忙しい共働き主婦の強い味方であるカレー。
何と言っても、具材を切って、ルーと一緒に煮込めば一丁上がり、の手軽さに勝るものはありません。

確かにその手軽さは素晴らしいのですが、本当にそれで良いのでしょうか?

本日の記事では、カレールーに含まれている添加物の危険さと、ルーを使わずに手軽に美味しく作れるカレーのレシピを紹介したいと思います。

97ded5bca4e2b1e65b7d43046478fd51


  • まずはカレー粉の成分をチェックしてみましょう

まずはカレー粉の代表として我が家でも使用している、『インデラ・カレーの原材料名をチェックしてみましょう。

インデラ・カレー

原材料名 ターメリック、コリアンダー、チンピ、クミン、フェネグリーク、ナツメッグ、シナモン、フェンネル、赤唐辛子、ジンジャー、クローブ、スターアニス、カルダモン、天草、ブラックペッパー

このように、カレー粉であるインデラ・カレーには、スパイス以外、一切の食品添加物が含まれていません。


  • 一方、市販のカレールーには…

続いて、カレールーを代表して我が家でも以前は使用していた『こくまろカレー』の原材料をチェックしてみましょう(スーパーでよく安売りしていますね)。

ハウス こくまろカレー
(同社ホームページより)

原材料名 食用油脂、小麦粉、でんぷん、食塩、カレーパウダー、砂糖、ソテーカレーペースト、オニオンパウダー、玉ねぎ加工品、ごまペースト、全粉乳、脱脂大豆、香辛料、ガーリックパウダー、デキストリン、ローストガーリックパウダー、粉末みそ、たん白加水分解物、酵母エキス加工品、ぶどう糖、チーズ加工品、濃縮生クリーム、香味野菜風味パウダー、チーズ、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素乳化剤酸味料香料、甘味料(スクラロース)、香辛料抽出物

こちらは添加物のオンパレード。
それにしてもいろいろ入っていますね。
こうして改めて見ると、とにかく原材料の表示が長いのがよくわかります。

それでは、カレールーに含まれている主な添加物について、その危険度をチェックしていきましょう。


◎食用油脂

ところで、食用油脂のパーム油は、ショートニングやマーガリンを作る原料であり、石鹸・洗剤や化粧品、バイオ石油に使われています。

そして、このパーム油は、その製造工程で化学薬品や発癌物資が大量に使われているのです。

ちなみに、欧米では使用禁止になっている地域もあるのに、日本では市販のサラダオイルをはじめ、マヨネーズやドレッシング、アイスクリームなどに使用されている油に「ヤシ油(パーム油)」があります。このヤシ油は臭くてまずいために、原産地でもほとんど食用にはしていません。
 
ところが日本では、このヤシ油を食用とするために、脱色(活性白土)、脱臭(乳酸)、風味付け(リン酸、クエン酸、フィチン酸)、酸の除去(硫酸、塩酸、シュウ酸、苛性ソーダ)、ヤシの実から油を抽出するためノルマルヘキサン(油抽出溶剤)など大量の化学薬品が使われています。
 
これだけの化学薬品を使うと、もともとヤシ油に含まれているはずの抗酸化物質がなくなり、酸化しやすい油となってしまうため、それを防ぐためにさらにBHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)などの酸化防止剤(発ガン性物質の中でも直接性発ガン物質に分類され、細胞化学反応を経ずに直接DNAと反応する物質)を添加し、製品化されているのです。

内海聡著『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事


アミノ酸等

さらには、「原材料表に表示されない食品添加物」もあります。
たとえば、「アミノ酸等」という表示。
非常によく目にしますが、この「等」には一体、何が含まれているのでしょう。
こうした一括名やキャリーオーバー(微量であり表示義務がないこと)のために、把握しきれない食品添加物もたくさんあるのです。

内海聡著『1日3食をやめなさい! 』


スクラロース

その代わりに、よく使われるようになったのがスクラロースですが、毒性という点では変わりません。
 
動物実験では、成長の遅れ、赤血球の減少、甲状腺機能低下、マグネシウムとリンの欠乏、肝臓と脳の肥大、肝細胞異常卵巣収縮白内障のリスクなどなど、さまざまな障害があらわれたといいます。

内海聡著『1日3食をやめなさい! 』
 
このように、危険な添加物が含まれているカレールー。
一方で、天然の香辛料100%のカレー粉。

どちらを使うべきかは、子供でもわかるでしょう。

というわけで、
今回は、カレールーを使わない圧力なべで作る簡単カレーをご紹介します。

本レシピは、国分太一・栗原心平著「男子ごはんの本 その7」に掲載の「モモエちゃんのカレー」をアレンジしたレシピとなっております。

【このレシピのメリット】

・野菜を大きめに切れる(切る手間が少なくて済む)
・煮込む時間が短い(15分)
・添加物を摂らずに済む


圧力なべで作る簡単カレー

材料(6人分)

牛肉(カレー用):400g
カレー粉:100g
(A)にんにく、セロリ、玉ねぎ、人参、リンゴ(各すりおろし):合わせて1/2カップ
鶏ガラスープの素:大さじ2
コンソメ:2個
にんにく(みじん切り):3片分
ローリエ:3枚
セロリ:1本
玉ねぎ:中3個
にんじん:1本
水:700CC
赤ワイン:1/2カップ
オリーブ油:大さじ2
ヨーグルト:大さじ1
いちごジャム:大さじ1
ウスターソース:大さじ1
ケチャップ:大さじ1
温かいごはん:適宜


作り方

①セロリ、玉ねぎ、にんじんは超大きめの乱切りにする。

②圧力なべに鍋を熱してオリーブ油をひき、にんにくを弱火で炒める。香りが出てきたら牛肉を加えて強火で炒める。肉の色が変わったら、①を加えて炒める。

③玉ねぎが透き通ったら、水、ローリエを加える。蓋をして強火にし、圧がかかったら15分煮込む。

④蓋を開け、コンソメ、鶏ガラスープの素を加えて5分煮る。

⑤火を止めてカレー粉を入れて溶かす。再び弱火にかけて、(A)、ヨーグルト、いちごジャム、ウスターソース、ケチャップを入れ、混ぜながら5分煮る。

⑥仕上げに赤ワインを加えて、5分ほど煮て、味をととのえる。

⑦器にごはんを盛って⑥をかける。
 
 
【調理のポイント】

・圧力なべで煮込むことから、普通の大きさで切ると煮崩れてしまうので、野菜はかなり大きめに切っても大丈夫です。

・すりおろした野菜とリンゴを入れることから、ルーを使わなくても、とろみのあるカレーに仕上がります。

97ded5bca4e2b1e65b7d43046478fd51

え!まだ「こくまろカレー」で添加物摂ってるの?


関連記事

え!まだハウスバーモントカレーで添加物摂ってるの?りんごのすりおろしとハチミツを使った絶品ポークカレーを手作りしてみませんか?
 
我が家のレトルトカレーは、後味が良くて脂っこくなく、添加物の少ないパルシステムの「国産具材のビーフカレー」にしています


人気記事


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

有名人の突然死が増えていないだろうか?という疑問を検証する

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します