カテゴリ: 水素と電子の不思議

沖縄料理の定番ゴーヤチャンプル。

本日の記事では、このゴーヤチャンプルの効能を、アンチエイジングと癌予防の観点かつ科学的、医学的な見地から語っていきたいと思います。

chanpuru

名付けて、ゴーヤチャンプルを科学する!

早速、ゴーヤチャンプルの材料を見てみましょう。

材料(2人分)

にがうり(ゴーヤ) 1/2本
豚肉(薄切り) 100g
卵 1個
木綿豆腐 1/2丁
サラダ油 大さじ1
かつお節 適量

ゴーヤチャンプルーのレシピ・つくり方 - キッコーマン 

さて、それでは、これらの材料がなぜ、アンチエイジングと癌予防の観点で有効なのか、それぞれの成分を基に、分析していくことにします。

・にがうり(ゴーヤ)
a829c888

まず押さえておかなければならないのは、ゴーヤには豊富なポリフェノールが含まれているということです。

これから旬を迎える「ゴーヤ」。鮮やかな緑色がいかにも抗酸化力の高そうな野菜ですよね。ゴーヤは、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールが豊富で、美容と健康に役立つ野菜です。

意外なアレでコーティング!ゴーヤの苦味を和らげる食材3つ - LAR 

そして、このポリフェノールから、水素が取り出せることがわかっています。

小鹿 後に、こんなに面倒くさいことをやらなくても、中にポリフェノールをたくさん含んでいる食材は、もともと水素があるんだということがわかって、ある程度、帯電列表に基づいた容器が使われれば、全部はね返って取り出せるということに気づくわけです。要はポリフェノールさえくっついていれば、水素はとれる

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

これにより、ポリフェノールが含まれているゴーヤを摂取した人間の体内では、大量の水素が発生していることがわかります。


・豚肉
pig

それでは、その水素で満たされた体内に同じくゴーヤチャンプルに含まれている豚肉が入ってきた時に、何が起こるのでしょうか?

同じく内海聡氏の著作『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』には、豚肉に関する衝撃的な事実が記されています。

小鹿 はかっていってわかったことは、電子と水素は食べ物全部にある。新鮮な食べ物を食べていればいいじゃないかということになったわけです。お肉もあるじゃないか。僕が買ったのは酸化したお肉です。これは殺されてから何週間かたっているはずです。ところが、このお茶の中、ないしはここでつくった飲み物の中に30分浸けると、生きている豚が持っていた水素量、電子量に大体戻ることを確認した

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

ここで言及しているお茶とは、「低電位水素茶製造ボトル」(通称「ありがとうボトル」)で作った水素茶のことを指しています。

IMG_0052-2
「低電位水素茶製造ボトル」(通称「ありがとうボトル」)

「ありがとうボトル」は、還元作用を体現する代表的なオカルト商品です。このボトルは陶器のボトルにお茶を入れると、高い酸化還元電位(マイナス400〜600mV)が測定でき、水素が発生するお茶ができるというトンデモ商品です。水素が発生することは実験でも証明されており、本当はトンデモでもなんでもありません。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

つまり、体内で発生した大量の水素に触れた豚肉は、それが生きていた時に含まれていた水素(電子)の量まで戻るという衝撃の事実が判明したのです。

これにより、ポリフェノールが含まれる野菜とともに摂取した動物の肉が、その動物が生きていた時の水素(電子)量を取り戻すことで、それを食べた人間の体内の水素量が益々増加していくことになるのです。


・卵
hipwee-how-long-do-eggs-stay-good-in-the-refrigerator-750x421

続いて、卵です。

その理由はあとで述べるとして、卵には毎日とるに値する重要な成分が含まれているから、お勧めしています。
そのひとつは、ポリフェノールの一種のルテインで、目の老化を予防する成分として知られています。

オーガスト・ハーゲスハイマー著『若返りスイッチをONにする食べ方: 脳は、あなたの体を何歳と判定するか?

このように、卵にも、ポリフェノールが含まれています。
ということは、前述のゴーヤや豚肉と同様に、摂取した卵からも水素(電子)が取り出せる、ということになります。


・木綿豆腐
1456948407730

木綿豆腐も、豚肉と同様に、体内の水素と混ざり合うことで、その水素(電子)量が、大豆本来の持つポテンシャルまで引き上げられるという、これまた衝撃的な事実が判明しています。

驚いたのは、お豆腐は、枝になっていたときの大豆の水素量に戻った。僕が買った36円の一番安いお豆腐は、買ったときは当然のことながら酸化物です。電子も水素もない。ただ、30分浸けてみると戻った。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 


・かつお節
0010000000052

最後に、かつお節です。
皆さんは、かつお節も、そもそも発酵食品の一種だということはご存知でしょうか?

