カテゴリ: ねえグーミン こっちむいて

<これまでのあらすじ>

第1話 「コンセプトをずらして、転用する」という手法を用いて開発された「抗がん剤」という〝商品〟の素晴らしさ


抗がん剤を医薬品ではなく、一つのビジネス、商品として見た時にどのように評価できるのか?
を探る連載記事。

第二回目の今回は、商品として見た場合の抗がん剤の〝魅力〟について、客観的な視点で見ていきましょう。

hospital-840135_1920-1
 
実は、純粋に商品として見た場合、抗がん剤はかなり微妙な存在です。
なぜなら、その価格に比して、商品としての効能が著しく低いから。

それでは、早速抗がん剤の実際の効能を具体的に見ていきましょう。

anticancer_img01-1

抗がん剤の効能を確認するには、個々の抗がん剤の添付文書(医者や薬剤師向けの製品情報)をいちいち確認する必要はありません。

抗がん剤が正式に認可されるための、そもそもの条件を確認すれば良いのです。

抗がん剤が薬として認可されるには、パーシャル・レスポンス(腫瘍の五〇%以上の縮小が四週間以上持続し、またその期間に新しい病変の出現が認められない状態)が、二〇%の患者に認められなければならない

ただしその効果は腫瘍の縮小であって、「治療」という言葉はどこにも使われていない。抗がん剤は、治療を求めるのではなく、どれだけ延命したかが目標とされるのである。

奥野修司著『がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生』 

この認可の基準を見ても明らかなように、そもそも、抗がん剤は癌を治療するための薬剤ではありません。
しかも、20%の患者に、腫瘍の50%以上の縮小が4週間継続すれば認可される、ということは
逆に言うと、

=残り80%の患者は、そもそも癌自体が縮小しない。
=縮小した20%の患者も、4週間経過後は、癌が再び拡大(リバウンド)する

ことを意味しています。

つまり、抗がん剤は癌を治療するという視点で見た時に、その効能から考えると、費用対効果の点で、あまり魅力的な商品ではない、ということが言えるのです。

一般的な市場経済においては、このような魅力のない商品を売ることは困難を極めるはずです。
しかし、日本では実際に癌治療を行う患者の大半は抗がん剤を選択(=買う)しています。

でも、おかしいと思いませんか?
どうして、効能の面でこれほど魅力のない商品が、これほどまでに売れ続けているのでしょうか?

その秘密は、国民皆保険制度という日本独自の素晴らしい仕組みにあるのです。


関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

top-sp
【p53誘導体DBグルコース】配合の全分子フコイダンエキス





この世は全て、5%の勝者と95%の敗者で構成されている。
これは、あらゆる世界に共通する真理だ。

ColoradoGoldRush1859

 
  • ツルハシビジネスをめぐる、イケダハヤト氏と肉級氏との戦い

VALUを巡って、高知のプロブロガー、イケダハヤト氏と29歳コンサルタントの肉級氏が、バトルを繰り広げています。

上記から、今のvaluというサービスを考えると、

金なのか岩なのかわからない山を「金の山」だと煽り、道の途中でツルハシ(ビットコイン)を売ってる

こういう風にとらえることができるのではないでしょうか。

イケダハヤトの「ツルハシビジネス」とその危険性 - 29歳コンサルタント女子が異世界から思うこと 

上記ブログのオーナーである肉級氏の主張によれば、VALUに群がる金の亡者(=情弱のカモ)にビットコイン(ツルハシ)を売るイケハヤはけしからん!ということになります。

当然、イケダハヤト氏は次のように反撃しています。 

しかし、ツルハシを売っているからという理由だけで、イケダハヤト氏が批判されるのは少々的外れだと言えます。
なぜなら、もしイケダハヤト氏が批判されてしかるべきならば、次のような方々も、同じように批判の対象になってしまうからです。

  • この世のありとあらゆる業界は、ツルハシビジネスで溢れている

◎証券会社

弱肉強食の株(投資)の世界。ここでも、最終的に生き残ることができるのは5%と言われています。

株式投資を始めても、儲けることができるようになるのは、ごく一部の人間だけだという。
 

その割合は、ある本には1割、ある本には5%なんていう数字が載っていた

新規参入者の5%の人しか残らない? - 株式投資で儲けているのは5%だけ? 

