カテゴリ: オーガニック食品

ある意味、衝撃的なニュースです。

既婚者のセックスレス47%の衝撃 年々進むレス過去最多 日本の夫婦の回数は世界平均半分以下の年◯回

産経ニュース
2017.2.24 17:00

ますます深刻化する少子化に挑むため、「夫婦の営み」という“秘め事”に果敢に切り込んだ調査が毎年発表されている。夫婦がセックスレスにある状態は昨年、10年前(34・6%)に比べて、12ポイントも悪化する47・2%で、半数に上るという実態が明らかになった。男性側の原因を突き詰めると、「仕事」を理由にしていることが多く、女性の場合は「面倒くさい」という意見が多かったという。

このブログ記事を読んでいるアナタたちは、47.2%(=セックスレスカップル)の方ですか?
それとも残りの52.8%(=セックスをしているカップル) ?

我が家はもちろん後者です。

参考記事:ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう


もちろん、その理由としては、上記の記事にもあるように、セックスそのものの快感が凄まじい、ということも挙げられますが、セックスをしたいと思うきっかけはそれだけではありません。

我が家では、100%夫である僕が妻に対してセックスを誘います。

理由は、妻の肌が美しいから。

これは決してノロケではありません。

ここに、重要な事実が一つ、隠されています。

それは、男も女も、美しい異性とセックスしたがる生き物だという厳正なる事実です。

  • セックスレスのあなたたちカップルの肌はくすんでいないか?
一方、セックスレスであるあなた方カップルの肌は、実際の年齢より劣化して、くすんでいませんか?

そう、あなた方夫婦がセックスレスなのは、その容姿が実年令と比べて老け込んでいるから。
(もしくは実年齢相応の肌の質ではありませんか?)

それでは駄目なんです。
セックスレス解消の鍵は、実年齢より若く見られること。

3a7e09213ea2361999dbf95269c2daad

我が家では、妻は実年齡と比べて、肌年齢は間違いなく5歳は若いです。
自分で言うのもなんですが、僕自身は実年齢より10歳は若いです。
(ちなみに妻も僕も中学時代から体重が変わっていません)

なぜ私たち夫婦が実年齢と比べて若いのか?

それは、微生物が生きている発酵食品を積極的に摂っているからです。

  • 発酵食品を摂るだけで、肌が若返る!
多くの書籍やWEB上で、発酵食品が美肌(アンチエイジング)効果があることが記されています。
その科学的な理由も明記されていますが、僕にはそんな理屈などどうでもいいです。

大事なのは、実践して結果を出すこと。

我が家では、先ほど書いたとおり、僕も妻も実年令より若く見られ、肌ツヤは驚くほど良く、頻繁にセックスしています。

そして、僕たちの肌ツヤが良くなり始めたのは、微生物が生きている本物の発酵食品や水素を積極的に摂るようになってからなのです。

  • 我が家でアンチエイジングのために積極的に摂っている食べ物・飲み物を紹介
①日本酒

純米酒が美容に良いというのは有名な話ですが、我が家では、さらにオーガニックな日本酒、寺田本家の無濾過、無添加の自然酒を毎日夕食時に妻と二人でおちょこ一杯ずつ飲むようにしています。

我が家で愛飲しているのは、値段もリーゾナブルな『香取 純米90』。

FullSizeRender香取90
寺田本家『香取 純米90


少し個性がありますが、どぶろくに似たテイストの『寺田本家 五人娘 しぼったまんま 純米生原酒』もオススメですね。

FullSizeRender-15
 『寺田本家 五人娘 しぼったまんま 純米生原酒


極め付けは、『寺田本家 菩提もと仕込み 醍醐のしずく』。これは、もう日本酒の次元を超えた味。
芳醇なワインを彷彿とさせる飲みやすさは、日本酒が苦手な女性の方にもオススメです。

IMG_0323
寺田本家 菩提もと仕込み 醍醐のしずく


ちなみに、寺田本家の商品は、全て食品添加物が含まれていないことから、二日酔いとも無縁です。

参考記事: 二日酔いしない日本酒があったら、飲んでみたいと思いませんか?

