本日紹介するのは、タネ(具)の中に無濾過・無添加の自然酒(日本酒)、『寺田本家 香取 純米90』を使った餃子レシピです。

最初に断っておきますが、本ブログは料理ブログではありません。

しかし、こうしてブログにて料理のレシピを紹介するのは理由が2つあります。
  1. 食品添加物を取らないように出来るだけ料理を手作りをしてほしい
  2. 無濾過・無添加の日本酒(自然酒)を料理に使うことで癌を予防できる

それでは、早速レシピに取り掛かりましょう。


【無濾過・無添加の日本酒(自然酒)を使った絶品餃子】

材料(20個分)

豚ひき肉:120グラム
キャベツ:70グラム
長ネギ:1/8本
しいたけ:2枚
ザーサイ:小さじ2

★調味料
にんにくすりおろし:1/2かけ
しょうがすりおろし:1/2かけ
日本酒(寺田本家 香取 純米90):大さじ1
ごま油:大さじ1/2
醤油:小さじ1/2
鶏がらスープのもと:小さじ1
砂糖:小さじ1/4
塩コショウ:少々

手順①:キャベツ、長ネギ、しいたけ、ザーサイをみじん切りする。

手順②:①とひき肉、★調味料をボールに入れて捏ねる。

手順③:皮で包み、フライパンに油をひき餃子を並べ、火をつける。

手順④:少し焦げ目がついたら水150ccを加え、蓋をして中火で5〜7分蒸し焼きする。

手順⑤:表面に焼き色がついたら完成。

さて、ここからが、通常のレシピとは一味違うところ。
調味料(★)のうち、日本酒に、無濾過・無添加の自然酒『寺田本家 香取 純米90』を使います。

秋田大学名誉教授で医学博士の滝沢行雄氏の研究によると、人のガン細胞に、薄めた純米酒をたらすと、九十%以上が変形または死亡するという。

中年男性で、毎日飲酒するグループに絞ってガンの死亡状況を調べてみると、このグループは、飲酒をしないグループに比べて、ガンにかかる率が低かったという。

断っておくが、これらは添加物だらけの偽物の酒を大量に飲んだ結果では決してない。米と麹を原料とした純米酒を、ほどよく飲めばの話である。

寺田啓佐著『発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方』 

そして、上記の著書で作者の寺田啓佐氏が言及している「添加物だらけの偽物の酒」ではない本物の日本酒の一つが、この『香取 純米90』なのです(香取90は、寺田さんご自身が造ったお酒なので、当然といえば当然なのですが…)。

この『香取 純米90』を使うだけで、普通の餃子が、癌予防レシピに早変わり。
しかも冷凍食品と違って食品添加物も入っていませんので安心です。

まず、どこに行っても目にするファストフード店の食べ物は、毒のカタマリです。

コンビニや弁当チェーン店のお惣菜やファミレスの料理も同様
。スーパーやコンビニには所狭しと並べられているスイーツやパン、スナック菓子も、もちろんそうです。

内海聡著『1日3食をやめなさい!』 

え!まだ味の素のギョーザで添加物摂ってるの?

91gmoJpIHRL
『』


関連記事

え!まだ「Cook Do®」で添加物摂ってるの?自家製の調味料を使った最高の回鍋肉(ホイコーロー)の作り方教えます

プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】 


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します