 
投資の世界では、ツルハシ(株)を買って一攫千金を夢見るのはトレーダー。 
そして、ツルハシ(株)を売ってその売買手数料で儲けているのは証券会社です。

もしイケダハヤト氏がツルハシビジネスだと言って批判されるのならば、野村証券も同じく批判されなければならないはずです。

しかし、この世の中で、野村証券がツルハシビジネスだと言って批判されているのを私はいまだかつて聞いたことがありません。

「あなたがやっているのはツルハシビジネスですか?」って野村に聞いてみましょうか?

hero_img


◎起業コンサルタント

サラリーマンの脱サラ起業も同じく生き残るのは5%。
投資の世界に負けず劣らず厳しい世界です。

そもそも私は脱サラ起業には反対です。ベンチャーキャピタリストとして多くの起業家に投資をしてきた経験からいえば、新たに会社を創って軌道に乗せるというのはとてつもなく難易度が高い。

日本では起業して
5年後に残っている会社は15%、10年後に残っている会社は、たったの5%しかありません

60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい - 現代ビジネス
 
もちろん、ここでもビジネスの成功を夢見て起業するサラリーマン諸氏たちは、起業コンサルタントに教えを受けて参戦しているはずです(中には自力で起業する方もいらっしゃるでしょうが)。

ここでも、授業料をもらって教えている起業コンサルタントは、決してツルハシビジネスなどど揶揄されることはありませんよね。

img_feb2d341958d6a1e929dba7bde799a16453232


◎医者

最後は、医療業界です。

実は、前述の世界と同様、癌治療でも、同じく5%という数字が登場します。
 
それは、抗がん剤の有効性です。

このグラフ(図2−3①)は世界的に著名な『Nature』の姉妹誌に載ったもので、市販の薬がどれくらい効いているかを数値であらわしています。さまざまな薬の中で、抗がん剤の有効性は最低の五%つまり九五%は効いていません

もっとも何を基準に効くか効かないかを決めるのが問題ですが、これは『治癒』をカウントした数値のようです。『セル(以下、Cell)』のレビュー誌は『
延命』でカウントしていますが、それでも二五%(図2−3②)です。

つまり、
抗がん剤はがんの九五%を治せないという恐ろしい『薬』なのです 

奥野修司著『がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生

例えば乳がん患者は医師が示した標準治療の一つである抗がん剤治療を目の前にして、自分だけはその幸運な5%に入れると期待して治療を開始します。

しかし、私たち患者は理解しておかなければなりません。

北斗晶や生稲晃子はたまたま幸運な5%に入っただけで、大半の患者(95%)は小林麻央のように亡くなっていくということを。

ただ、それでも私たち患者は5%に入ることを目指します。

それは、あたかも証券会社で開いた口座で株を売買するデイ・トレーダーや、起業コンサルタントの指南で法人のオーナーになる脱サラサラリーマンの如く。

その時私たちは、抗がん剤を処方する医師を、イケダハヤト氏に対するようにツルハシビジネスと言って非難するのでしょうか?

Find-Doctors talking 16

そうです。私たちツルハシビジネスのユーザが留意すべきこと。
それは、自分たちが95%の方に入る確率の方がはるかに高いということをあらかじめ認識しながら、そのツルハシビジネス(証券口座、起業コンサル、抗がん剤)を利用することなのです。 

1849年に金鉱採掘者達が西へ移動して
金鉱を掘り当てたので、そのサクセスストーリーが
話題になって、金鉱の採掘が一大ブームになった。 

ところが、金鉱採掘で最も儲かったのはだれだった
かと言えば、金鉱を掘り当てた人間ではなかった。
実は、
『つるはしとしゃべる』を売った商人だったという話。 

金鉱採掘して、もちろん大金持ちになった人も
いるが、見つからなかった人も大勢いる、
だが、
『つるはしとしゃべる』は金採掘やるすべての人が
必要なので、その人たちに対して売れば、確実に安定的に売れる。