京都大学の清水章史教授は、日本酒によるうつ病の改善効果を発表しています。 その他にも、各研究者から、高血圧・血栓・動脈硬化・骨粗しょう症など、生活習慣病にきわめて高い薬効果がある可能性が指摘されています。 さらにアトピー性皮膚炎の改善も報告され、シミの減少や皮膚の保湿・保温など、美容にも効果があることが確認されました。女性には素敵な朗報ですね。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵


②味噌

味噌汁は毎日の献立に登場するので、ぜひとも本物に拘りたいもの。
こちらも空気穴の開いている〝微生物が生きている本物の味噌〟を選ぶようにしてください。

ちなみに、我が家では、正直村の『稲穂 玄米味噌』、みやもと山の『おしゃべり味噌』、創健社の『鹿児島合わせみそ』などをケースバイケースで使い分けています。

miso-soup-square

昭和のはじめ頃までは、一般的な味噌の熟成期間は1年から3年程度でした。
しかし第二次大戦後は、伝統製法による理想にとって代わって、効率最優先の製法で作られる「速醸味噌」が、一般的な味噌となってしまいました。
速醸味噌とは、加熱して無理やり麹の働きを活発にし、本来なら1年かかる熟成時間を、わずか20日くらいに短縮して味噌を造る手法です。
この速醸味噌には、殺菌や長期保存、変質変色防止や風味づけのために、たくさんの種類の化学合成された添加物が使われています
 
ですから、スーパーなどの市場を見渡すと、そこにあるほとんどの味噌が「速醸味噌」と明記されていなくても、速醸味噌の製法で造られています。
風味不足を人工的な添加物で補い、変色・変質を防ぐための殺菌効果で、生きた酵母も含まれていません
「無添加味噌」は、なんとなく伝統的製法による味噌のように思われますが、食品添加物を使用していなければ、たとえ速醸味噌であってもそう表示されています。
一方で、「生味噌」という表記があれば、それは調整処理されていない酵母が生きている味噌です
昔ならではの方法の長期熟成味噌は、「天然醸造」と表示されています
味噌を買う時は、裏を確認してなるべく原料がシンプルなものを選び、できれば、「国産大豆」「国産米」を使った「天然醸造・長期熟成」の「無添加の生味噌」を選んでください。

秋山龍三著『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」


③ぬか漬け

こちらも前述の味噌と同様、本物とニセモノがあるので要注意。
スーパーで売っているぬか漬けは添加物まみれのニセモノ。

IMG_1341

脱・添加物を目指すなら、ぜひとも、自宅で良質のぬか床を使って漬けることをオススメします。
自宅で漬けるとなると、かき混ぜとか面倒くさそう?
そんなことはありません。

冷蔵庫に常時入れておくスタイルであれば、月に2〜3回かき混ぜるだけで十分です。

参考記事:ぬか床を二度も駄目にした私だからこそ言える教訓。「ぬか床は温度管理が全て、絶対に冷蔵庫で保存すべし!」
 

我が家では金沢大地の『わたしのぬか床』、祇園ばんやの『無農薬ぬか床【ぬかの花スタートセット】』の2つのぬか床で漬け込んでいます。

IMG_1548

自家製のぬか漬け、実際に漬けてみると分かりますが、漬け込む期間によって毎日味が変わります。
この味が変わることこそ、本物である証拠。
本物の味噌で作った味噌汁とともに、我が家の毎日の食卓を飾るマスト・アイテムになっています。

いくら生野菜が体にいいと言っても、ウサギや虫のようにバリバリボリボリ大量に食べるわけにはいきません。はてさて困った……と言いたいところですが、そんな私の味方こそが、発酵食品「ぬか漬け」なのです。微生物の発酵により、たくさんの酵素が作られるお漬け物などの発酵食品は、酵素の宝庫。酵素をたくさん摂れば元気になり、自然と免疫力が高まり、アンチエイジングにもつながります
もし心身ともに、いつまでも若々しく美しく素敵な女性でありたいなら、今すぐ発酵食品を味方につけるべきなのです

