本日のブログ記事では、時間もお金もかからない、節約&激うまハンバーグのレシピを紹介したいと思います。

通常、ハンバーグを作ろうと思うと、一般的には、次のようなレシピになると思います。


洋食屋さんのハンバーグ | 茂出木雅章さんのレシピ【オレンジページnet】


上記のレシピでもそうですが、ハンバーグを手作りすることのハードルは、以下のような工程を踏まなければならないことにあります。

  1. 玉ねぎをみじん切りにすること(→目が痛くなる)
  2. 玉ねぎをしんなりするまで炒めること(→時間がかかる)
  3. パン粉や卵を混ぜること(→材料を揃えるのが面倒)
  4. ハンバーグを手で練り上げる、手にサラダ油をつけること(→手が汚れる)
  5. フライパンで焼くこと(→油がはねる)
結局、これらの工程を踏むのが面倒になって、コンビニのハンバーグ弁当を購入するという結果になってしまうのです。
現代人は忙しいので、仕方ありませんね。

そこで、これらの面倒な工程を経ずに作れるハンバーグはないのか、レシピ本を探し回りました。

その結果、見つけたのです。

究極の時間もお金もかけずに出来る、節約&激うまハンバーグのレシピを!

その答えは、土屋敦さんの著書『男のハンバーグ道』の中にありました。

時間もお金もかからない節約&激うまハンバーグ 

【材料(2人分)】

牛豚合い挽き肉 200グラム
牛乳 300ミリリットル程度
玉ねぎ 中4分の1個
塩 小さじ2分の1弱
サラダ油 大さじ1
黒胡椒 適量

【作り方】

① 牛豚合い挽き肉をボウルに入れて牛乳をそそぎ、箸でよくかき混ぜ、すぐざるにあげる。軽く汁気を切ったら、別のボウルに移す。

② ①に塩を加え、すりこぎで1分半ほど、肉に吸い付くようになるまでこねる。

③ 玉ねぎをすりおろして、すべて②に加え、木べらで混ぜる。肉だねはこれで完成なので、2等分して、厚さ3センチの小判形に成形する。

④ フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、180度になったら③を入れる。焼き色がついたら裏返してフタをする。

⑤ 3分ほどしてフタをあけ、ブヨドロのアクがハンバーグに付着していたら、キッチンペーパーで拭き取り、ふたたびフタをする。もし薄けむりがあがったり、バチバチとはげしく爆ぜる音がするなら、火を少し弱める(180度をキープするイメージ)。

⑥ さらに3分ほど焼き、裏面にも焼き色がついたら完成。2〜3分休ませて供する。食べる直前に黒胡椒をふる。

土屋敦著『男のハンバーグ道


eiozcooqfaqrhcctbtoa

今まで自宅でのハンバーグ作りを敬遠していた面倒くさがりやのあなたにもオススメのレシピになっています。

ぜひ一度、お試しください。


関連記事

癌予防に最適!夏野菜を使ったラタトゥイユをプロ並みの味に仕上げるたった一つの方法
 
プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】 


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します