「世界でもっとも硬い発酵食品」といわれる鰹節。鰹を三昧におろし、大きな鰹の場合はさらに半身を背肉と腹肉に身割りして煮たあと、いぶして乾燥させます。 

小泉武夫・金内誠・舘野真知子監修『すべてがわかる! 「発酵食品」事典』 

そして、驚くことに、発酵食品そのものからも、水素(電子)が発生することがわかっています。

内海 僕も最初にこれを教えてもらったときはオカルトだと思いましたけども、実際に数字が出てますから、オカルトで済ませられないところがあるんです。最初は、先ほど言った層構造で電気が流れているというお話を聞いて、なるほどなと思ったんです。でも、小鹿さんも発酵技術の応用だということを言われる。通常、発酵食品でも、僕らの腸の中で菌そのものから電子が出ることは実際にわかっている

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

このように、食べるだけで体内に水素(電子)が溢れ出すゴーヤチャンプル。
癌予防にも最適な食べ物だということがわかります。 

しかし、ここまで読んできた読者の中には、次のような疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

それは、なぜ身体が水素(電子)で満たされると癌にならないのか?というものです。 

活性酸素は非常に不安定な1個の電子を持ち、他の物質から電子を奪い取って安定しようとする。電子を取られた物質は大変に不安定なため、新たに電子を他から引き取って安定する。しかしこの状態は元の正常状態ではなく、いわゆる酸化物質となってしまう。このような酸化はドミノ倒し的に連続して起こる。これがフリーラジカルによる現象である。

シミやシワや簡単な風邪だけでなく、がんも生活習慣病も難病もすべてこの活性酸素・フリーラジカルが主たる原因である

及川胤昭・鶴見隆史著『がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡』 
 
癌は活性酸素により電子を奪われ、細胞が酸化した結果発症するのです。

したがって、癌を発生させるのが電子(水素)不足だとしたら、その電子(水素)を供給してあげれば活性酸素や電子を奪われ酸化した細胞が還元されることで、癌は消えていきます。

原子の世界で言うと、原子の周りを電子が回っています。8個回っていると鉄になったり、いろいろな形になります。そのときにラジカルの電子、マイナスイオンがとられると不安定な状態になるから、活性酸素が発生する。しかし、余ったマイナスイオンがいっぱいあると、すぐに電子がくっついてくれるから、安定的に回る。不安定な状態を起こさない。ラジカルフリーになることはないのです。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 
 
最後に、このゴーヤチャンプルを美味しく作る、かつ発癌リスクを下げるためののレシピとそのポイントを解説しておきます。
ゴーヤチャンプルーのレシピ・つくり方 - キッコーマンに掲載されたレシピを、より発癌リスクを下げるように一部アレンジしています。)

材料(2人分)

ゴーヤ 1/2本
豚肉(薄切り) 100g
卵 1個
木綿豆腐 1/2丁
サラダ油 大さじ1
かつお節 適量

(A)
醤油
日本酒


1.にがうりは縦半分に切り、スプーンなどでわたをきれいに取り除き、2mm厚さの半月切りにする。ボウルに入れて塩(分量外)でもみ、水で洗い、水気をきる。 

発癌リスクを下げるポイント①:塩は精製塩を使わない。

塩選びも非常に重要です。市販されている塩の大半は化学的に精製された「精製塩」で、精製塩のほぼすべてが「塩化ナトリウム」で構成され、天然の塩が持つ様々な価値を残していないからなのです。
精製塩は人間にとって必須のミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)がほとんど取り除かれていますその結果、体内のミネラルバランスを狂わせてしまうのです。

内海聡著『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』 
 
2.卵は溶きほぐす。

3.豚肉はひと口大に切る。

4.豆腐は水きりし、手でひと口大にちぎる。 

5.フライパンにサラダ油を熱し、卵を流し入れて半熟に炒め、取り出す。 

6.同じフライパンで豚肉、ゴーヤ、豆腐を別々に炒め、卵をもどし、(A)で調味する。 

発癌リスクを下げるポイント②:醤油は本物を使う。 

ところが、市場に出回っている一般的な安いしょうゆの原料は、「丸い大豆」ではありません。大豆から油をしぼった残りカスの、「脱脂加工大豆」が、今どきのしょう油の原料だというから驚きですね。
この脱脂加工大豆を強制的に発酵させると、しょう油は1カ月もかからずにできてしまいましす。天然発酵・熟成を経ないしょう油は、しょう油本来の旨味に欠けるため、化学調味料や酸味料等の添加物に頼ることになります

