皆さんがスーパーなどで梅干しを手に取った時、真っ先に見ていただきたい部分があります。

それは、原材料名、そこに「梅干し」と書いてあれば本物の梅干し、「調味梅干し」と書いてあればニセモノです。

こうして日本にいれば当たり前のように目にする梅干しですが、実は、スーパーなどで売られているものの多くは「梅干しもどき」であって、本物の梅干しではありません。
JAS(日本農林規格)法では、伝統的製法によって製造された昔ながらの梅干しのみを「梅干しといい、はちみつ梅などのような加工品は「調味梅干し」と呼んでいます。

それでは、この本物の〝梅干〟とニセモノの〝調味梅干〟は一体何が違うのでしょうか? 

それは、食品添加物の有無に他なりません。 

スーパーなどで売られている梅干し(もどき)のほとんどは、この調味梅干しです。
 
また、この調味梅の原料は、多くは「塩漬けされた輸入品の梅」です。
輸入された梅は、水に漬けて「塩出し」をしますが、その際に、梅パワーのもとであるクエン酸などの薬効成分も溶け出してしまいます
 
このような、中身はスカスカの「梅もどき」には、酸味料、甘味料、アミノ酸が加えられ、また減塩で保存性も失われているので、保存料も加えられます。 

秋山龍三・草野かおる著『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」』 

このように調味梅干しは、添加物のカタマリと言っても過言ではありません。

せっかく梅干しを食べるのなら、無添加の「梅干し」を選ぶようにしましょう。


関連記事

本物の食品は、塩辛くて、濃いのです



人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します