今回の記事ではご家庭で美味しい回鍋肉を作るためのコツをお伝えします。

その目的は手作りすることで食品添加物の摂取を回避することにあります。

コンビニ等の回鍋肉弁当や「Cook Do®」のレトルトを使わない手作りで、最高の味に仕上げてみましょう! 

DSC_0086

 
最高の回鍋肉の作り方

材料(2人分) 

豚バラ肉:150g
キャベツ:1/4個
長ネギ:1/2個
ピーマン:2個 
ごま油:大さじ1 

A:調味料
醤油:大さじ1
甜麺醤(テンメンジャン):大さじ1
酒:大さじ1 
砂糖:小さじ2
豆板醤:小さじ2 
水:大さじ2 
片栗粉:小さじ1


作り方

1.調味料(A)をあらかじめ混ぜ合わせておく。

2.キャベツ、ピーマンはざく切り、ネギは斜め薄切りにする。豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。

3.フライパンを熱し、油を入れ豚肉を強火で表面に軽く焦げ目がつくまで炒めたら、一旦取り出す。

4.キャベツをフライパンに入れて、軽く炒めたら、(食感が硬い状態で)一旦取り出す。

5.ピーマンをフライパンで軽く炒め、(食感が硬い状態で)一旦取り出す。

6.長ネギをフライパンで軽く炒め、(食感が硬い状態で)一旦取り出す。

7.最後にプライパンで上記の材料の全てを混ぜ合わせ、調味料(A)を流し入れて、軽く炒める。





それでは、ここからは、最高の回鍋肉を作るためのポイントをお伝えします。


ポイントその①:材料を別々に炒める

これは、美味しい炒め物を作るための鉄則です。

違う素材を一緒にまとめて炒めてしまうと、それぞれの素材ごとの本来持っている硬さの違いから、必ず水っぽくなってしまう素材が出てきてしまいます。

それを防ぐために、敢えて別々に炒めてください!

こうすることで、それぞれの素材をベストの状態でフライパンから引き上げることができます。


ポイントその②:野菜を最初に炒める時は、少し硬い状態で引き上げる

このレシピでは、別々に炒めた素材を最後に混ぜ合わせて、調味料を入れて味付けし、その際に、軽く炒めます。

そのため、野菜を最初に炒めた時にベストな状態(=硬さ)にしてしまうと、最後に炒めた時に素材が炒め過ぎな状態になり、水っぽくなってしまいます。

これを防止するために、野菜については、最初に炒める時は少し硬めなくらいがちょうどいいです。


ポイントその③:日本酒と醤油は無添加のものを使う

最後に、癌予防の観点から回鍋肉作りにおける留意点を一つ紹介します。

癌を予防する第一歩としては、調味料を無添加のものに変えることが重要です。
なぜなら、食品添加物などの化学物質は、身体中の腸内細菌を殺すからです。

腸内細菌が殺されると、私たちの身体に必要な栄養素が摂れなくなるばかりか、免疫機能も低下し、結果、発癌リスクが高まります。

我が家で実際に使っているのは、日本酒は寺田本家の無濾過・無添加の自然酒「香取 純米90」、醤油は天然醸造の一番しぼり醤油「石孫本店 百寿」や「フンドーキン 吉野杉樽天然醸造醤油」です。

FullSizeRender香取90
寺田本家「香取 純米90

最後に断っておきますが、本ブログは決して料理ブログではありません。
それでも執拗に美味しい料理を作るための秘訣を投稿し続けるのには理由があります。

それは、添加物にまみれた現代の日本では、手作りの料理を食べることが、イコール発癌リスクを下げることにつながると考えているからです。

加工食品にはたいてい含まれているので、現代では食品添加物が全く入っていない食品を探すのは至難の技です。

コンビニ弁当、ジャンクフード、駅弁、市販のソーセージなどは論外といえます。

添加物を少なくするもっとも簡単な方法は、手作りで作るということ
なのです

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 
 

関連記事


牛肉とズッキーニの炒め物 中華料理店みたいに作るコツは


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します