秋山龍三著『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」』 
 
発癌リスクを下げるポイント③:日本酒は無濾過・無添加の自然酒を使う。 

お酒というと身体に悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、昔から「酒は百薬の長」と言われてきました。昔のお酒はしっかりと発酵していて、それが身体にいい影響を及ぼしていたのです。

秋田大学の滝沢行雄名誉教授の出した論文によれば、ガン細胞に昔ながらの日本酒を入れると、ガン細胞が死んでしまうのだそうです。ここでいう昔ながらの日本酒とは生酛造りの純米酒のことで、他の蒸留酒にはこの現象は現れなかったんだそうです。
 
微生物が生きている自然酒については、以下の記事にて紹介していますので参考にして下さい。

参考記事:悪酔いしない。美肌効果・癌予防も!私が無濾過・無添加の「寺田本家」の自然酒をオススメする3つの理由


上記のレシピでも書かれている通り、ゴーヤチャンプルを美味しく作る最大のコツは、個々の具材を別々に炒めて、最後に混ぜ合わせることです。

私も実際に上記のレシピの通り作ってみましたが、(もちろん塩、醤油、日本酒とも〝本物〟を使いました)最高の味でした。

みなさんが、ゴーヤチャンプルを楽しみつつ、癌予防していただけたら、これに勝る喜びはありません。


関連記事>>コーヒー1日5杯で肝臓ガンのリスクが半減!? その理由を水素と電子の観点から解説します


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

iStock-472077037

「最後の被爆地に」=キャンドルに平和の願い-長崎

時事通信
2017/08/08-20:49

72回目の原爆の日を前に、長崎市の平和公園で8日夜、キャンドルに明かりをともす「平和の灯(ともしび)」が行われた。手作りのキャンドル約4000本が会場を照らし、参加者は「最後の被爆地に」との思いを新たにした。

1945年8月9日、長崎へ投下された原子爆弾は、多くの命を一瞬にして奪い去ります。
また、奇跡的に生き残った人たちも、その後、原爆症(放射能症)に苦しみながら次々と亡くなっていきました。

そんな中で、原爆症(放射能症)を発生することなく、奇跡的に生き残った(もちろん後遺症も無しに)人たちがいます。

なぜ彼らは生き残ることができたのか?
今回の記事では、水素と電子の観点から、その謎に迫ってみたいと思います。

  • 玄米と塩、味噌汁を飲んでいて生き残った人たち
まずはじめに紹介するのは、爆心地からわずか1.4㎞の距離にある浦上第一病院(戦後に聖フランシス病院と改名)で自身も被ばくした故・秋月辰一郎医師と看護師、患者一行のケースです。

最初に、秋月氏自身の著作『死の同心円―長崎被爆医師の記録』から、そのくだりを紹介します。

被爆以来、全身火傷やガラス創などの治療に専念してきた私は、八月十三日ごろから新しい疾病に直面した。あとになって、原爆症と呼ばれるものである。
私は想像と推理によってこれを「レントゲン・カーター」に似たものと断定し、私がそれに苦しめられたとき、よく食塩水を飲んだことを思い出した。レントゲン・カーターの患者に、生理的食塩水より少し多く塩分を含んだ水を飲ませることは、レントゲン教室で働いている者の常識であった。

私には原子生物学の知識はなかったが、
「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ
と主張し、職員に命じて強引に実行させた。
 
虚弱体質の私が、千四百メートルの距離で被爆しながら原爆症にならず、病院の職員や患者全員がレントゲン・カーターに似た自覚症状を感じながら、なんとかそれを克服し、働きつづけることができたのは、私はやはり食塩のおかげであり、秋月式栄養論の成果であったと思う。

秋月辰一郎著『死の同心円―長崎被爆医師の記録』 

このように、病院の職員や患者は、秋月氏の教えを守り、①玄米を食べ②味噌汁を飲み③砂糖を避けることで、原爆症(放射能症)から自らの身を守ることに成功したのです。

  • 日本酒を飲んでいて、原爆症を免れた人たち
死の同心円―長崎被爆医師の記録』には、上記のケースだけでなく、日本酒を浴びるように飲んでいて奇跡的に一命を取り留めた男性のエピソードについても書かれています。

