな希望は、何の科学(or 医学)的な根拠の無い、単なるワガママや幻想の域を出ない代物なのでしょうか?

636143896402149368

実は、ごく少数ではありますが、西洋医学の常識に逆らって、不可逆性という特質を持つはずの癌が、縮小し、消失したケースが存在します。

もちろん、西洋医学の医者に言わせれば〝ありえないこと〟ですし、単なる〝まぐれ〟と片付けられるのがオチでしょう。

しかし、まぐれでもなんでも、実際に起こっていることは事実なのです。

そして、そこにこそ私たち患者にとって一筋の光(望み)が存在します。

万が一、それを真似することで自らも癌を完治させることができればラッキーでしょう。

なぜなら、どちらにせよ、西洋医学(抗がん剤などの標準治療)は、どう頑張っても、延命することしかできないのですから…。

もうあなたには、これ以上、失うものは何もないのです。

さあ!
それでは、西洋医学で言うところの〝奇跡〟を成し遂げたレアな(数少ない)方々を紹介することにしましょう。

もしかしたら、癌患者のあなたにとっても、何かしら参考にできるヒントがそこには存在するかもしれません。

ただし、これらのレアな方々のやったことを決して真似してはいけませんよ(笑)。

何故なら、彼ら、彼女たちの経験は、西洋医学の常識から言ったら、完全に〝異端〟で〝常識外れ〟なのですから…。

  • 奇跡的に癌から生還した人々

ケース1:高遠智子さん(オーガニック薬膳料理研究家)

モンマルトルの市場で出会ったトマトが、私を余命3か月のガンから救ってくれた 


ケース2:竹原慎二さん(元プロボクサー)

元プロボクサー竹原慎二氏を余命1年の癌から救ったのは、奥様の懸命な情報収集だった
takehara_shinji


ケース3:山田邦子さん(タレント)


癌になって一変した私の食生活。暴飲暴食から粗食へ…。
o06150407651812_615


関連記事

「ガン消滅」済陽式食事療法で末期がん患者が完治したという驚きの事実!

癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します