今日はセックスの真面目なお話。

あなたは、セックスをする人ほど癌になりにくいことを知っていますか?

no-translate-detected_1098-277

その理由を、腸内細菌の観点から、科学的に解説していきましょう。

  • セックスの時に、あなたがパートナーとすること 
ここで、あなたが、パートナーとセックスをする時にすることを、振り返ってみてください。
間違いなく次のようなことを、行っているはずです。

◎キス
◎クリニングス(男性が女性に対して)
◎フェラチオ(女性が男性に)
◎乳首を舐める(男性が女性に)

さて、これらの行為を通じて、私たちの身体にどのような変化が起こっているのでしょうか?

medium_2458b43f6009b8ff31532474247640210348f6be

実は、私たちの身体の表面には、たくさんの常在菌(微生物)が存在します。

あなたがパートナーとキスをした時に、相手の唾液の中に含まれる細菌(微生物)が、あなたの口の中に入って来たパートナーの唾液を通じて、あなたの身体に入って来ます。

あなたやあなたのパートナーが、フェラチオやクリニングスなどをした時に、相手の性器や乳首の表面に存在する常在菌(微生物)を口から取り込みます。

それは、元々あなたの腸内には居着いていなかった細菌(微生物)かもしれません。

それでは、このように取り入れた結果あなたの腸内に居着いた腸内細菌(微生物)が、あなたの身体にどういう効果をもたらしてくれるのでしょうか?

実は、腸内細菌は、私たちの身体にとって有効な、二つの機能を持っているのです。

  1. 腸内細菌は、私たちの身体に必要な栄養素を作り出している

  2. 腸内細菌は、私たちの身体を癌などの病気から守るための免疫を司っている

世の中にいるお医者さんのほとんどは、腸内細菌のことを知りません。知っていたとしても、「乳酸菌が善玉菌」の類いの腸内細菌の話です。

口からお尻の穴までの内側から外側すべて常在菌が体にバリアを張り、病原菌から防いでいて、腸内ではガンに対抗する免疫とアレルギーに対抗する免疫刺激物質を作っていることも、腸内細菌がビタミンやアミノ酸を作っていることも知らないので、腸内細菌が原因で起こる病気は治せません。

佐々木淳著『腸内細菌のベストバランスが病気にならない体をつくる

セックスは単なる快楽や生殖のためではないことを知った上で、その素晴らしさを思う存分享受することが、今の私たちに求められているのではないでしょうか。


関連記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

もっと気持ち良くなりたい女性へ『ラブコスメ リュイール ホット』【LCラブコスメ】


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します