生まれて初めて出張で北海道の土を踏みました。

現地での仕事を終え、夕食を食べるために寄った狸小路の串揚げ屋(=居酒屋)で食べたカキフライとキスの串揚げに衝撃を受けたのです。 

それは、東京で今まで私が食べたことのないほどの味と新鮮さでした。

価格はわずか150円(1本あたり)です。 

決して高いものではなく、ごくありきたりの庶民的なものです。

それでいてこのクオリティ。

いかに私たち東京人が、普段不味い魚を食べているのかを痛感しました。

  • この北海道での体験が、私の料理に対する考え方を変えた 
これまで私は、できるだけ家庭では、生の素材(肉や魚介)を買ってきて、自宅で調理するのが、最良の方法であると考えてきました。

しかし、上記の北海道での体験から、この考えを改めることにしました。

  • 東京で暮らす私たちは、缶詰を食べるのが最も合理的な選択

東京のスーパーで売っている魚介類のクオリティは低い。

それならば、どうせ調理しても美味しいものが食べられないことは明白なので、わざわざ面倒な調理をして消耗しなくても、それなりに一定のクオリティ(=味)が保障されている缶詰をそのまま食べるのが、最も合理的なのではないか?と考えるようになったのです。

これからは、缶詰をそのまま食べるか、あるいは缶詰を汁ごと利用した煮物などを中心に魚料理を組み立てていこうと考えています。

DSC_0086


関連記事

食事を作るのが面倒な日は、新鮮な平飼いの卵と白米だけのシンプルなランチがオススメです


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します