反(そり)工師は爆心地から千五百メートルの距離で、防空壕の下検分をやっているとき、露天で被爆して負傷した

彼はその日の夕方、田中工務課長もいるところにたどりついたが、焼けただれて、課長はすぐには反(そり)工師とはわからなかったという。

「君はだれかね」
 
「反(そり)です。田中さん、やられましたよ。どうせ長いことはない。どうせ死ぬなら、一杯やりたいもんだ。酒はありませんか」
 
「酒はないが、アルコールならある」
 
反(そり)工師は、火傷をしているのに、チビリチビリとアルコールをうすめて飲みはじめた。身体が燃えるように熱く感じて、工場の外の川に身を浸して、飲みつづけた。
 
彼はその後元気になったが、同じ場所で同じように被爆した三人は、一週間以内に死んでいる。これで、原爆には酒がいいという話が広まった

秋月辰一郎著『死の同心円―長崎被爆医師の記録』 

もちろんこれだけなら只の偶然で片付けられてもおかしくありません。
しかし、同じく日本酒を飲んでいて奇跡的に助かった事例が他にもあったらどうでしょうか?

『炎の中に』の著者である田川衛生兵長は、千四百メートルのところで被爆したが、その日の午後、長崎駅から大波止のほうへ歩いてゆくと、五島町に長崎随一の酒屋があり、酒倉に人々が群らがってフラフラになるほど酒を飲んでいるのを見かけた。
 
田川さんも、水がわりに飯ごうになみなみと注いで大酒を飲み、疲れと酔いで、そのまま寝てしまい、やっと日が暮れてから大浦に帰りついた。人々は泥と血にまみれ、足もとがおぼつかない田川さんを見て瀕死の重傷と思ったが、ふしぎなことにすっかり元気になっている。とうとう急性あるいは亜急性の放射能症は出なかったのである。

秋月辰一郎著『死の同心円―長崎被爆医師の記録』 

さらにもう一つの例を紹介します。

長崎医大病院で被爆した調教授(現在長崎大名誉教授)は、爆心地からわずか六百メートルの病院内で被爆し永井隆先生や角尾学長の手当てに奔走し、大ぜいの負傷者を治療したが、八月末ごろから身体に異常を感じ、九月にはいって、亜急性放射能症が悪化した

先生自身、
死を覚悟していたが、たまたま九月二十日ごろ、医専の三年生がやってきて、先生のところに泊まった。
白血球二千、疲労感激しく、溢血斑が無数にあらわれていたので、学生に夜通し話をしかけられて。ほとほと困ったらしい。早く寝てくれないかと思っていると、学生は土間にあったアルコール瓶を見つけ、糖液でうすめて飲みはじめた
 
「先生もいかがですか」
 
「そんなものを飲んで、死んでも知らないよ」
 
「大丈夫です。メチルてなく、エチルですから……。さ、どうぞ」
 
すすめられるままに飲むと、急に身体が温まり、いくらしゃべっても疲れを感じなくなった。学生が帰ってからも、先生は朝夕、薬がわりにアルコールを飲んだ
すると、
ぐんぐん力がついて一時は危篤といわれたのに、間もなく起き上がれるようになった。アルコールが効いたとしか考えられないのである
 
こういう例はいたるところにあったらしい。何が効くかわからない。人間の腸粘膜の細胞は、ふしぎなものである。

秋月辰一郎著『死の同心円―長崎被爆医師の記録』 
 
ここまで続くと単なる偶然とは思えません。

上記の事象から、日本酒を飲むことで、放射能症による死を回避できることがわかります。

ただ、どうしても先の玄米と味噌汁の事象との共通点がわからない。
私自身も、事象についての理解はするものの、その理論的な意味づけができずに、長らく半信半疑な状態が続いていました。

この奇妙な符合の秘密は果たしてどこにあるのか?
なぜ、玄米と味噌を食べたり、日本酒を飲んでいる人だけが助かったのか?