川村ひかる著『発酵美人』 


④TGG(豆乳グルグル)ヨーグルト

これまで紹介してきたのが、いわゆる夕食のおかずに該当するものだとしたら、こちらはズバリ!デザートにオススメ。乳酸菌が発酵している豆乳と玄米から作るヨーグルト。

一度種菌を作ってしまえば、豆乳を継ぎ足すだけで出来てしまう手軽さをコストパフォーマンスの高さ。

それだけでなく、1g中に2〜3億と正に乳酸菌の宝庫。
美容と健康の強い味方です。

7aca542c
 
免疫力が上がる、ダイエットに、便秘解消に、お肌がつるつるに

発酵食品を食べて、腸内環境が改善すると、腸の調子がよくなるのはもちろん、 体全体にいい効果があらわれます。

栗生隆子著『植物性乳酸菌の力で腸キレイ TGG(豆乳グルグル)ヨーグルト』 
 

⑤水素水・水素茶

最後は発酵食品ではありませんが、発酵食品同様、アンチエイジングに寄与するために不可欠な飲み物。
水素水と水素茶です。 

「水素」には、身体を細胞から解毒する力があります。「身体が錆びる」という言い方がよく用いられますが、まさに言い得て妙。老化は身体が錆びることであり、「水素」はその錆がつかないようにする有能な力を持っているのです。
人の身体を老化させる大きな敵は、「酸化」「糖化」「炎症」ですこれらが細胞そのものを錆びさせ、器としての身体を蝕み、病気や老化へと導く諸悪の根源であることは、少し勉強している医学者であるが、誰もが知っていることです。
なかでも、もっとも身体に悪影響を与えているのが「活性酸素」ですその活性酸素の解毒に高い有効性を示すのが「水素」であることが、ここ十年で証明されつつあります。「水素」は究極の抗酸化物質であり、細胞レベルの解毒を助ける優れた力を持っています。つまり、「水素治療」を行うことで、身体の「老化」を抑制することが可能だといえるのです。

辻直樹著『なぜ水素で細胞から若返るのか』 

我が家では、毎日、水素水と水素茶を飲んでいます。

まず、水素水ですが、こちらは『充電式携帯水素水生成器 エイチツープラス h2plus』を愛用しています。

IMG_0101
充電式携帯水素水生成器 エイチツープラス h2plus

エイチツープラスは携帯型のコンパクトタイプなのに、1200ppb以上の高濃度水素水が作れます
いつでもどこでも高濃度水素水が飲める安定した品質で皆さまにお届け! 

H2plusが選ばれる5つのポイント - H2plus

このエイチツープラス h2plus、最大の売りはわずか4分で高濃度の水素水が生成されるそのスピード感。 
我が家では、水を飲む時は、必ずこのエイチツープラス h2plusで作った水素水を飲むようにしています。特にりんご酢を水素水で割ったバーモントドリンクは、これからの季節にピッタリの飲み物です。

この水素水、作成してからすぐに飲むことがポイント。なぜなら、水素は気体なので、時間の経過とともにどんどん抜けていくからです。

この水素が抜けていく、という欠点を克服した商品があります。

それが、うつみんのセレクトショップで購入した『ありがとうボトル』です。

IMG_0052-2
 
参考記事:うつみんの「ありがとうボトル」で作った水素茶を飲んで、我が家に起こった驚くべき3つのこと 

このありがとうボトル、出来上がるのが水素水ではなく、水素茶という前提はあるものの、前述のエイチツープラス h2plusの、水素がどんどん抜けていくという欠点を克服している点が評価できます。

ただ、やはり作ってしまえば置いといても水素濃度や還元電位が減らない(ほかの水素水はどんどん抜けていく)、そのため作ったものをほかのボトルに移して保存できますので重宝します。

ありがとうボトル(茶) - うつみんのセレクトショップ 

両方の商品を比較してみると、メリットとデメリットが実に対照的なことがわかります。


エイチツープラス h2plus

メリット⇨高速(4分)で高濃度の水素水を生成できる
デメリット⇨水素がどんどん抜けていく(生成後すぐに水素水を飲む必要がある)


ありがとうボトル

メリット⇨生成された水素茶の水素が減らない
デメリット⇨生成に時間がかかる(12時間)

