カテゴリ: 発酵食品

2018年9月22日(土)にオンエアされたテレビ番組「世界一受けたい授業」で、「長生き味噌汁健康法」が紹介されました。

番組内でも紹介されましたが、味噌の効能として、シワやシミの予防や、ガンの原因のひとつとなる活性酸素を減らすことが挙げられています。

このように、美容と健康に有効な味噌の力ですが、それが必ずしも全ての味噌に当てはまるわけではありません。


実は、味噌を選ぶ際には、気を付けなければならないことが一つあります。

それは、酵母が生きている本物の味噌を選ぶことです。 

ですから、スーパーなどの市場を見渡すと、そこにあるほとんどの味噌が「速醸味噌」と明記されていなくても、速醸味噌の製法で造られています。

風味不足を人工的な添加物で補い、変色・変質を防ぐための殺菌効果で、生きた酵母も含まれていません

「無添加味噌」は、なんとなく伝統的製法による味噌のように思われますが、食品添加物を使用していなければ、たとえ速醸味噌であってもそう表示されています。

一方で、「生味噌」という表記があれば、それは調整処理されていない酵母が生きている味噌です。 昔ならではの方法の長期熟成味噌は、「天然醸造」と表示されています。

味噌を買う時は、裏を確認してなるべく原料がシンプルなものを選び、できれば、「国産大豆」「国産米」を使った「天然醸造・長期熟成」の「無添加の生味噌」を選んでください。

秋山 龍三・草野かおる著『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」

このように、美容と健康のためには、酵母が生きている味噌を選ぶ必要があることはわかりました。
問題は、スーパーの棚に積まれているたくさんの種類の味噌の中から、お目当ての〝酵母が生きている本物の味噌〟を素人の主婦(または主夫)の方が探し出すのは容易ではないということです。

f2475e95a46a1b1660d937e50bdf98a5

実は、本物の酵母が生きている味噌を見分ける方法は、驚くほど簡単です。
それは、無添加タイプの味噌のうち、ガスが抜けるバルブ(呼吸口)がついた商品を選ぶということ。

ある意味、すごく単純な話です。生きている酵母は、容器に詰められてからも発酵熟成し続けることから、二酸化炭素が発生します。
この二酸化炭素で容器が膨張しないように、その排出口としてバルブを設けているのです。

したがって、このバルブがある味噌というのは、味噌自体が発酵熟成し続けている、すなわち中の酵母菌が生きている本物の味噌ということになります。 

おいしさを守る。
 
酒精(アルコール)を使用しない無添加味噌󠄀は、容器に充填したあとも熟成が続いているため、二酸化炭素が発生します。そのため無添加味噌󠄀には、容器のふたにバルブ(脱気用弁)を着けています。(大容量タイプの商品については、別仕様で対応)
二酸化炭素を排出し、外の空気を中に通さない構造により、容器の膨張を防ぎ、おいしさを守っています。 

無添加味噌とは - ひかり味噌 

これらの酵母が生きている本物の味噌を購入するには、何も自然食品の店に行く必要はありません。

近所のスーパーの棚にも、こうしたバルブの付いている本物の味噌が置いてありますので、ぜひ一度、じっくりと商品を見てみていただくことをおすすめします。


関連記事

科学的にも解明が進む放射能から体を守る「味噌の力」

長野県の癌死亡率の低さは味噌好きな県民性にあった!


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ぬか床が過発酵のため酸っぱくなってしまう。

ご自宅でぬか漬けを漬けている方々の共通の悩みだと思います。

我が家でもこれまで何度となくぬか床を過発酵のために駄目にしてきました。

しかし、一度でも自宅で漬ける自家製のぬか漬けを食べてしまったら、もう二度とスーパーの添加物まみれの漬物に戻ることはできません。

そこで、今年は心機一転、パルシステムでコミローナの熟成ぬか床を購入し、ぬか漬けに再度チャレンジすることにしたのです。

DSC_0086

再チャレンジする以上、二度と同じ失敗(=過発酵させること)はしたくない!