それは、Tokyo DD Clinicの院長であり、自らをキチガイ医と称する内海聡氏の著作を読むことで明らかになったのです。

解決への1つ目のキーワードは、〝発酵〟です。

「放射能」の項にも登場した医師の秋月辰一郎さんがいうように、辛いみそ汁には意味があります。みそに含まれる塩分、そして発酵食品であることが健康にいい影響を与えるのです。
みそは、食品添加物が入っているものを使ってはいけません。「添加物なし」と書かれたみそにも、実は食品添加物が入っていることがあります。これを見抜くには、あなた自身の消費者としての目を養うしかありません。
 
昔ながらの製法による、天日干しをして天然塩だけで漬け込んだ梅干や、同じく昔ながらの製法で作られた食品添加物なしの漬物も健康にいいでしょう。
梅干や漬物に含まれる自然由来のクエン酸、菌、ミネラルなどにも、化学物質や放射性物質解毒効果があります腸内の善玉菌を増やす効果もありますので、伝統的な発酵食品を子どもになるべく食べさせましょう
 
摂るならば、みそ、醤油、納豆、漬物、梅干し、塩麹など日本古来の発酵食品がいいでしょう

内海聡著『子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)』 

まず、味噌の効用として、そこに含まれる塩分と、発酵していることが挙げられます。
ただし、食品添加物が入っていない本物の発酵食品としての味噌、という条件つきですが…。 

また、この添加物入りの味噌は、戦後になって登場してきたこともわかっています。

昭和のはじめ頃までは、一般的な味噌の熟成期間は1年から3年程度でした。
しかし第二次大戦後は、伝統製法による理想にとって代わって、効率最優先の製法で作られる「速醸味噌」が、一般的な味噌となってしまいました
速醸味噌とは、加熱して無理やり麹の働きを活発にし、本来なら1年かかる熟成時間を、わずか20日くらいに短縮して味噌を造る手法です。
この速醸味噌には、殺菌や長期保存、変質変色防止や風味づけのために、たくさんの種類の化学合成された添加物が使われています
こうして、世界に誇る伝統食である「味噌」は、まったく別のものに変わってしまいました。

秋山龍三著『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」』 

それでは、つづいて、日本酒に行きましょう。

ここで、味噌と日本酒の共通項がおぼろげに浮かび上がってきます。
それは、両方とも発酵食品であるということ。

最初に手掛けたことは、本業の酒造りでした。完全に傾いてしまった酒蔵を立て直すためにも、良い発酵場で造った本物のお酒を造ろうと決意しました。
 
本来、日本酒の材料は米と水、麹(蒸した米に麹菌を植えつけ、麹菌の酵素によって米のデンプンを糖化させたもの)のみです。いい米といい水、いい麹がそろえば、あとは酒蔵に棲みついている微生物(発酵菌)がアルコールを生み出し、米が持つ滋味滋養をいい感じで引き出して、自然とうまい酒を造ってくれます。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵』 
 
ここで、先ほどの味噌と同じ事象に遭遇します。
日本酒も、味噌と同様、戦後に普及した添加物まみれの〝ニセモノ〟を回避しないといけなくなったのです。

ちなみに三増酒とは、醸造用アルコールのほかに、ブドウ糖や水あめ、味を和らげる食品添加物、うま味調味料などを人工的に加えたものです。
もちろん、三増酒を造っても法律違反ではありません。しかし、三増酒は本来の酒とはかけ離れたものです。日本酒の体裁をとりながらも、中身は偽物と言っても過言ではありません。
なにより三増酒は、飲み過ぎると翌日には気持ちが悪くなります。これは、三増酒に含まれる添加物による悪酔いです。
戦後、ウチの蔵を含め、多くの酒蔵がこの三増酒に手を染めました。その結果、世間に「日本酒は二日酔いしやすい」という誤解が広まってしまったのです。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵
 
以上のことから、味噌も日本酒も、添加物まみれの〝ニセモノ〟が幅をきかせるようになったのが戦後(第二次世界大戦後)だということがよくわかります。

そして、これこそが、なぜ〝彼ら〟だけが原爆症にならずに生き残ることができたのか?
その真の理由を知るための鍵を握っているのです。

ここで私たちが認識しなければならないのは、味噌も日本酒も添加物まみれになったのが戦後だということは、長崎への原爆投下時に、一般の人たちが食べたり飲んだりしていたのは、まさに、〝微生物が生きている本物の発酵食品〟だったという厳然たる事実です。

そして、 〝微生物が生きている本物の発酵食品〟を体内に入れた時、私たちの身体の中では、一体どんなことが起こっているのでしょうか?