イケダハヤトの「ツルハシビジネス」とその危険性 - 29歳コンサルタント女子が異世界から思うこと  


関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

top-sp
【p53誘導体DBグルコース】配合の全分子フコイダンエキス





chemo-abstract_oncology-new-australia-e1499727475468

抗がん剤を医薬品ではなく、一つのビジネス、商品として見た時にどのように評価できるのか?
を探る連載記事。

第一回目の今回は、商品開発のリスクに焦点を当てながら、抗がん剤ビジネスの素晴らしさについて、考察していきます。

  • 抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器であるマスタードガスだった
皆さんは、抗がん剤のルーツが、毒ガス兵器だったという事実をご存知でしょうか?

まず、「抗がん剤」という薬剤が世に登場したきっかけをご存じでしょうか。抗がん剤の起源は毒ガスだと言われています。今なら「化学兵器」と呼ばれるものです。

第二次世界大戦中の1943年12月、イタリア南部バーリ港に停泊していたアメリカの輸送船「ジョン・ハーヴェイ号」がドイツ軍の爆撃を受け、積み荷の大量のマスタードガスが海に漏れ出し、連合軍兵士らが大量に浴びるという事件が起こりました。

翌朝から、兵士たちに失明や化学物質によるやけどなどの症状が表れはじめ、中には血圧低下やショックを起こして白血球値が激減する人が出ました。 

抗がん剤 毒ガスから生まれた救世主 - 医療プレミア(毎日新聞) 

上記の出来事をきっかけに、マスタードガスには、白血球を減少させる効果があることがわかり、そこから、白血病や悪性リンパ種向けの抗がん剤の開発へと繋がっていきました。

このことから、マスタードガスに白血球を減少させる作用があると考えられるようになり、白血病や悪性リンパ腫など白血球が増えすぎる血液のがんの治療薬としての研究が始まりました。マスタードガスの分子を一部入れ替えた毒ガス、ナイトロジェンマスタードが後に最初の抗がん剤となります

抗がん剤 毒ガスから生まれた救世主 - 医療プレミア(毎日新聞) 

こうして、戦時中は戦争のための兵器だったマスタードガスが、戦後は、人々の病気(癌)の治療のために使われる抗がん剤へと姿を変えることになったのです。


ここで、一見、抗がん剤とは直接関係が無いと思われる商品を一つ、取り上げます。

その商品の名前は、『マカロンレースマスク』です。
 
一方、ここで紹介する企画商品も「花粉対策」のマスクなのですが、当然普通のマスクではありません。以下の写真をご覧ください。甘ーい!

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ | コマースデザイン

03021337_58b7a1a139663

抗がん剤とこの甘いマスクには一見、何の関係も無いように思えます。
ところが、この2つは、その分野は違えど、全く同じ手法にて開発された〝商品〟なのです。 

  • 既存の商品に、新たなコンセプトを与える 
その手法とは、既存の商品に今までに無い全く新しいコンセプトを与えることによって、異なる商品として売り出すというもの。

まず、【ずらす】という考え方について紹介します。とある商品について、普通とは違う「新しい使いかたを提案」し、「新しい価値を提供」することです。

商品を作る際には、「投資」が必要です。リスクがあります。

でも既存の生産設備や原材料を転用するだけなら、リスクが少なくなります。つまり「既存の商品を少し変える」だけなら、ゼロから込み入った商品を企画するよりもはるかに簡単にできます。 

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ | コマースデザイン 

これは正に、戦時中の殺人兵器を、人々の暮らしに役立つ電力供給装置に変えたケース(=原子力発電)と同じく、人々の生命を救う医療のための薬剤(=抗がん剤)として生まれ変わらせたスバラシイ発明です。

