刺身やざるそば、最近ではステーキなどにも添えられている「わさび」。

我が家では、長年エスビー食品のチューブ式の練りわさびを使っていましたが、添加物を気にするようになってからは、同じエスビー食品が出している缶入りの粉わさびに変えています。


今回の記事では、エスビー食品のわさびの原材料を比較し、含まれている添加物について確認するとともに、その味の違いについても言及してみたいと思っています。

まずはじめに、エスビー食品のサイトに記載されている「本わさび」と「粉わさび」の原材料を見てみることにしましょう。

  • エスビー「本わさび」と「粉わさび」の原材料をチェック

◉エスビー本わさび(チューブ入り)
本わさび

きめ細かいなめらかさ、清涼感のある風味、辛みが特徴の高級タイプ。

使用するわさびは100%本わさびの高級タイプ。本わさびをサメ皮ですりおろしたようなきめ細かいなめらかさ、清涼感のある風味、辛みが特徴です。風味と醤油溶けがさらに良くなりました。チューブは最後まで絞りやすいよう改良を重ね、無着色にもこだわっています。

【価 格】
190円(税別)

【容 量】
43g

【原材料】
本わさび、コーン油、食塩/ソルビット、加工デンプン、トレハロースセルロース酸味料香料増粘剤(キサンタン)


◉エスビー粉わさび(缶入り)

当社独特の技術により精製した粉わさびです。

品質優良な西洋わさびを当社独特の技術により精製した粉わさびです。適量のエスビー粉わさびに水を加え、よくかきまぜて4~5分おいてからご使用ください。わさび特有の素晴らしい風味と強烈な辛味がお料理を一段とひきたてます。

原材料
西洋わさび、着色料(クチナシ、紅花黄) 

まず、「本わさび」ですが、確かに原材料に本わさびは使われているものの、それ以外に、多くの食品添加物が使用されています。

一方「粉わさび」ですが、こちらは、着色料も天然由来のものであり、食品添加物は一切使用されていません。

もちろん、「本わさび」に含まれている食品添加物も、それを摂取したからといって、直接人体に害が及ぶことはありません。

しかし、わさび以外の食品添加物をわざわざ身体に摂り入れたくないと私自身は考えているので、昨年から、思い切って「粉わさび」に変えることにしました。

  • 「粉わさび 」は多少手間がかかりますが本当に美味しい!
チューブ入りのわさびと比較すると、缶入りの「粉わさび」は、食べるまでにひと手間かかります。
それは、「粉わさび」に水を加えて練る工程です。 

ところが、その手間も思ったほど面倒なものではありません。
少しずつ粉わさびに水を加えて(粉わさびと水の割合=1:2)スプーンでかき混ぜるだけです。 

そして、そのほんの少しの手間をかけて練った粉わさびの味は、驚くほどの美味しさです。

ほんの少し口に含んだだけで、鼻にツンと抜けるようなわさび本来の香りや辛味がしっかり立っているのがわかります。
それもそのはず。粉わさびは食べる度に水を加えて練るので、常に新鮮なのです。

一方、チューブ入りの「本わさび」は、常にチューブに入ったままで食べられる状態にしておく必要があることから、どうしてもそのために添加物を加えざをえません。

味も、「粉わさび」と比べるとどうしても人工的な味になってしまいます。

hero.201709071045

このように、食品添加物の入っていない缶入りの「粉わさび」は、単純に新鮮でわさび本来の香りを楽しむことができます。

近所のスーパーにも置いてありますので、ぜひ一度お手に取ってはいかがでしょうか?


関連記事

ミツカンの味ぽんとぽん酢、身体に良いのはどっち?


人気記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します