その鍵を握るのが、ズバリ、水素と電子なのです。

編集部 ポリフェノールと水素の関係を説明している人は、小鹿さん以外にはいないんですか。  

小鹿 いません。そんなアホなこと、誰も考えていない。

内海 僕も最初にこれを教えてもらったときはオカルトだと思いましたけども、実際に数字が出てますから、オカルトで済ませられないところがあるんです。最初は、先ほど言った層構造で電気が流れているというお話を聞いて、なるほどなと思ったんです。でも、小鹿さんも発酵技術の応用だということを言われる。通常、発酵食品でも、僕らの腸の中で菌そのものから電子が出ることは実際にわかっている

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 
 
小鹿 直接調べたわけじゃないから、確かな情報じゃないかもしれませんが、広島に原爆が落ちたときに、草木は100年生えないと言われた。ところが、3年で放射能が自然になくなった場所があるんです水田です

8月に原爆が落とされて、9月に神の雨が降ったというくらい、広島は雨が多かったのです。
水田だから水がたまる。8月の時点では、稲穂が立っているのです。そこに放射線が来たわけでしょう。そこに水がついて、もともと泥の持っている電磁波と重なった。稲穂が立っていて緑のクロロフィルが来て、泥の電磁波が振動を起こせば、ここで水素と電子が出ます

だから、放射性物質を還元していくことがそれでわかると僕は思うわけです。何であろうが緑のものが来て、泥があって、水がついた時点で水素と電子があふれてくるそのことによって放射性物質は還元されていく

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

ようやく答えに辿り着いたようです。

あの日、原爆が投下された直後の長崎で、味噌汁を毎日飲んでいた秋月辰一郎医師の一行や、浴びるほど日本酒を飲んでいた人たちの腸の中では、本物の発酵食品の中に含まれる微生物(菌)から出た大量の水素(=電子)で満たされていたのです。

その電子により、彼らの身体を蝕もうとしていた原爆による放射性物資が還元された。 

その奇跡は、福島原発が爆発後の私たち東京都民にもそのまま、当てはまるのではないでしょうか?


関連記事

「なぜ放射性物質に味噌や日本酒などの発酵食品が有効なのか?」を水素と電子の観点から考察します


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








72年に思う 核廃絶へ語り継ぐ /広島

毎日新聞
2017年8月7日

6日、広島は72回目の原爆の日を迎えた。
米軍が投下した1発の爆弾は、一瞬で大勢の命や生活を奪い、生き残った人たちは今も後遺症に苦しむ。

72年前に原爆が投下された広島。
一瞬にして廃墟と化したその街には、その後100年は草木も生えないだろうと言われていました。

しかし、不思議なことに、その中で、3年で放射能が無くなった場所があったのです。

それが、水田でした。

caa165c0198ec62628f227227cce785a_l

その理由について、『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』から紹介します。

この書籍は、我が家でも愛用している低電位水素茶製造ボトル『ありがとうボトル』の開発者であり、株式会社OJIKA Industryの代表取締役社長・小鹿俊郎氏と、断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長の内海聡医師のインタビューにより構成されています。

IMG_0052-2
低電位水素茶製造ボトル『ありがとうボトル

小鹿 直接調べたわけじゃないから、確かな情報じゃないかもしれませんが、広島に原爆が落ちたときに、草木は100年生えないと言われた。ところが、3年で放射能が自然になくなった場所があるんです水田です

8月に原爆が落とされて、9月に神の雨が降ったというくらい、広島は雨が多かったのです。
水田だから水がたまる。8月の時点では、稲穂が立っているのです。そこに放射線が来たわけでしょう。そこに水がついて、もともと泥の持っている電磁波と重なった。稲穂が立っていて緑のクロロフィルが来て、泥の電磁波が振動を起こせば、ここで水素と電子が出ます

ただし、日本は四季があり、寒い時期があります(温度が低い)。熱帯地域ではないから、反応は4カ月と考えれば、3年で12カ月で数字は合います。秋の収穫が終わって、冬は休んで、春に植えて。

だから、放射性物質を還元していくことがそれでわかると僕は思うわけです。何であろうが緑のものが来て、泥があって、水がついた時点で水素と電子があふれてくるそのことによって放射性物質は還元されていく

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

これは非常に興味深いエピソードです。
もしもこれが事実だとすれば、福島原発事故後の関東圏に住む私たちにとっても大きなヒントになります。

なぜなら、上記の事実は、体内を水素や電子で満たせば、放射性物質による内部被ばくを防げることを意味しているからです。


放射性物質を還元し、発癌リスクをも低下させる『ありがとうボトル』。

Amazonのほか、うつみんのセレクトショップでも、好評発売中です。


関連記事

「なぜ放射性物質に味噌や日本酒などの発酵食品が有効なのか?」を水素と電子の観点から考察します


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








コーヒー1日5杯で肝臓ガンのリスクが半減!?