このことから、効果的に水素を摂取するためには、我が家で実践しているとおり、両方とも購入した上で、それぞれの特性に合わせて使い分けていくことをオススメします。

すなわち、即効性はあるものの水素がすぐに抜けてしまうエイチツープラス h2plusで作った水素水は自宅で飲む用に、逆に水素が抜けないうつみんのありがとうボトルは、外出時に持って行くお茶として活用するのがベター。

特にありがとうボトルで作った水素茶はマグボトルに入れて毎日職場へ持参。

水素茶を仕事の始業時に飲むとなぜか頭が冴え渡るという、アンチエイジング以外の効果も実感しています。


以上、私たち夫婦がアンチエイジングのために行っている食習慣を紹介しました。

最後に、私たち夫婦が発酵食品を取り始めたのは決してアンチエイジングが目的ではありません。
元々は、放射能対策であり、癌予防でした。

参考記事:私は癌で死にたくない。だから家族を守るために生活習慣を変えました


なぜ、癌予防のために摂取した発酵食品がアンチエイジングに繋がったのか?

一見無関係に思えるこの2つの事象も、よく考えてみれば納得のいく話です。

癌細胞は正常な細胞が老化、酸化して生じるものだとしたら、癌にならないような食物を摂取することは、=(イコール)細胞から毒素を取り除くことにほかなりません。
つまり、毒素が消失した細胞は、それ自体が綺麗になる、すなわち、老化、酸化の反対で、肌自体が若返る結果になっても何ら不思議ではありません。

こうして考えていくと、発酵食品で若返り、パートナーと健全なセックスを続けることは、癌予防の観点からも有効なことがわかります。

皆さんがセックスレスを解消し、パートナーといつまでも健康で暮らせることを願ってやみません。


This article written by のび太

のび太:高学歴で大企業に勤めるダメリーマン


関連記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します



発酵生活を始めて一年、手始めに調味料をオーガニックなものに変えることからスタート。

日本酒と味噌を微生物が生きている本物を摂るようになって、外食先で味噌汁や日本酒が不味くて飲めなくなりました。

FullSizeRender香取90

同時に料理の手作り化を徹底。
食卓から市販のドレッシング、味の素のCook Do®、レトルトのカレーとパスタソースが消えました。

すると半年後くらいから体に異変が。
今まで問題なく受け付けていた添加物が全く駄目に…。

具体的には、ファミレスのドリンクバーのコーヒーを飲んだら気持ち悪くなったり、市販のソーセージやコンビニ弁当は、明らかに添加物の味がわかるようになりました。

このように、オーガニックな生活を始めると、誰でも間違いなく半年ほどで添加物ソムリエになれます。

発癌リスクを下げるための第一歩。
それが添加物ソムリエになることなのです。


関連記事

私は癌で死にたくない。だから家族を守るために生活習慣を変えました


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

私は、お酒があまり飲めません。

ビールは真夏の本当に喉がカラカラの時にスーパードライを飲む程度。

ワインや日本酒は、飲むと頭が痛くなるので、全く受け付けませんでした。

そんな私が今、毎日の食卓に欠かせない日本酒があります。

それが、寺田本家の『香取 純米90』です。

FullSizeRender香取90

この寺本本家の『香取 純米90』、お酒が飲めない私でさえ、いくら飲んでも、全く二日酔いになりません。

その秘密は、意外なところにありました。

  • 二日酔いの原因はアルコールではなく、添加物だった
お酒を飲んで二日酔いになるのは、元々アルコール自体がそういうものなんだという先入観を私自身、ずっと持ってきました。
でもそれは間違いでした。二日酔いの本当の原因は、アルコールそのものではなくて、お酒の中に含まれる添加物だったのです。

しかも私は原価をできる限り安く抑え、効率よく大量の酒を造るために、農薬・化学肥料を使って栽培した安い米を使って「三増酒」(「三倍増醸酒」の略)を造るよう、蔵人たちに指示を出していたのです。
ちなみに三増酒とは、醸造用アルコールのほかに、ブドウ糖や水あめ、味を和らげる食品添加物、うま味調味料などを人工的に加えたものです。
もちろん、三増酒を造っても法律違反ではありません。しかし、三増酒は本来の酒とはかけ離れたものです。日本酒の体裁をとりながらも、中身は偽物と言っても過言ではありません。
なにより三増酒は、飲み過ぎると翌日には気持ちが悪くなります。これは、三増酒に含まれる添加物による悪酔いです。
戦後、ウチの蔵を含め、多くの酒蔵がこの三増酒に手を染めました。その結果、世間に「日本酒は二日酔いしやすい」という誤解が広まってしまったのです。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵』 

