ついに逝ってしましました。

金沢大地の「わたしのぬか床」が…。

真夏の高温の室内に放置してしまい、自家製ぬか床をダメにしてしまった苦い体験から、真冬を除いて常に冷蔵庫に保管している我が家のマイぬか床。

しかし、長期間冷蔵庫に保管してあった二つのぬか床のうちの一つ、前述の、金沢大地の「わたしのぬか床」の乳酸菌が、お逝きになられましたのです、天国へ…。

今思えば、少し前から、漬けたぬか漬けの味が、変になりかけていたのに薄々気がついてはいたのですが…。

結局、自宅でぬか漬けを漬ける最大のハードルは、温度管理であることを、改めて思い知らされました。

それも、高温と低温のどちらもNGだということです。

ところが、同じ時期に冷蔵庫に入れっぱなしにしていた、祇園ばんやの「ぬかの花」は、味が変わることなく、一定のクオリティを保ち続けているのです。

これには正直驚きました。

同じぬか床でも、低温に強い菌と弱い菌があるのでしょうか?

いずれにせよ、「ぬかの花」が現時点で最強のぬか床であることが、私の拙い経験値の範囲では、証明されたことになります。


関連記事

私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

もっちもちで美味しい!寝かせ玄米


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します