コスモポリタン
2017年8月4日 19時6分

サウサンプトン大学とエジンバラ大学の合同研究チームによると、コーヒーをよく飲む人は、あまり飲まない人に比べて肝臓ガンのほとんどを占める肝細胞がんになる確率が低いのだとか。

225万人を対象にした26もの研究データから、コーヒーを1日に1杯飲むと肝細胞ガンになるリスクが20%減少。1日に2杯飲むと35%も減少することが分かったのだそう。

学会誌『BMJ Open』に掲載された研究によると、1日に5杯のコーヒーを飲むとリスクが半減したそう。

論文の筆頭著者のオリバー・ケネディ医師(サウサンプトン大学)は「コーヒーにはさまざまな健康効果があることが広く知られていますが、最近になって肝臓ガンのリスクを大きく減らす効果があることが分かってきました」とコメント。
 
上記の記事でも紹介されているコーヒーの抗がん作用。
その秘密は、コーヒーに含まれるポリフェノールにあります。

82edd_1574_aae3c34e86141608ced81106c4e339ed

コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。その量はカフェインよりも多く、コーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっています。
コーヒーの飲用が、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効であるという研究成果が相次いで報告され、その効果にクロロゲン酸などのポリフェノールが持つ抗酸化作用が寄与しているのではないかと、注目を集めています。
 
ポリフェノール - 全日本コーヒー協会

このポリフェノールにどうして抗酸化作用があるのか?
それは、ポリフェノールに含まれる水素と電子によるもの。
そのことを証明してくれるのが、我が家でも愛用している、うつみんの『ありがとうボトル』です。 

IMG_0052-2

ありがとうボトル」は、還元作用を体現する代表的なオカルト商品です。このボトルは陶器のボトルにお茶を入れると、高い酸化還元電位(マイナス400〜600mV)が測定でき、水素が発生するお茶ができるというトンデモ商品です。水素が発生することは実験でも証明されており、本当はトンデモでもなんでもありません。

この陶器は水では使用できません。お茶でなくてはならず、その理由はポリフェノールから水素をつくり出すからです。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

小鹿 ポリフェノールの構造は、OH、OHで、こんな形でくっついているわけです。ここがCとOで結ばれていて、ここだと5個ついています。体が酸化していると、これが体内で外れないわけです。本来は体の中で、食べ物から水素を取り出していると考えられる。ところが、体が極端なストレスを受けたり、老化したり、酸化すると、これが外れないから病気になっていると考える。 ところが、栄養学をやっている人たちは、ポリフェノールが水素だということを、まず理解してない。水素水を疑似的につくっている人たちは、水素がポリフェノールの中にあるということも余りわかっていないと、僕らは考えました。自然の食品の中に、体によい食べ物には、ポリフェノールは全部あるわけで……。

内海 水素があるというよりも、3層構造で電気の流れを作っていて、その中で化学反応が一度起きて、そこのOH基から水素イオンなり水素の分子なりをつくっていると捉えればいいんですね。

小鹿 つくるんじゃなく外れる。

内海 OHの中のHだけが外れるという理解ですね。ということはポリフェノールがある限りは、Hが出っ放しになるということですね。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ

水素の発生源はポリフェノールですから、当然コーヒーからも水素が取り出せます。

編集部 コーヒーでも水素が出るそうですが、コーヒーも焙煎するときに熱が通っていますね。
 
小鹿 中で結構頑張っているんでしょう。特に豆の殻の部分が自分の子どもである中身の豆を、守っているということがありますね。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 
 
コーヒーのポリフェノールから水素が取り出せることはわかりましたが、
それでは、なぜ、水素によって癌が予防できるのか?
それは、水素と一緒に発生するマイナスイオン電子の働きによるのです。

小鹿 還元ボトルは、水素と電子があふれ出すということで、僕は水素の量よりもマイナスイオンの量を物すごく気にしています。

普通の人が健康でいたいというときには、水素は関係ないんです。まずイオンがあるかないかがすごく大事で、余分なマイナスイオンを体の中にいっぱいため込んでおくのは、フリーラジカルをつくらない一番の方法なんです
 
原子の世界で言うと、原子の周りを電子が回っています。8個回っていると鉄になったり、いろいろな形になります。そのときにラジカルの電子、マイナスイオンがとられると不安定な状態になるから、活性酸素が発生する。しかし、余ったマイナスイオンがいっぱいあると、すぐに電子がくっついてくれるから、安定的に回る。不安定な状態を起こさない。ラジカルフリーになることはないのです
 