それでは、なぜ先ほど紹介した『香取 純米90』は、飲んでも二日酔いしないのでしょうか?
勘の良い読者の方ならばもうお気づきかもしれません。
そう、それは、『香取 純米90』が、オーガニックな日本酒だからなのです。

この『香取 純米90』は、二つの意味で、オーガニックな日本酒です。
一つ目は、原材料。
とことんこだわっています。

農薬・化学肥料で育てた米の使用をやめ、価格は三倍しますが無農薬の米と麹、そして寺田本家が代々いただいてきた神崎神社の清水のみを原料に、昔ながらの自然造りの酒を造り始めました。
そして、様々な試行錯誤を繰り返し、ようやく無添加の自然酒が完成しました

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵

そして、もう一つ、この『香取 純米90』は、その製造過程でも添加物を加えていません。

戦時中の米不足をキッカケに始まったアルコール添加酒や、乳酸、コハク酸、粉アメなどの添加物で増量された、即席の酒を大半の酒蔵が造るようになりました。
さらに戦後の大量生産の時代に入り、生産性や効率を追いかけ、原価の安い酒造りを多くの酒蔵が目指すようになり、効率の悪い昔ながらの製法にこだわった酒蔵はどんどんつぶれ、市場には本来の「百薬の長」と言われた日本酒は姿を消し、その結果、皮肉にも日本酒離れが進むことになってしまいました。
私たちの蔵でも一時期、そのようなお酒を造っていたことはありましたが、現在は一切やめて、酒蔵としての原点である、本来の酒造りに全員で取り組んでいます

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵

このように、オーガニックな原料(農薬・化学肥料不使用の米)を使い、製造過程でも一切の添加物の使用をやめた『香取 純米90』。
当然のことながら、その中には一切、添加物(化学物質)は含まれていません。

そんな『香取 純米90』、いくら飲んでも二日酔いにならないのは、ある意味当然の結果なのです。

そんな二日酔いしない日本酒を、貴女も飲んでみませんか?


関連記事

日本酒を飲むと二日酔いになるのは添加物が原因だった。無濾過・無添加の自然酒『寺田本家・香取90』はいくら飲んでも二日酔いになりません 


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

登場人物 

のび太:高学歴で大企業に勤めるダメリーマン

:のび太の妻。「死ね!!!と罵倒された日本」の「保育所建設反対運動が起きるオワコン都市東京」で働くパート保育士


のび太「しずちゃ〜ん。みず、水をくれ〜…。」

「もう、のび太さん。飲みすぎよ。あんなに飲んだら二日酔いになるわね。」

のび太「そんなに飲んでた?帰ってくるまでの記憶が全くないんだよなぁ。」

「相当チャンポン(複数の種類のお酒を飲むこと)したんでしょ。ベロベロだったわよ。」

のび太「頭痛がひどいよ。完全な二日酔いだ。でも不思議だなぁ。家で毎日晩酌で飲んでる『香取 純米90』は相当飲んでも翌日二日酔いなんかにならないのに、どうして会社の飲み会だと決まって二日酔いになるのかな?」

