カテゴリ: 癌から生還した人々

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄

東洋経済
2017年08月13日 
 
信頼していた医師たちに振り回され、突然の膀胱がん余命1年宣告。夫婦2人で立ち向かい、転移の可能性が高い術後2年の山を乗り越えた。率直な筆致で思いや行動をつづったがん闘病記『見落とされた癌』を書いた元WBA世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二氏に聞いた。

takehara_shinji

元プロボクサーの竹原慎二氏。
その壮絶な闘病記が東洋経済オンラインに掲載されています。

検査後1カ月して大量の血尿が出た。こちらから受診に行って、そこでがんが判明しました。「よく調べたら、クラス5(陽性)と出てるよ」って平然と。何が何だかわからなかったですよ、エーッ、どうして?って。1年前から不調を訴えてたのに、何で今頃?って。結局、腫瘍は2.5センチメートルで筋層まで達する進行したがんでした。

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 - 東洋経済オンライン 

癌発見までの見落とし等、医師とのゴタゴタはさておき、私が注目したのは、ご家族、特に奥様の取った行動です。

こんなデカい図体して何度も泣いた。免疫療法をはじめ女房が一生懸命情報を集め、これはというものを勧め、力になってくれた。子供も2人いる。もうやるしかない、ってだけでしたね。

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 - 東洋経済オンライン

免疫療法にしてもビワの葉療法にしても食事内容の変更も、女房がとにかくネットや本で調べまくってくれたんですよ。僕自身は現役時代からネガティブ思考で、試合が決まると「絶対勝てない、どうしよう」と練習に向かったタイプ。でも今回は負けイコール死でしたからね。 

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 - 東洋経済オンライン 

私も今まで様々な人の癌闘病記を読んできていますが、癌から生還した人には、ある一つの共通点があります。

それは、医者の言うことだけを鵜呑みにするのではなく、自分自身でも、癌の治療について徹底的に調べ上げること。 

難民とは、ある意味において自分で判断するすべを持っていない人ともいえます。これは現代の日本人にあてはまることであり、自分で判断しないからこそテレビ医者や御用学者のいいなりとなっているのです。がん難民にならないこととは、その発想の貧困さを抜け出し、原因が何であるかをより追求し、何よりその結果選んだ己の選択を腑に落とすということにあるのです。それは医者のいいなりにならないために万全の策を講じるという目的もあります。

そして家族の方は、患者が自ら選んだ方法であれば受け入れて支えてあげてもらえればと思います。本人がいろいろ調べてやろうとすることを邪魔する権利は、家族にもありません。共通の認識で家族が支えてあげられれば、飛躍的にがんが治る確率は上がることでしょう。がんが治らない人の多くに、家族が患者の意見を聞かないケースが見られます。

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 

ご本人ではなく、むしろご家族である奥様が、ご本人以上に真剣に癌について徹底的に調べ上げた竹原慎二氏のケースは、癌治療という観点からは、正に理想的なものだったのではないでしょうか。

こうした奥様の献身的な行動の結果、竹原氏の癌は完治(消失)という最高の結果を迎えます。

手術後の病理検査の結果で、骨盤リンパ節に2カ所転移していたがんが消えていて、抗がん剤がよく効いたのと何らかの免疫機能も働いたんでしょうね、と先生に言われましたよ。

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 - 東洋経済オンライン 

それでは、奥様が調べ上げた結果、竹原氏が現在も行っている生活習慣についてご紹介しておきましょう。
この生活習慣を続けてきたからこその癌完治だとも言える、癌の本質を捉えた素晴らしいものです。

今の僕は何年生きるかではなく、どう充実して生きるかを考えるようになった。大事にしているのは「食事」「運動」「笑う」です。食事は添加物を避け、有機野菜中心の和食に切り替えた。体は冷やさない、そして免疫力を高めるためにいっぱい笑う。女房が調べてきてよさそうな療法は、とにかく試しました。手術前に本気で生活を変えましたから。

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 - 東洋経済オンライン 

最後に、なぜ竹原慎二氏の行っている『添加物を避け、有機野菜中心の和食に切り替える』ことが、癌の治療(消失)にとって必要不可欠なのかについて解説します。

この生活習慣は、2つの毒物を身体に取り込むことを排除しています。

  • 食品添加物
  • 農薬 

それでは、なぜ、これらの毒物は私たちが癌に罹患する原因となってしまうのでしょうか?

それは、癌の発症させ、増殖させるのに、活性酸素がその原因となっており、その活性酸素を生み出す原因の一つが、これら社会毒と呼ばれる毒物だからです。

まずはじめに、私たちは、これら社会毒が、活性酸素を生み出す原因だということを認識しなければなりません。

ストレスの他にも、酸化した食物、紫外線、カビ、添加物、たばこ、残留農薬なども同じように、体内で活性酸素を生み出します

及川胤昭・鶴見隆史著『がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡』 

次に、この活性酸素は、癌を発症させる原因となっています。 

活性酸素は非常に不安定な1個の電子を持ち、他の物質から電子を奪い取って安定しようとする。電子を取られた物質は大変に不安定なため、新たに電子を他から引き取って安定する。しかしこの状態は元の正常状態ではなく、いわゆる酸化物質となってしまう。このような酸化はドミノ倒し的に連続して起こる。これがフリーラジカルによる現象である。
 