体で病気をつくらないというのは、マイナスイオンに決まっていると僕らは思っているわけです。ですから、水素計とORPメーター(酸化還元電位計)と、どっちを買うかと聞かれると、必ず酸化還元電位計を買いなさいと言います。水素は電子と一緒にくっついてきますから。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 

いかがでしょうか?
癌の原因とされる活性酸素を除去してくれる電子(水素)。
その電子を発生させるポリフェノールを豊富に含んだコーヒーは、
癌予防に最適の飲み物だったわけですね。


関連記事

アンチエイジングの味方、野菜と果物に含まれるポリフェノールから水素が発生するという驚きの事実!


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








小林麻央さんが亡くなりました。
 
私にとってショックだったのは、朝日新聞での彼女の死去を伝える記事の写真を見たときでした。

正直な感想を述べましょう。

「麻央さんはこんなにも美しかったのか?」

AS20170623001325_comm


私が小林麻央さんに注目するようになったのは、昨年彼女が癌闘病のブログ「小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」Powered by Ameba」を開設してから。

つまり、癌患者になってから後の麻央さんの写真のイメージが強く、以前の麻央さんがどうだったのか、記憶があやふやなまま、上記の(婚約会見時の美しかった)麻央さんの写真を改めて見て、衝撃を受けたのです。

癌はこうも人の容姿を変えてしまうのか?と。

o0480064013929981836


これまでも、亡くなった有名人の亡くなる直前の写真を見てきました。
そこには、ある共通点があります。


◎竹田圭吾 
tsuito160115-thumb-720xauto

日本のジャーナリスト。2001年から2010年まで『ニューズウィーク日本版』編集長を務めた。
竹田圭吾 - Wikipedia 

2016年1月10日(満51歳没)/膵臓がん
dc83f905


◎平尾誠二
AS20151210000716_comm

日本のラグビー選手。日本代表選手であったほか、日本代表監督、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーなどを歴任した。
卓越したプレーと端正な顔立ちからラグビー界を超えた人物となり、ついにはミスター・ラグビーとまで呼ばれるようになった。
平尾誠二 - Wikipedia 

2016年10月20日(満53歳没)/胆管細胞がん
51015b04fe7c02af7ae1c4d3c97184fb


これらの有名人の変わり果てた姿を見て、気付くことはないでしょうか?

それは、顔が痩せこけているのはもちろん、私が最も印象的だったのが、瞳に力が無いことです。
一言で言うと、オーラ(エネルギー)が消失しているのです。

今回の記事では、なぜ末期癌の患者はその瞳のエネルギーが消失するのかを、水素と電子の観点から考察していきます。

電子還元作用が人体の健康や酸化にとって、重要な防御となるのは説明しました。問題はその電子や電気は本質的にどこを流れどこに行きつくのか、何が関連しているのかを考察することの重要さです。そしてそのことは栄養学の限界や、水素および電子の意味不明な効果にも結びついているのですが、ほとんどの人にはオカルトで片付けられてしまっているようです。
マイナスイオン電子(e-)の大きさは原子核の1兆分の1センチ(10のマイナス12乗㎝)の超微粒子で、これは自然界で最も小さな粒子とされています。マイナスイオン電子はソマチッド(ガストン・ネサンが発見した微小生命体と仮説的に考えられているもの)のエサとなっているかもという説が存在します。そしてそのソマチッドは細胞内のミトコンドリアに電子を供給していますミトコンドリアは電子を使って、ATPの合成を行い、エネルギーを生産します
 
上記の著作で内海聡氏が言っていることが正しいとすれば(私は正しいと思っていますが)、人体のエネルギーの源泉はマイナスイオン電子であることがわかります。

だとすれば、人体が酸化(電子不足) になっている末期癌の有名人の写真からオーラ(エネルギー)が消失しているのはある意味当然なのです。

つまりここから東洋医学的観点において導かれる仮説は、多くの不健康な人々は経路が乱れ、電子と電気の流れが乱れていて、それはソマチッドが乱れていることでもあり、食べ方と生き方が乱れていることでもあり、まさに水素や電子を欲している状態だということなのです。

内海聡著『うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ』 
 

関連記事

「なぜ放射性物質に味噌や日本酒などの発酵食品が有効なのか?」を水素と電子の観点から考察します


人気記事

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します
 








↑このページのトップヘ