同時に、単なるビジネスとして評価した際にも、既存の原材料を転用しているという点で、ずば抜けて投資効率の良い商品だと言えるのです。


関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

dtl_ab001_01
あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】





この世には、全て、表と裏の世界があります。
表の世界は、私たちが普段常識だと思っている意識の中に刷り込まれた世界です。

◎表の世界

・警察


・検察


・医者


しかし、残念ながら、私たちが知りえない、裏の世界が確かに存在します。
それは通常は、表には出てこないのですが、時たま、裏と表の世界の境界線にふとした綻びが生じた時に、一時的に私たちの眼前に現れるのです。


◎裏の世界(=本当の世界)

・警察


・検察


・医者



s_aibou-880x644

上記の『裏の世界』のツイートを見て皆さんは次のように思われるのかもしれません。
『世の中には、悪い警官(または検察官または医師)もいるのだな…』と。

しかし、その発想こそがすでに洗脳されている証拠です。
そもそも、警察も、検察も、医者も、決して私たちを守ってくれる正義の味方ではありません。
本当は正義の味方でもなんでもない彼らの存在を、あたかもそれであるようにカモフラージュするために、上記のテレビドラマが制作されているのです。

つまり、「相棒」、「HERO」、「A LIFE〜愛しき人〜」が制作され、大物キャストが動員され、高視聴率を記録するのは、ある意味必然の出来事なのです。

s_contrailstudy

私のブログの主要なテーマは、癌予防です。
そのブログで、どうしてテレビドラマを題材に取り上げるのか?

それは、この裏の世界の存在を知ることが、結果に私たち自身の生命を救ってくれると、私が信じているからです。

医学や医療にぎりぎりまでかからないこと、これが健康であることや殺されないための最も重要な秘訣だが、一般の人にはそのような発想自体が思い浮かばない。
現代の医学とは、かかればかかるほど悪くなるのである。悪くしないと儲からないのだから。
要するに極論すれば、殺人するためにこそ現代医学は存在する

内海聡著 『医学不要論
 

関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

dtl_ab001_09
あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】





ミトコンドリアと水素の研究でお馴染みの日本医科大学の太田成男教授。

その太田教授の著書『水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか』に、興味深いエピソードが記されています。


pixta_1704892_S

実は、水素には、放射線の害を防ぐ力があることがわかっています。
太田教授がその事実を知ったのは、ある論文が発表されたことがきっかけでした。

放射線の副作用を軽減する抗酸化剤アミフォスチンがアメリカではクスリとして承認されています。しかし、残念なことにこのクスリは、副作用が強く、限定的な使い方しか認可されていません。
そんなとき、この放射線の副作用を軽減するアミフォスチンと水素の効果を比較した論文が発表されました。水素がアミフォスチンと遜色ない効果を示すことが証明されたのです。
放射線の害は、放射線と水が反応して、活性酸素が生じることによるものです。
水素には、副作用がないので、放射線の健康被害から守るには最適なのです。

太田成男著『水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか

この事実を知った太田教授は、福島原発で働く作業員の方々に水素水を配ることを提案します。
水素が放射線による害を軽減する効果を持つことから、当然のことだと思います。

ところが、この申し出を、東京電力とゼネコンは断りました。

私は、当然、福島第一原発の危険エリアでいまも働く作業員たちに水素水を配ることを提案しました。
水素水を毎日飲むことで、間違いなく放射線被害を軽減できるからです。
しかし、東京電力も除染をしているゼネコンも私の申し出を受け入れませんでした。水素水を受け入れるということは、いまある放射能の危険を認めることになってしまう、ということでした。

太田成男著『水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか

上記の著書にも記されている通り、東電とゼネコンが太田教授の申し出を断った理由は…。

『水素水を受け入れるということは、いまある放射能の危険を認めることになってしまう』

というものでした。

確かに水素水の提供を受け入れてしまったら、自ら放射能汚染の事実と、それによる人体への影響を認めることになってしまいます。彼らが頑なに水素水を受け入れたがらない心理は必ずしも納得はできませんが「原子力ムラ」の構造を考えれば理解できないことはありません。

しかし…、本当にそれだけが理由なのでしょうか?

