登場人物 

のび太:高学歴で大企業に勤めるダメリーマン

:のび太の妻。「死ね!!!と罵倒された日本」の「保育所建設反対運動が起きるオワコン都市東京」で働くパート保育士

DSC_0086

本日の献立

昼食:クラフト「切れてるチーズ」2切れ、ゆで卵1個(「松田のマヨネーズ」を付けて食べる。)
夕食:親子丼、白菜の漬物、玉ねぎとほうれん草の味噌汁


ゆったりと過ごしたい休日の昼。

こんな日は、料理から解放されたいと思いませんか?

現在、少食生活を送っている僕は、休みの日の昼食にはほとんど時間をかけません。

今日の昼食も、朝、妻が茹でてくれたゆで卵1個と、クラフトの「切れてるチーズ」を2切れ食べただけ。

調理時間も、食器を洗う時間も、ほぼ、0(ゼロ)です。

healthy-cooking-1140x642

そもそも、健康のためには一日三食を食べなければならない、と決めたのは誰なのでしょうか?

多くの人が、マスコミや書籍を経由した、栄養士の発言をそのまま鵜呑みにしているだけではないのかと私は思います。

しかし、これまでの研究から、むしろ、少食の方がアンチエイジングにも有効で、病気にもなりにくいことが判明しているのです。

アメリカのウィスコンシン大学の研究チームが行った研究結果から、衝撃的な事実を紹介しましょう。

まずは、アンチエイジングに少食が有効であるという実験結果です。

◉腹七分サルは外見も若々しい 

▼サル(アカゲサル):腹七分サルの生存率1・6倍(ウィスコンシン大学報告)。

これは米、ウィスコンシン大研究チームが行なった20年にわたる実験です。科学雑誌「サイエンス」(09年7月10日)に発表され、世界的な話題になりました。

A:「カント」(オス27歳):カロリー制限あり(70%)(446キロカロリー)  
B:「オーウェン」(オス28歳):カロリー制限なし(100%)(591キロカロリー)

ヒトなら80歳近くに相当する高齢サルです。両者の違いは一目瞭然です。ほぼ、同じ歳なのに、A:「カント」は若々しく、しわがない。肌のつやもいい。毛並みもつやつやしている。これに対して、B:「オーウェン」は、しわがある。毛もパサパサし、不揃いで、こしがない。

船瀬俊介著『3日食べなきゃ、7割治る!』 

少食の効果はこれだけではありません。
癌などの生活習慣病を予防する効果があることもわかっています。

とくに研究チームが注目したのが、ガンと心臓病の発生です。

(A)腹七分サルは、食べ放題の(B)腹十分サルに比べて「ガンと心疾患の発生率が半分未満に激減していた」(同論文)。

つまり、あなたがガンや心臓病で死にたくなかったら「少なくとも腹七分がおすすめ」ということになります。

船瀬俊介著『3日食べなきゃ、7割治る!

これらのエビデンスから、健康にも少食が有効であることがわかります。
そして、前述のように、少食は家事負担を減らす効果もあり、食費の節約にもつながるのです。

このように、いいことづくめの少食生活、あなたも明日から始めてみませんか?


関連記事

「1日1食」を始めて3日目、僕の身体に起こった驚くべき3つのこと

1日1食生活。食事の回数は自分のライフスタイルに合わせて、自由に設定して構わない


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します