そう思った私は、今回、主人の母からアドバイスをもらうことにしたのです。

a098196b5cc470446f5d7c16c3e886e180c04d26

もともと、私は関東の生まれで、実家でも漬物を食べる習慣がほとんどありませんでした。
一方、主人は京都の出身で、食卓には常に漬物が常備されており、ご飯を食べた後には、必ず締めのお茶漬けを食べる習慣があったそうです。

そこで、主人の母であれば、ぬか漬けを漬けた経験があるはず、と考え、アドバイスをもらうことにしたのです。

それは、ぬか床の中にヤクルトを入れる、というものでした。

150901newy_5_la

『え!ヤクルト?』

正直に言うと、最初にこのアドバイスを聞いた時には、にわかに信じることができませんでした。

何かの冗談だろうと…。
確かにぬか床もヤクルトも乳酸菌といえば乳酸菌なのですが…。

でも言われた通りに、やってみたのです。
藁をもすがる気持ちで…。

その結果は?

見事にぬか床が安定しました!

2018年の猛暑の中、冷蔵庫に入れずに室内に出していたにもかかわらず、全く過発酵することなく、この夏を無事乗り切ることができました。

ヤクルトを入れたぬか床で漬けたきゅうりの味は、驚くほどマイルドで食べやすい。

ちなみに、コミローナの熟成ぬか床に入れたヤクルトの本数は、4本です。

ぜひ一度、お試しください。


関連記事

私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

ぬか床を実際に駄目にした私から皆さんへアドバイス。ぬか床を駄目にしないために気をつけるべきこと二つとは?


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ついに逝ってしましました。

金沢大地の「わたしのぬか床」が…。

真夏の高温の室内に放置してしまい、自家製ぬか床をダメにしてしまった苦い体験から、真冬を除いて常に冷蔵庫に保管している我が家のマイぬか床。

しかし、長期間冷蔵庫に保管してあった二つのぬか床のうちの一つ、前述の、金沢大地の「わたしのぬか床」の乳酸菌が、お逝きになられましたのです、天国へ…。

今思えば、少し前から、漬けたぬか漬けの味が、変になりかけていたのに薄々気がついてはいたのですが…。

結局、自宅でぬか漬けを漬ける最大のハードルは、温度管理であることを、改めて思い知らされました。

それも、高温と低温のどちらもNGだということです。

ところが、同じ時期に冷蔵庫に入れっぱなしにしていた、祇園ばんやの「ぬかの花」は、味が変わることなく、一定のクオリティを保ち続けています。

これには正直驚きました。

同じぬか床でも、低温に強い菌と弱い菌があるのでしょうか?

いずれにせよ、「ぬかの花」が現時点で最強のぬか床であることが、私の拙い経験値の範囲では、証明されたことになります。


関連記事

私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します
  





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

1945年8月9日、長崎の原爆(原子爆弾)投下時に、爆心地からわずか1.8㎞に位置する浦上第一病院で被曝した医師、秋月辰一郎氏の著書『死の同心円』には、秋月氏が、被曝者である患者や医療スタッフに、玄米で握ったおにぎりと味噌汁を配ったことが、記されています。

その医療スタッフや患者は、多少の下痢があったことが記されていますが、爆心地に長期間滞在していたにもかかわらず、奇跡的に生き延びることができました。

ただ、この秋月氏の逸話は、長らく様々な形で語り継がれてきたものの、その科学的な根拠は未解明なままでした。

ところが、1990年以降、広島大学名誉教授の渡邊敦光博士によって行われた動物実験によって、その科学的な根拠が示されました。

渡邊博士は、みそ入りのエサを与えたマウスと、通常のエサを与えたマウスに強い放射線を照射して、その後のようすを調べました。通常のエサを与えたマウスは照射後10日で次々と死にはじめますが、みそ入りのエサを与えたマウスの多くは生き延びていたのです。

みそに含まれる「メラノイジン」が力の源 - パルシステム放射能レポート 

そして、その後の実験により、その科学的根拠が明らかになったのです。

さらにその後の動物実験で、みそに含まれる「メラノイジン」という成分が、腸内の善玉菌である乳酸菌を数十倍に増やすことがわかりました。免疫をつかさどる腸が乳酸菌で活性化され、からだを放射能から守ったと考えられています。