私には、その裏にはもっと重要な理由がもう1つ隠されているのではないか?と疑っています。

その理由とは…

『水素が放射線による被害を軽減できる、ということを認めたくない』

ということです。

どういう意味でしょうか?

今からその理由を説明します。

20140310-00000001-wordleaf-0dfab39576f5061fb20ee95f7ae950dc5

まずここで私たちが認識しておかなければならないのは、この世の中はすべて、マッチポンプの原則により動かされているという事実です。

今回のケースで言うと、原発により放出された放射性物資によって人々が癌になり、癌になることで手術、放射線治療、抗がん剤による治療を受ける。その結果、莫大な医療費が医療関係者(病院や製薬会社)に転がり込んでくる。

という構図です。

つまり、日本政府が原発を稼働したがるのも、その究極の目的はエネルギーを確保することではなく、私たち庶民を癌にすることにあります。
残念ですが、これは疑いようのない事実です。

優生学の原点に返れば、〈彼ら〉は自分たちに永久不変の権力を、我々に対しては徹底的なまでの汚辱を与えようとするだろう。とすれば医薬や、添加物や、農薬や、放射能などを用いて、我々をどこまでも傷つける必要がある。
とすれば、何が起きるだろうか。まず、病気になる。そして、多くの人は医者にかかる。すると、医原病と薬害におちいり、ますます死に近づく。すぐには死ななくとも、病院に通院している人間は、もはや奴隷でしかない。

内海聡著『99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!

こうした主張はともすれば陰謀論のように捉えられるかもしれません。
そして、おそらくそれに対して次のように反論してくる方もいらっしゃるでしょう。

〈彼ら〉が私たち庶民を癌にさせたがっているのはわかった。
でも、仮にそうだとしても、原発が爆発した結果、〈彼ら〉も私たちと同様、癌の危険にさらされているではないか?
自分たちの身を危険にさらしてまで、〈彼ら〉はそんなことをわざわざしようとするのだろうか?

もっともな主張です。

しかし、もし彼らが、放射性物質を体内に取り込んだとしても、それを無毒化できる方法を知っていたとしたらどうでしょうか?
〈彼ら〉は自らの体を無毒化しつつ、私たちが癌でもがき苦しむのを横目に高みの見物をすることができるはずです。

もちろん〈彼ら〉は、こうした毒を極限まで避けているので、スタートラインから大きなアドバンテージを得ることになる。さらにいえば、〈彼ら〉はこうした毒を「無毒化」する方法を知っている。こうした徹底的な差別化は、まさに優生学の考え方そのものだ。

内海聡著『99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!

やはり問題なのは、〈彼ら〉はこのことを当然すべて知っているということだ。
 
だから、〈彼ら〉の手下である大金持ちたちは総じて長寿なのだ。西洋医学など一切使わず、こうした真の最先端医学や、波動医学をこっそり使っているのだ。デイヴィッド・ロックフェラーが、波動医学の一種であるホメオパシーを愛用しているのはあまりに有名である。

内海聡著『99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!
 
そして、上記の内海聡氏の著作に書かれている、〈彼ら〉が知っている『毒を無毒化する方法』の1つが、水素水なのです。

〈彼ら〉の仲間である東京電力やゼネコンが、意地でも水素水の提供を受け付けない真の理由もここにあります。
もちろん、ここ最近の水素水に対する消費者庁や国民生活センターの対応、それに付随して沸き起こった水素水バッシングも、この一環でしょう。

放射能の問題も、医学の問題も、食の問題も、もとをたどれば根幹は一緒だ。要するに、すべては〈彼ら〉が規定している。
そんな〈彼ら〉がもっとも恐れているのは、そのことに市民が気づき、自分たちに逆らってくることだ。

内海聡著『99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!


関連記事

水素水販売3社に行政処分。なぜ水素水だけが執拗に叩かれるのか?その理由を解説します


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








↑このページのトップヘ