Yahoo!ニュースに興味深い記事が掲載されていましたので、早速取り上げてみることにしましょう。

20170707-00010002-bfj-000-1-view

がん患者を惑わす「甘い言葉」とは? インチキ医療で命を落とす前にできること

Yahoo!ニュースBuzzFeed Japan
7/7(金) 15:09配信

 「がん」による著名人の訃報が続く中、科学的根拠のない悪質な「インチキ医療」の危険性が取りざたされている。大きな病に直面しても、納得のいく選択をするために、私たちにできることとは--。自身もがんサバイバーで報道記者の鈴木美穂さんと、腫瘍内科医の勝俣範之さん、医療政策学者の津川友介さんらの鼎談から考える。

それでは、上記記事の登場人物それぞれの発言の中から、注目すべき部分を抜粋して紹介していきます。
まず最初に、ニュースキャスターの鈴木美穂さんの発言から見てみましょう。

鈴木:私は9年前、2008年に乳がんになりました。こう言うと「がんになって9年経ってそんなに元気で、何か特別な治療をしたんですか?」と聞かれることがあります。でも、私は特別なことはしていません。ガイドラインに沿ったもの、「標準治療」と呼ばれるものを受けただけで。 

鈴木美穂(すずき みほ)さん。
ニュースキャスター。NPO法人マギーズ東京 共同代表理事。
20170707-00010002-bfj-001-1-view

鈴木さんが受けた標準治療は、その発言内容から、おそらく手術と抗がん剤だと思われます。
9年経って再発がないところを見ると、癌は完治していると見て、ほぼ間違いないでしょう。


続いて、医療政策学者の津川友介氏の発言です。

津川:実害がなければ目くじらを立てることはないのかもしれませんが、抗がん剤のような情報は、人を不幸にすることが本当にあるので。エビデンス(科学的な証拠)のない医療を受けて、命を落とす方、病気を悪くする方が実際にいる以上、社会としてどう守っていくかを、考えなければならないでしょう。

津川友介(つがわ ゆうすけ)氏。
聖路加国際病院で内科医をした後、ハーバード大学で博士号を取得。
20170707-00010002-bfj-003-1-view

まさに津川氏の言う通り、自分の大切な命を預ける癌治療です。
決して思い込みや医者(それが標準治療だろうとインチキ医療であろうと)の言いなりになってはいけません。

それでは、津川氏のアドバイスに従って、科学的なエビデンスに基づいた癌の治癒率について調べてみることにしましょう。

このグラフ(図2−3①)は世界的に著名な『Nature』の姉妹誌に載ったもので、市販の薬がどれくらい効いているかを数値であらわしています。さまざまな薬の中で、抗がん剤の有効性は最低の五%。つまり九五%は効いていません。もっとも何を基準に効くか効かないかを決めるのが問題ですが、これは『治癒』をカウントした数値のようです。『セル(以下、Cell)』のレビュー誌は『延命』でカウントしていますが、それでも二五%(図2−3②)です。つまり、抗がん剤はがんの九五%を治せないという恐ろしい『薬』なのです。

奥野修司著『がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生』 

科学雑誌としておそらく知らない人はいないだろうと思われる『Nature』。
その『Nature』の姉妹紙に掲載された衝撃の事実。
このデータが真実なら、100人の癌患者がいたら、抗がん剤で治癒するのはわずか5人、残り95人は治癒することなく亡くなってしまうことになります。
それだけ確率の低い治療をしているのが現代日本の医療の実情だということなのです。


最後に、日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科に勤務する勝俣範之教授の発言です。

勝俣標準治療についての理解も必要です。国立がん研究センターのサイトから、ガイドラインやがんの情報を学ぶことができます。 

勝俣範之(かつまた のりゆき)さん。
日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科教授。
20170707-00010002-bfj-002-1-view

こちらも、勝俣教授のアドバイスに従い、 国立がん研究センターのがん情報サービスというサイトからで、抗がん剤で治癒可能な癌についての情報を確認しましょう。

8.化学療法で治癒可能ながん

抗がん剤で完治する可能性のある疾患は、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)腫瘍、絨毛(じゅうもう)がん等です

また、
病気の進行を遅らせることができるがんとしては、乳がん、卵巣がん、骨髄腫(こつずいしゅ)、小細胞肺がん、慢性骨髄性白血病、低悪性度リンパ腫等があります

投与したうちの何%かで効果があり症状が和らぐというのが、前立腺がん、甲状腺がん、骨肉腫、頭頸部がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がん、胆道がん等です。

効果がほとんど期待できず、がんが小さくなりもしないというがんに、脳腫瘍、黒色腫、腎がん、膵がん、肝がん等があります。

がん情報サービス - 国立がん研究センター

このがん研究センターのサイトによると、抗がん剤で完治させることができる癌は、急性の白血病と悪性リンパ腫等のみというこちらも衝撃的な結果が掲載されています。

それ以外のメジャーな癌、例えば前述の鈴木美穂さんが罹患した乳がんをはじめ、卵巣がん、前立腺がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がんなど、ほとんどの癌に対して、抗がん剤は延命効果しかない(完治させることができない)という残酷な事実が、はっきりと記されています。

また、脳腫瘍、腎臓がん、膵臓がん、肝臓がんに至っては、抗がん剤は、延命させることすらできない(全く効き目がない)という、まさに抗がん剤の敗北宣言とも取れる記述となっているのです。

これは先ほど紹介した『Nature』の姉妹紙に書かれていることとほぼ同じことを別の表現で言っているにすぎません。

つまり、抗がん剤は、癌を完治させるという点においては、ほとんど効き目がないということが科学的に判明してしまっているのです。

前述の3人の有識者の言う通り、インチキ医療で命を落とす前にできることとは、標準医療の一つである抗がん剤の効果について、 国立がん研究センターのサイトにて確認することに他なりません。

だとしたら、皮肉なことに、そうすることによって私たちは標準治療(特に抗がん剤)の限界について嫌が応にも知らされることになるのです。

これらの〝科学的〟なデータによれば、前述の乳がんを抗がん剤で完治させた鈴木美穂さんは、幸運な5%にたまたま入れただけの存在に過ぎないことがわかります。

それは正に、年末ジャンボ宝くじや万馬券が当たった人の例を出して、『だから絶対に宝くじや競馬をやった方がいいよ!』と強引に勧誘するタチの悪い輩とほとんど違いはありません。

それでもまだ、前述の3人も含めた〝イガクムラ〟の人たちは、冒頭の写真のような笑顔で私たちに標準治療を勧めてくるのでしょうか?


関連記事

ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します