競泳の池江璃花子選手(18)が白血病を公表するという衝撃的なニュースが飛び込んできました。


上記の記事でも書かれている通り、白血病は、若い世代で罹患する割合が多い癌であることが判明しています。

そこで、今回の記事では、若い子供を持つ親御さん向けに、大切なお子様がこれから白血病に罹患するリスクを出来るだけ下げるための具体的な方法について、お伝えしていきたいと思います。

  • 白血病の発症リスクを下げるために私が伝えたいこと
このようなタイトルを付けて記事を書くと決まって、「放射脳が!」という批判を受けてしまうのですが、まず断っておきますと、私は決して、池江璃花子選手の白血病の原因が福島原発によって放出された放射性物質である、と言っているわけではありません。 

池江選手の白血病の原因は不明ですし、その治療については、抗がん剤や骨髄移植などの、現代医学において認められている方法によって行われるのがベストな選択であると考えています。

現に、抗がん剤については、固形の癌と比べて、白血病に対してははるかに大きな治療効果が期待できることが医学的にも証明されており、若い世代の白血病は7割以上が治っているというデータもあります。

しかし、白血病の歴史を塗り変えたといわれるグリベックはそうではなかった。それまで不治の病といわれた慢性骨髄性白血病を次々と寛解させ、「血液のがんは治る」とまでいわれたのだ。

奥野修司著『がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生

したがって、池江璃花子選手について、私が何か申し上げることはありません。

私がこの記事でターゲットにしているのは、池江選手のような10〜20代のお子様を持つ親御さんたちに、今後、お子様が白血病を発症するリスクを少しでも下がる方法をお伝えすることなのです。

  • 放射性物質は確実に白血病の発症リスクを上げることは否定しようのない科学的根拠に裏付けられた事実である


関連記事

有名人の突然死が増えていないだろうか?という疑問を検証する


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します