我が家では、毎日、朝食代わりにゆで卵を食べています。

DSC_0086

皆さんは、ゆで卵を食べる時に、どのような調味料をつけていますか?

実は、普段使っている調味料を、少し良質なものに変えるだけで、普通のゆで卵が驚くべき味に早変わりするのです。

本日の記事では、我が家でいつも使用している、ゆで卵を食べる時に付ける、オススメのオーガニックな調味料をご紹介します。


◉皇帝塩

我が家では、料理に使用する塩は、市販の精製塩ではなく、ミネラル分が豊富に含まれている「皇帝塩」を使っています。

[皇帝塩の特徴]

1) 食べておいしい。味がまろやか。

2) 海水を天日干ししただけなので海水中のミネラルがそのままの形で残っている。つまり、人体の体液と非常に近い。精製したり、人工的な熱を加えると体液から離れてしまう。

3) 人体の血液のpHは7.4であるが皇帝塩も7.4と同じである。釜で煮ると8.0~9.5と強アルカリ性になる。

4) 皇帝塩を食べていると体液が浄化されてきれいになる

5) 加熱していないので海水中の酵素が残っており、微生物を活性化し食品の発酵(味噌・醤油等)を促進する

皇帝塩とは? - 無添加良品 By 皇帝塩本舗 

◉松田のマヨネーズ

ゆで卵につける調味料としては、塩以外にも、マヨネーズがあります。

もちろん、このマヨネーズにも、市販のものとは異なるオーガニックな製品が存在します。

その一つが「松田のマヨネーズ」です。

平飼いされた健康的な鶏が生む新鮮な卵や、製造方法にこだわったなたね油やりんご酢など、ひとつひとつの原料を丁寧に厳選しました。シンプルな構成だからこそ、原料そのものの品質が引き立ちます。松田のマヨネーズのおいしさは、原料のおいしさです。

厳選原料だけで作った「松田のマヨネーズ」 - びんちょうたんコム

それでは、この「松田のマヨネーズ」の原材料を見ていきましょう。

食用植物油

なたね油製造一筋の米澤製油が伝統的製法で作る、圧搾一番なたね油だけを使用しています。
油脂の製造に一般に用いられるヘキサン、リン酸、シリコーンなどの合成化学品を徹底的に避けて丹誠込めて作られています

卵(平飼い)

有精卵を生む環境の中で自由に運動している健康な鶏の新鮮な卵(全卵)を使用。
遺伝子組み換えやポストハーベスト農薬散布の餌は使用していません

りんご酢

ポストハーベスト農薬の心配のない国内産りんご100%果汁(厳選した旬のストレート果汁)でつくったアップルワインを発酵させた本来の純りんご酢です。
発酵過程でアルコールは添加していません。香りがよく、りんごの旨味と酸味、甘味の調和がとれています。



伊豆大島産の海塩「海の精」使用。
打ち寄せる黒潮の精麗な海水を太陽と風の力で濃縮し、火の力で丹念に炊き上げるという、日本特有の伝統的な製塩法で作られた昔ながらの伝統海塩です。
60種類以上の天然ミネラルを含む海水が濃縮されており、ナトリウムだけでなく、健康保持に欠かせないマグネシウム、カルシウム、カリウムが豊富に含まれています。 原料は海水だけで、それ以外の塩や添加物は使っていません

蜂蜜

甘味として、砂糖の代わりに国産百花密を使用。100%蜂が集めた蜂蜜です。

香辛料

100%からし菜の種を粉末にしたマスタードです。食味の違いを作り出します。 甘口と辛口の違いはマスタードの量の違いです。

厳選原料だけで作った「松田のマヨネーズ」 - びんちょうたんコム

さて、ここまで原材料を見てきただけでも、皇帝塩松田のマヨネーズがいかにオーガニックな商品であることは一目瞭然ですね。

しかし、私が言いたいのは、理屈はともかく、一度、この味を体感してほしい、ということです。

オーガニックというのは、あくまで知識であり、実際にその味を堪能していただければ、その美味しさに、単純に感動していただけること、間違いなしです。

「オーガニック=健康なもの」、というだけではなく、「=美味しいもの」、という事実を、ぜひこの皇帝塩松田のマヨネーズをゆで卵に付けてご自身の舌で味わってみてください。


関連記事

無添加だからだけではない!。我が家が「松田のマヨネーズ」を使う3つの理由

え!まだコンビニやスーパーのマカロニサラダで添加物摂ってるの?松田のマヨネーズを使った絶品マカロニサラダの作り方


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します