科学的にも解明されつつある「みその力」。

力の源といえる「メラノイジン」は、同じみそでもよく熟成したものにたくさん含まれていることがわかり、研究が続けられています。

みそに含まれる「メラノイジン」が力の源 - パルシステム放射能レポート 

この記事を読んですぐにスーパーに味噌を買いに行こうとしたみなさん。一つだけ留意していただきたいことがあります。

スーパーの棚に置いてある数多くの味噌のうち、酵母が生きている本物の味噌を選ぶようにしてください。

なぜなら、スーパーで売っている味噌の大半は、添加物まみれのニセモノの味噌だからです。

昭和のはじめ頃までは、一般的な味噌の熟成期間は1年から3年程度でした。

しかし第二次大戦後は、伝統製法による理想にとって代わって、効率最優先の製法で作られる「速醸味噌」が、一般的な味噌となってしまいました。
 
速醸味噌とは、加熱して無理やり麹の働きを活発にし、本来なら1年かかる熟成時間を、わずか20日くらいに短縮して味噌を造る手法です。
 
この速醸味噌には、殺菌や長期保存、変質変色防止や風味づけのために、たくさんの種類の化学合成された添加物が使われています


そして、これらの添加物まみれの速醸味噌には、当然のことながら放射能から身体を守ることができません。

味噌も同様である。大豆を使った食品としては味噌、醤油、納豆、豆腐、テンペなどいくつも種類があるが、これらは良質の塩を使っていることと発酵しているからこそ意味がある。

スーパーの味噌はその意味において本当の味噌ととても呼べないものである。

減塩にすると、腐敗してしまうために防腐剤を添加している
。また、減塩による味の低下をカバーするために、pH調整剤や化学調味料、香料や着色料などが加えられ添加物まみれなのである

味噌に含まれる菌は微生物として放射能の解毒に作用する。
これは様々な菌がそのような効果を持っていることが知られ、また本当に良質の乳酸菌にも放射能の解毒作用があることが言われてい
る。

内海聡著『放射能と原発の真実』 

大切なのは、添加物の入っていない酵母が生きている本物の味噌です。
そのような本物の味噌を見分けるポイントは、容器に味噌が呼吸するバルブ穴が空いているか否かです。

ぜひ、バルブ穴の有無を確認し、バルブ穴がある味噌を購入するようにしましょう。
 
f2475e95a46a1b1660d937e50bdf98a5
 

関連記事

欧米ではどんどん減っているのに なぜ、日本人ばかりが「がん」で死ぬのか?を味噌の消費量の推移から考える

本物の味噌の見分け方、それは呼吸口がついているかどうかを見ればよい

 






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

我が家では、美容と健康のため、積極的に乳酸菌が生きている本物の発酵食品を摂るようにしています。
今回は、そんな本物の発酵食品のうち、ザワークラウトを取り上げたいと思います。

DSC_0086

まずは、基本の作り方を押さえておきましょう。

ポイントは、発酵を早めるために、乳酸菌が生きているTGG(豆乳グルグル)ヨーグルトを入れることです。
 
ザワークラウト

ザワークラウト
乳酸発酵させた
キャベツの漬け物ですが、
すでに発酵している
TGGヨーグルトを使えば
混ぜるだけでOK。
即席で熟成された味わいになり、
保存も利きます。
ソーセージと合わせるだけで、
ごちそう風の一品に。

材料(作りやすい分量)

キャベツ・・・・・・・・1/2個
TGGヨーグルト・・・大さじ4
・・小さじ1(キャベツの2%)
粒こしょう・・・・・・・・少々
ローリエ・・・・・・・・・1枚
キャラウェイシード・・・・適量

作り方

キャベツをせん切りにし、ボウルに入れて塩とキャラウェイシードを加えてもむ。
①にTGGヨーグルトと粒こしょうを加えて混ぜる。
瓶に②とローリエを入れて一晩置く。  

栗生隆子著『植物性乳酸菌の力で腸キレイ TGG(豆乳グルグル)ヨーグルト』 

実際に、我が家でも普通のキャベツと紫キャベツの両方を作ってみましたが、圧倒的に紫キャベツの方が美味しいです。

乳酸菌が生きている本物のザワークラウト、TGGヨーグルトを使えば簡単に作れますので、ご家庭でトライしてみてはいかがでしょうか?

  
関連記事

TGGヨーグルトを作ってみた【玄米編】 


人気の記事ベスト3

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