僕は髭が濃い。

どのくらい濃いかというのをわかっていただくために、わかりやすい例えをすると、いわゆるカールおじさんですね。

俗に言う、『どろぼうひげ』というやつです。

そんな僕の悩みは、やはり毎日の髭剃り。
ツルツル肌になるよう、今まで色々なメーカーの髭剃りを試してきました。

そんな中で、最終的に生き残ったのがブラウンとフィリップスでした。

現在、我が家では3つのシェーバーを保有しています。

  1. メンズシェーバー シリーズ7 Braun(ブラウン) 750CC-7Z
  2. 319Cx4CE+uL

  3. フィリップス メンズシェーバー 7000シリーズ S7310/12
  4. _SL1340_

  5. ブラウン WaterFlex メンズ電気シェーバー 3枚刃 WF2s ブルー お風呂剃り可
  6. _SL1000_



3つの使い方としては、2、3をお風呂用に、1をお風呂以外の通常使用としていますが、1が圧倒的に剃り味がいいので、いつしか2、3は使われずに棚に置きっぱなしになっているというのが常態化していました。

そのような状況の中、今回、使わずに放置していた2、3のシェーバーを使わざる負えない事態に陥ったのです。

1月の上旬に父親が亡くなったため、父親と一緒に住んでいた母親が一時的に都内の弟の家に同居することになり、僕自身も金曜日の夜から月曜の朝まで、母親の様子を見るために弟の家に泊まりこんでいました。

参考記事: 親父の遺品を片づけていて思った。『自分が死ぬ時の遺品は、リュックに入れたスマホとバッテリーだけにしたい』


その際に、弟の家に持って行った1のシェーバーを持って帰ってくるのを忘れ、月曜の夜から、自宅で2、3のシェーバーを併用せざる負えなくなたのです。

早速、火曜日の朝、まずは2のフィリップスのシェーバーを試します。
フィリップス特有の穏やかなモーター音の中、口の周りの髭を剃り始めますが、やはりブラウンと違って剃り味が強くありません。

「 やっぱりブラウンでないと駄目かな…。」

シェーバーをブラウンに持ち替えると、案の定、強力で爽快な剃り味で口元の髭を巻き込んでいきます。

口元を綺麗に剃り終わって、ブラウンをシェーバーを顎から首に滑らせていくと、途端に違和感が…。

首からちょこっと生えている短い髭が、どうしても剃りきれません。
何度シェーバーを往復させても、うまくいきません(3のブラウンは、上位機種の1のブラウンと比べて、性能が落ちます)。

『やっぱり1でないと駄目なのかな… 』

その時、ふと、傍に置いてある2のフィリップスのシェーバーを手にとって、首ずじに滑らせた瞬間、今までブラウンで何度往復しても剃れなかった短い髭が、チリチリと音を立ててシェーバーのヘッドの中に吸い込まれて行ったのです。

ひょっとして…?

この時、瞬時にある仮説が僕の頭の中に閃きました。

その仮説とは、

『ブラウンとフィリップスは、ヘッドの形状から、それぞれ剃るのが得意な部分が異なるのではないか?』

と言うものです。

早速その仮説を実証するために、その夜、会社から帰宅後、僕はブラウンとフィリップスの2つのシェーバーで、髭を剃り始めました。

まず、ブラウンのシェーバーで口の周りを剃りはじめます。

僕の立てた仮説の通り、激しいモーター音とともに、ブラウンのシェーバーのヘッドは、僕の口元の周りの髭を、勢いよく刈り込んでいきます。
 
braun-series-5-shaver-8-direction-flex
 
ブラウンのシェーバーのヘッドの形状は、このように長方形で横に長くなっています。
つまり、鼻と上唇の間や下唇の下、口の両脇など、比較的横や縦の動きの多い部分を剃るのには、最適な形状になっているのです。


口の周りを剃り終わり、続いて、顎下から首に移ります。

ここからは、フィリップスの真骨頂です。

S7520_26-IMS-ja_JP

フィリップスのシェーバーの特徴は、回転式の独立可動する3つのヘッドです。
この独立3ヘッドは、ブラウンと違い、どちらかというと平らな部分よりは曲線を描くような部分に絶妙にフィットします。

つまり、顎下や首を剃るのに最適なヘッドの形状なのです。


そろそろ結論に行きましょう。

髭の濃い男性は、シェーバーはブラウンとフィリップの二台持ちが最強です。

そして、ブラウンで口の周りを、フィリップスで顎の下から首にかけてを剃りましょう!
そうすることで、互いのヘッドの形状(のメリット)を最大限生かすことが可能となるのです。

もちろん、二台持つことで費用がかさむことを懸念する方もいらっしゃるかもしれません。

心配ありません。

二台持ちで、それぞれ別の部分を剃るならば、多少価格帯の安いシェーバーでも問題ありません。
現に僕が試した二台も、「ブラウン WaterFlex メンズ電気シェーバー 3枚刃 WF2s ブルー お風呂剃り可」と「フィリップス メンズシェーバー 7000シリーズ S7310/12」と、両方とも決してそれほど高価なシェーバーではありませんが、濃い髭でも問題なく綺麗に剃れました。

大事なのは、ブラウンかフィリップスか?という視点ではなく、ブラウンとフィリップスで、互いの弱いところを補い合う、という考え方なのです。

さあ、この記事を読んでいる髭の濃いアナタ。

明日から早速、ブラウンとフィリップスのシェーバー、二台持ちをしてみませんか?


関連記事

親父の遺品を片づけていて思った。『自分が死ぬ時の遺品は、リュックに入れたスマホとバッテリーだけにしたい』
 
濃いヒゲに悩む男たちの声から生まれたヒゲ・ムダ毛撃退ローション!


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します