先日、渋谷ヒカリエに行ってきました。

目的は、同ビル内のレストラン、酢重ダイニングです。

IMG_1363

酢重ダイニング 渋谷ヒカリエ店

営業時間 11:00〜23:00 LO22:20(ランチ:11:00〜16:00)

電話番号 03-6434-1555




と言っても、今回は食事に行ったわけではありません。
同店で販売している醤油豆を買いにいったのです。

醤油豆とは?

同店のホームページより紹介します。

醤油豆 西山産黒豆

640円(税抜)

乗せて良し、ひと手間かけて良しの奥深い「食べる醤油」

北信州に馴染む郷土食。
蒸した黒豆に麹を付け豆麹を作り
専用の醤油ダレに漬け、2ヶ月ほど熟成、発酵させた「醤油の実」

この醤油豆、よく実家に帰った時に母からもらっていたのです。
豆腐とか納豆にかけると美味。

発酵食品なので、放射能予防にもなりますね。

今回、母からもらった分が切れてしまい、渋谷ヒカリエに行けば売っているとの情報を得て、早速行ってみることにしました。

いつも食べているものがレジ前に置いてありましたが、よく見ると、その隣に、別の種類のものもありまして…。

店員さんに聞くと、私が母からもらっていたのは上記の「西山産黒豆」で、それより100円安い別の種類の「木島平産大豆」もあるとのこと。

黒豆より甘くマイルドな味わいだそうです。


醤油豆 木島平産大豆

540円(税抜)送料別

ひと手間かけて良しの「食べる醤油」甘塩仕立て
 
北信州に馴染む郷土食。
蒸した大豆に麹を付け豆麹を作り
専用の醤油ダレに漬け、2ヶ月ほど熟成、発酵させた「醤油の実」
黒豆造りの醤油豆よりもまろやかな仕上がり

FullSizeRender
右が西山産黒豆(税抜640円)、左が木島平産大豆(税抜540円)


これが、豆腐とか納豆に物凄く合います!

まず微生物の摂取(=発酵食品の摂取)だが、味噌については説明したし、ほかの日本の発酵食品も同様の考え方が成立するので、うまく料理に使っていただきたい。その際すでに強調したがスーパーのまがい物の発酵食品はむしろ有害なくらいなので、本物を選ぶ努力をしていただきたい。

内海聡著『放射能と原発の真実

大豆自体の効用も…。

なぜ大豆は日本の醗酵食によく使われてきたのか。
実は大豆のDNAは人間のDNAと構造が近い。だから細胞の再生に必要な必須アミノ酸の補給がしやすい。
リンパ管の清掃能力に長けている。
新陳代謝の促進になる。
ミトコンドリアも元気に。細胞も元気に。白血球も元気に。
ガン細胞食べるマクロファージも元気に。



関連記事

薬は不要。寺田本家の「マイグルト」で長女の胃腸風邪が治りました


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された