シミやシワや簡単な風邪だけでなく、がんも生活習慣病も難病もすべてこの活性酸素・フリーラジカルが主たる原因である

及川胤昭・鶴見隆史著『がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡』 
 
そして、これだけでなく、活性酸素は、発症した癌を増殖させるのにも一役買っているのです。

がんの餌はブドウ糖だ。がんは、ブドウ糖だけを餌とすることを知っておいてほしい。
 
ではがんはどこからブドウ糖を摑み取るのか?ブドウ糖のような糖質は血管中の血球(毛細血管)内に存在する。細胞質にも存在する。そこで一役も二役も買うのがヒドロキシルラジカルである。

ヒドロキシルラジカルは、細胞の膜であろうが核の中であろうが、どこでも破壊と殺戮を繰り返す。それゆえ、細胞の破壊によって血管が破れる。浸出した新生血管の中にはたっぷりブドウ糖が含まれる。そのブドウ糖を餌としてがん細胞がどんどん繁殖していくことになる

 
及川胤昭・鶴見隆史著『がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡』 

注:ヒドロキシルラジカル=癌の原因となる悪玉活性酸素


つまり、癌の発症と増殖の両方の原因である活性酸素の原因である社会毒(農薬、食品添加物)を徹底的に避けた食事を取ったことが、結果として、竹原氏の癌を消失させることにつながったと言えます。

癌を完治へと導いた正に執念ともいうべき竹原慎二氏の奥様の頑張り。
私たちも、ぜひとも見習うべきではないでしょうか?

末期がんから劇的な回復を果たす人は、自分の体は自分が一番よくわかっているということに気づいた人です。依存心を捨て、自分でよく調べた結果、例えるなら専門家のいうことを答え合わせくらいに考える人が治る人に共通した特徴なのです。

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 


関連記事

癌は不治の病なのか?その疑問に答えるためには、癌から生還した人の事例を見れば良い


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








現代の日本で二人に一人が発症するといわれる「癌」。
もしもあなた自身やあなたの大切な家族が「癌」だと言われたらどうしますか?
おそらく次のような状態に陥るのではないでしょうか?

「ひょっとしたらがんかもしれない」という疑念を持った人が、がんだとわかった瞬間には、頭が真っ白くなるほどのショックを受けるでしょう。あるいは会社の定期検診の結果、青天の霹靂というべきがんの宣告をされた人も、衝撃を避けることができません。   

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 

そして、大半の人が専門医のもとで癌治療を行おうと医者を探し始めるでしょう。

無事に決まった主治医は、あなたに向かって次のように言うに違いありません。

「最善の治療を尽くします。一緒に頑張りましょう!」と。

Doctor_with_Patient_RGB

さて、この時、あなたはこの主治医の言葉の意味を正確に理解しているでしょうか?

  • 西洋医学(標準治療)はそもそも、癌が完治するという前提に立っていない
実は、先ほどの主治医の言葉『最善を尽くしましょう』の真の意味はこうです。

=『完治させることはできませんが、できるだけ延命できるよう頑張りましょう!』

なぜ、そのような発想になるのか?
その理由は、西洋医学の癌に対するアプローチにあります。
鍵となる考えは、『不可逆性』です。

この65年間で(戦後になってという意味)、抗がん剤治療で治った人はいるだろうか?実は、完治者は全くいないと言っても過言ではない。
それゆえ、医者は「寛解」という言葉は使っても「完治」とか「治る」という言葉は使わないのだ。
そもそも医学部で教えるのは、がんは「不可逆性」ということだ。そのため「治る」などということはあり得ないと根本的に考えているよくよく延命させてやればよいという考えがベースにある。

及川胤昭・鶴見隆史著『がんが消えた!マイナス水素イオンの奇跡』 
 
つまり、私たち患者は、はなから『治せない』と考えている主治医と二人三脚で癌治療という競技場を走り続けることを余儀なくされているのです。

それでは、〝癌の不可逆性〟という西洋医学の常識を前にして、癌を根治させたいという、私たち患者のささやかな希望は、何の科学(or 医学)的な根拠の無い、単なるワガママや幻想の域を出ない代物なのでしょうか?

636143896402149368

実は、ごく少数ではありますが、西洋医学の常識に逆らって、不可逆性という特質を持つはずの癌が、縮小し、消失したケースが存在します。

もちろん、西洋医学の医者に言わせれば〝ありえないこと〟ですし、単なる〝まぐれ〟と片付けられるのがオチでしょう。

しかし、まぐれでもなんでも、実際に起こっていることは事実なのです。

そして、そこにこそ私たち患者にとって一筋の光(望み)が存在します。
その事実を知ることで、もしかしたら、癌から生還するためのヒントを知ることができるかもしれない。

万が一、それを真似することで自らも癌を完治させることができればラッキーでしょう。
なぜなら、どちらにせよ、西洋医学(抗がん剤などの標準治療)は、どう頑張っても、延命することしかできないのですから…。
もうあなたには、これ以上、失うものは何もないのです。

さあ!
それでは、西洋医学で言うところの〝奇跡〟を成し遂げたレアな(数少ない)方々を紹介することにしましょう。

もしかしたら、癌患者のあなたにとっても、何かしら参考にできるヒントがそこには存在するかもしれません。

ただし、これらのレアな方々のやったことを決して真似してはいけませんよ(笑)。

何故なら、彼ら、彼女たちの経験は、西洋医学の常識から言ったら、完全に〝異端〟で〝常識外れ〟なのですから…。

  • 奇跡的に癌から生還した人々

ケース1:高遠智子さん(オーガニック薬膳料理研究家)

モンマルトルの市場で出会ったトマトが、私を余命3か月のガンから救ってくれた 


ケース2:竹原慎二さん(元プロボクサー)

元プロボクサー竹原慎二氏を余命1年の癌から救ったのは、奥様の懸命な情報収集だった


関連記事

ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








↑このページのトップヘ