川島道行さんが死去 ブンブンサテライツのボーカル

朝日新聞デジタル
2016年10月11日13時43分

川島道行さん(かわしま・みちゆき=ロックバンド「ブンブンサテライツ」のボーカリスト、女優須藤理彩さんの夫)が9日、脳腫瘍(しゅよう)で死去、47歳。

27686036_45542


さて、このブログのタイトルの一部ともなっている放射能ですが、個々の癌と放射能を直接の原因として結びつけることは残念ながら出来ません。

なぜなら、その癌が放射能によって引き起こされたかを、科学的、医学的な見地から証明することは、亡くなった患者を生体解剖でもしない限り、不可能だからです。

したがって、今回亡くなった川島道行さんの脳腫瘍が、福島原発により放出された放射性物資のために引き起こされたと断定することは、科学的、医学的見地から、不可能であるし、絶対にやってはいけません。

そこで、私は、以下の文章で、実際に起こっている事実だけを、書き記していきます。

なお、これらの事実には、一切、推測や主観が、含まれていないことを、あらかじめ断言しておきます。


事実その1:
以下のミュージシャンが、脳腫瘍に罹患している。

ゴスペラーズ 北山陽一

R8I8naL4YyGq4CB_3159


ゴスペラーズ北山陽一さん 活動休止 脳腫瘍で療養

産経ニュース
2015.12.1 07:59

男性5人組のボーカルグループ「ゴスペラーズ」のメンバー、北山陽一さん(41)が脳腫瘍のため活動を休止すると、所属事務所が30日発表した。当面療養に専念するが、他のメンバーだけで活動することは検討中。

事務所によると、北山さんは11月に体調を崩し検査したところ、脳腫瘍と分かり手術した。


黒沢健一(元L⇔R)

news_header_kurosawakenichi_art201411


「元L⇔R」黒沢健一が脳腫瘍を告白「良くなったり悪くなったり」

ORICON STYLE
2016-10-03 14:17

シンガー・ソングライターの黒沢健一(48)が3日、自身の公式サイトを更新し「脳腫瘍」であることを報告した。

黒沢は「今回は皆様にお知らせと言うか、ご報告が有ります。突然の報告で驚かれると思いますが、実は現在病気療養中で入退院を繰り返しています。病名は『脳腫瘍』です」と告白。

「ちょうど1年前、Billboad Liveでのコンサートのリハーサルをしている最中にめまいを覚え、病院で検査して発覚しました。その後先程書いた通り、入退院を繰り返し、良くなったり悪くなったり一進一退が続いています」と現状を明かした。


川島道行(BOOM BOOM SATELLITES)

27686036_45542


ブンブンサテライツ・川島道行さんが死去 妻・須藤理彩も追悼コメント

ORICON STYLE
2016-10-11 12:14

ロックユニットBOOM BOOM SATELLITESの川島道行さんが、9日午前5時12分、脳腫瘍のため死去した。享年47。11日に公式サイトで発表された。  

川島さんは2012年12月に脳腫瘍の症状が確認され、翌13年から活動を休止するも5月にライブで復帰。15年9月に再発し、今年6月にユニットの活動終了を発表していた。

現時点で断言できるのは、2012年12月〜2015年11月の間に、3人のミュージシャンに脳腫瘍が発症した、という事実だけです。


事実その2:
アメリカ・ネバダ州の核実験場と大量の癌・白血病死者が発生したセント・ジョージとの距離、東京駅から福島原発までの距離は、ともに220キロである

 
1951~57年に計97回行われた米ネバダの大気中核実験では、核実験場から220キロ離れたセント・ジョージで大規模な癌発生事件が続出した。

220キロといえば、福島第一原発~東京駅、福島第一原発~釜石と同じ距離
だ。
 
核実験と原発事故は違うのでは? と思われがちだが、中身は同じ200種以上の放射性物質。福島第一原発の場合、3号機から猛毒物プルトニウムを含む放射性ガスが放出されている。これがセシウム以上にタチが悪い。

3.11で地上に降った放射能総量は、ネバダ核実験場で大気中に放出されたそれより「2割」多いからだ。 


事実その3:
そのネバダ州の砂漠で、核実験期間中にロケをした主演女優、スーザン・ヘイワードは、後に脳腫瘍により死亡している

1971年に脳腫瘍の兆候が現れ入院する。その際複数の癌の病変も発見されたが、彼女は手術を拒否して投薬等での治療を続けた。

しかし1974年には症状が悪化し、7月に脳腫瘍の手術を受けた。その後も容体は好転せず、1975年3月にカリフォルニア州で死去した。

スーザン・ヘイワード - Wikipedia


先程も述べたとおり、私たちはこれらの事実について、医学的・科学的な観点から因果関係を証明することは出来ないのです。

空気中での空間線量濃縮測定値に対して、羊の甲状腺ではその1万倍の被バク量に相当する濃縮を起こし、胃腸でも数千倍濃縮濃縮が起こっていた、ということになる。

人体でも、それぞれの人間の体が集めている放射性物質の量を、直接測定しなければ意味がない。しかしそれは、すべての臓器を取り出して生体解剖しないと測定できないので不可能だ


広瀬隆著『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命


関連記事

身の周りで相次ぐ突然死。今、東京を始めとする日本で何が起こっているのか? 

有名人の突然死が増えていないだろうか?という疑問を検証する


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します