女優、多部未華子さんの新作映画『あやしい彼女』が間もなく公開されます。

ayashii-kanojo-01

多部未華子“73歳想定顔”に苦笑 

朝日新聞デジタル
2016年3月24日

女優の多部未華子(27)、俳優の要潤(35)、北村匠海(18)が24日、都内で行われた映画『あやしい彼女』の公開直前イベントに出席。作風になぞらえて、顔相学の専門家・池袋絵意知氏が登場し、三人の“73歳”を想定した加工写真を公開した。

73歳を想定した自身の加工写真を見た多部は、苦笑いしながらも「目のシワとか、首のたるみは気にしてるんで、これからも保てるようにアイクリームと乳液をぬっていかなきゃ。これをみたら余計に…」と話した。 

違います。
そっちに行ってはいけません。
美しい肌と顔を保つには、化粧品(化学物質)から遠ざかることが必須なのです。

白金ビューティフルエイジングクリニック院長の山口麻子さんの著作『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』から紹介しましょう。


化粧水を塗って水分を補ったあと、乳液でフタをし、クリームで油分を補う。これが一般に勧められている基本のスキンケアです。

しかし化粧水も、乳液やクリームも原料自体はほぼ同じです。基本は水分と油分、そして、それを混ぜ合わせるための界面活性剤(乳化剤)。これに各種美容成分や防腐剤、香料を加えればできあがりです。
 
つまり、化粧水、乳液、クリームを毎日使いつづけていると、それだけ多くの界面活性剤、防腐剤などで肌を痛めることになります。
 

多部未華子さんへアドバイスです。
もしもあなたが明日から化粧品をキッパリやめたら、間違いなく73歳になった時に、今と変わらない美しい顔を保っていることでしょう。

なぜなら、顔を老化させるのは、化粧品に含まれる化学物質だからです。

  • 化粧でごまかさない本当のアンチエイジングの方法とは?
ここまで読んだ方は、確かに化粧品が肌を痛めることについて理解できたかもしれません。

しかしながら、世の中の女性の大半は、そのことを頭ではわかっていても、実際は化粧品無しで生きていけないのではないでしょうか。

なぜなら、化粧品を付けない、スッピンの肌が加齢のために劣化していくから、です。

つまり、化粧品を付けなくて良い状況を作り出すためには、方法は一つしかありません。

それは、素肌そのものの老化を止めた上で、その状態を改善すること(=若返らせること)です。

もちろん、それができれば苦労しない!と思われる方々が大半だと思います。

実は、素肌における老化の進行を止めることは驚くほど簡単なのです。

ここからは、化粧に頼らずに、美しい肌を保つ方法をお伝えしましょう。
これらの方法は、実際に我が家でも実践して効果が出ており、かついずれも科学的な根拠に基づいたものです。

化粧品に頼らずに、肌を若返らせる3つのコツ

  1. 糖質を避ける
  2. 少食にする
  3. うつみんの「ありがとうボトル」で作った水素茶を飲む

1.糖質を避ける

アンチエイジング


関連記事

アンドロイド平子理沙に告ぐ、整形に失敗したあなたの未来の顔は、もう予測可能なのだ

警告!卵巣がんになりたくなければ一刻も早く、ベビーパウダー、化粧品の使用をやめて下さい!


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します