僕はiPhoneを2台持ちしています。

iPhone-01-580x386
 
勿体ない、あるいは贅沢だと羨む人もいるかもしれません。

しかし、それには確固たる理由があるのです。

本日のブログ記事では、僕がiPhoneを2台持ちしている2つの理由(=メリット)を紹介しつつ、皆様にも是非参考にしていただけたらと思いながら筆をとっている(=キーボードを叩いている)次第です。

  • iPhoneを2台持ちする2つの理由(=メリット)とは?
  1. 会社の人(=特に上司)とLINE友だちになるリスクがゼロ(=皆無)
  2. 大手キャリアと格安SIMの2台持ちでコストを最小限にすることが可能

使い分け方は次の通りです。(我が家ではドコモ回線なので、それを前提に記事を書いていきます。)

1台目のiPhone=ドコモのSIMカードをSIMフリーの端末に挿して利用しています。
→敢えて基本プラン(カケホーダイ)のみの契約にします。

2代目のiPhone=格安SIM(LINEモバイル)をSIMフリーの端末に挿して利用しています。
→コミュニケーションフリープラン 3GB / データSIM(SMS付き)

なぜ、この組み合わせが最強なのか?

まず第一に、会社用のiPhoneとプライベート用のiPhoneを分けることで、会社関連の人とLINE友だちになるリスクを完璧に排除できます。

もちろん、1台のスマホで、LINEの設定上、友だちが自動追加されないようにすることは可能でしょう。

しかし、僕は絶対にそれをやりません。

なぜなら、細かい設定方法を検索したり、実際に設定することが面倒くさいからです。
それならば、僕のようにシンプルに2台のiPhoneを持ってしまった方がてっとり早いと思いませんか?

このように、iPhoneを2台持ちするだけで、難しい設定等に悩むことなく、安全確実に仕事とプライベートのスマートフォン利用を分けることが可能となるのです。

  • 2台持ちでも、ランニングコストを下げることは十分に可能
実は、iPhone2台持ちでも、iPhone1台の料金プランよりも、ランニングコストを下げることは、十分可能です。

その方法とは、先ほど書いた通り、

1台目→ドコモのiPhone(au、ソフトバンクでも可)
2台目→LINEモバイル

で契約することです。

その理由は、大手キャリアとLINEモバイルでは、その強み、弱みが異なるからです。

まず、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の最大の強みは、通話料定額サービスがあることです。
一方で、大手キャリアの弱点は、データパックが格安SIMと比べてどうしても割高になってしまうことです。

そこで、1台目の大手キャリアのSIM契約では、あえてデータパックを利用せず、カケホーダイプラン(月額2,700円)のみの契約にします。

一方、格安SIMの代表格であるLINEモバイルは、通話料が(完全に)定額のプランが無い代わりに、データ通信量を抑えることができる点が特徴です。

特にコミュニケーションフリープランを選択することで、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題になる(データ通信量にカウントされない)ため、動画などを頻繁に見ない方ならば、データSIMで月間データ容量を最低の3GBに抑えることで、月額使用料が1,110円と格安となります。

こうして、

1台目→ドコモのiPhone(2,700円/税抜き)
2台目→LINEモバイル(1,110円/税抜き)

となり、合計でも3,810円と、大手キャリアと比較しても、その月間の利用料を大幅にディスカウントすることが可能になるのです。


関連記事

SIMフリーのiPhoneでドコモメールを使えるようにする方法
 
SIMフリーiPhone買取専門店【SIMフリーiPhone買取ドットコム】


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します