「え!知らないの?二日酔いの原因になるのはアルコールそのものじゃなくて日本酒に入っている添加物なのよ。」

のび太「うそ!それじゃあ、添加物の入っていない日本酒だと、いくら飲んでも二日酔いしないってことか」

「我が家で毎日飲んでいる寺田本家の『香取 純米90』は無濾過・無添加の自然酒。だからいくら飲んでも二日酔いにならないのよ。」

のび太「そうか!よし、今夜は香取 純米90を思いっきり飲むぞ!」

「ダメダメ、のび太さんは、二日酔いを直してからですからね。」

多くの酒蔵は蔵つきの微生物の代わりに、国に管理された酵母を用い、短期間でできる酒を造るようになっていました。もちろん、ウチの酒蔵でもそうでした。
しかも私は原価をできる限り安く抑え、効率よく大量の酒を造るために、農薬・化学肥料を使って栽培した安い米を使って「三増酒」(「三倍増醸酒」の略)を造るよう、蔵人たちに指示を出していたのです。
ちなみに三増酒とは、醸造用アルコールのほかに、ブドウ糖や水あめ、味を和らげる食品添加物、うま味調味料などを人工的に加えたものです。
もちろん、三増酒を造っても法律違反ではありません。しかし、三増酒は本来の酒とはかけ離れたものです。日本酒の体裁をとりながらも、中身は偽物と言っても過言ではありません。
なにより三増酒は、飲み過ぎると翌日には気持ちが悪くなります。これは、三増酒に含まれる添加物による悪酔いです。
戦後、ウチの蔵を含め、多くの酒蔵がこの三増酒に手を染めました。その結果、世間に「日本酒は二日酔いしやすい」という誤解が広まってしまったのです。

寺田啓佐著『斎藤一人 発酵力 微生物に学んだ人生の知恵
FullSizeRender香取90


関連記事

「寺田本家 五人娘 しぼったまんま 純米生原酒」は毎日その味が変わっていきます 


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

長女(大学2年)が胃腸風邪になってしまいました。

吐き気と下痢で、当然のことながら、何も食べられない状態です。

このままでは栄養が不足してしまうと、困り果てていたところ、近所の自然食品店で売っていた甘酒のことを思い出しました。

寺田本家のマイグルトです。

IMG_0123

実は、以前長女が風邪で熱を出した時に、このマイグルトを飲ませたところ、飲んだ直後から熱がスーっと引いていったのです。

とても不思議な出来事でした。

このマイグルト、我が家で毎日愛飲している、無濾過、無添加で微生物が活きている本物の日本酒「五人娘(純米)」や「香取 純米90」を製造している寺田本家の商品です。

その寺田本家のホームページから紹介しましょう。

腸がきれいになれば美肌になり、腸内細菌が活性化すれば心も身体も元気になります。「腸の発酵」が美容と健康の土台です。日本が世界の長寿国になったのも菌食がひとつの要因と考えられます。
寺田本家より、日本の伝統と歴史が育んで来た、ノンアルコールのお米の発酵甘酒 『マイグルト』をお届けします。心と身体にやさしい、赤ちゃんからお年寄りまで召し上がれるお米とお水だけが原料の生命おどる甘ずっぱい飲み物です。自然のままの素材を生かし、天然の麹菌・乳酸菌・その他いろいろな菌達が生み出した分泌物や代謝物がいっぱい詰まっています。
ひたすら昔ながらの無添加で、手のひら造りにこだわり、真心込めて取り組んだ発酵食品です。
一本のマイグルトが皆様の幸福と長寿のお役に立てたらとお祈りしております。

マイグルト - 寺田本家

そして、このマイグルトの中に含まれている植物性乳酸菌は、とてつもない力を秘めているのです。

マイグルトでも活躍する植物性乳酸菌は、伝統の発酵食品をつくる大切な乳酸菌。牛乳などに棲む動物性乳酸菌が栄養過多な環境で暮らすのとはちがって、植物の上に生息するので、栄養不足などの過酷な環境にも耐えられ、他の微生物と共存できる生命力の強さを持っています。
乳酸菌は腸の調子を高めてくれ、血圧を下げる・コレステロール値を下げる・免疫機能を高めて食物アレルギーを抑え風邪などの感染症やガン細胞も抑制する等の働きも報告されています。

マイグルト - 寺田本家

結局、長女は病院にも行かず、毎日このマイグルトを飲んでいたら1週間ほどで胃腸風邪が治ってしまいました。

免疫力を向上させ、風邪にもよく効くマイグルト
寒くなるこの季節に、冷蔵庫の中に常備しておきたい1本ですね。


関連記事

悪酔いしない。美肌効果も!私が無濾過・無添加の自然酒「寺田本家 香取 純米90」をオススメするこれだけの理由


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