登場人物 

のび太:高学歴で大企業に勤めるダメリーマン

:のび太の妻。「死ね!!!と罵倒された日本」の「保育所建設反対運動が起きるオワコン都市東京」で働くパート保育士


妻とのセックスで起きた「中折れ」対策のため、勃起力を向上させるための食品探しに奔走するダメリーマン・のび太です。

とは言っても、素人の僕には、何を食べれば勃起力が向上するのかの基礎知識がありません。

そこで、専門書の力を借りることにしました。

それが、泌尿器科の名医である永井敦先生の著書『男性機能の「真実」』です。

・亜鉛……ご存知の方も多いでしょうが、下半身も元気にする金属です。

亜鉛を多く含む食べ物に牡蠣があります
昔から牡蠣エキスが男性用強壮剤として宣伝されているのも納得です。

永井敦著『男性機能の「真実」』 

のび太「これだ!」

「ねえ、のび太さん。さっきから何熱心に読んでるの?」

のび太「静ちゃん。決めたよ。これから僕、毎日、牡蠣を食べて食べて食べまくる!」

こうして妻とのセックス(土曜日)の1週間前から、僕の牡蠣三昧生活が始まったのです。


【1日目(月曜日)】

◎近所のスーパーで買ってきた生牡蠣用の牡蠣をレモンを絞って食べる。

oyster-wine-pairings-FT-BLOG0416

のび太「いや〜、うまい!白ワインに合うねぇ!最高!」

「ちょっと、のび太さん。一人占めしないでよ。」


【2日目(火曜日)】

◎会社帰りに寄った大戸屋で、「広島産かきフライ弁当(4個入り)」をテイクアウト。

ootoya

のび太「やっぱり大戸屋のカキフライは最高だね。揚げ方も素材も、しっかりしてるよ。」


【3日目(水曜日)】

◎近所のスーパーで買ってきた牡蠣をオーブントースターで加熱して食べる。いわゆる焼き牡蠣。

top_image

のび太「生牡蠣もいいけど、焼き牡蠣も最高です!」

「ちょっと、のび太さん、食べ過ぎないでよ。」


【4日目(木曜日)】

◎とんかつ「さぼてん」のテイクアウトで広島県大粒カキフライをゲット!

sba-1709-large-oyster

のび太「これは文字通り粒が大きいです。食べ応えありますね。」


【5日目(金曜日)】

◎近所の「Sガスト」で、大盛カキフライ(10個入り)をテイクアウト。

2010-09-21T21-38-43-cad77

のび太「これはお得。10個入りで790円は激安です。」 


そして、迎えた決戦の夜、
果たして、僕の〝息子〟 はどうなったのでしょうか?

511477a2c9aa0-8b9f-4dd8-9e1d-a153ef5b576b_m

のび太「ねえ、静ちゃん!すごいよ。

キスしただけでこんなに勃起してる! 

完全に中折れを克服したよ。さすがは牡蠣パワー。」

「本当!すごい元気ね。」

のび太「あ!静ちゃん。いや!そこ、舐めないで、気持ちイイよ。うっ!イキそう。もう我慢できない!あっ!!!

うぉぉぉぉぉぉぉっっっぁぁぁぁああああああああ〜!!!!!!」

shutterstock_111554132-rev

「(-- _ --) 亜鉛(牡蠣)も早漏防止には効かないのね…。」


関連記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

【海乳EX】亜鉛たっぷり!広島県産の牡蠣を贅沢に使用した牡蠣肉エキスサプリ♪



人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します