カテゴリ:発酵生活 > 自家製ぬか床


今までいろんなぬか床を使い続けて、試行錯誤した結果、現在、我が家では2つのぬか床を併用して使っています。

一つ目は、以前の記事(「実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由」でも紹介した金沢大地の「わたしのぬか床」。


そしてもう一つが、祇園ばんやの「ぬかの花」です。 
この「ぬかの花」を選んだ最大の理由は、無農薬・無添加のぬか床だから。

◼︎超熟成されたぬか床「ぬかの花」の特徴
「ぬかの花」は乳酸菌、酵母菌の含有数でギネス世界一を申請中の超熟成ぬか床。 
しかも祇園ばんやのぬか床は研究に研究を重ね、無添加の食べられるぬか床を実現しました。 

ぬかの花:無農薬玄米ぬかを使用した食べられる超熟成ぬか床【祇園ばんや】 

この「ぬかの花」、実際に野菜を漬け始めて、オーガニックなことはもちろん、もう一つ、大きなメリットがあることに気づきました。

それは、ぬかの香りが良いということです。 

健康に良いと分かっていても、いまひとつぬか漬けを始められない方にとってのハードルは、その独特の匂いにあるのではないかと私は思っています。

その点、この「ぬかの花」は冷蔵庫に入れた状態で漬けている限り、ぬか独特のあの匂いとは無縁。 

なので、自宅でぬか漬けを始めたいけれどあの匂いが…、と不安な方にこそオススメです。

IMG_1341


◎「私が実際に使った」オススメのぬか床を紹介しています

>>私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

>>実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由


◎ぬか漬けを美味しく漬けるためのコツを紹介しています


>>ぬか床を実際に駄目にした私から皆さんへアドバイス。ぬか床を駄目にしないために気をつけるべきこと二つとは?

>>ぬか床が水っぽくなったら、補充用の「たしぬか」と塩を10:1の割合で加えてください
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

過発酵により失敗したぬか漬け作り。(参考記事:「ぬか床を実際に駄目にした私から皆さんへアドバイス。ぬか床を駄目にしないために気をつけるべきこと二つとは?」)

再度のチャレンジにあたり、気分一新、今回はぬか床を変えることにしました。 

金沢大地の「わたしのぬか床」です。 
FullSizeRender-21
(写真は「わたしのぬか床」の足しぬかです)

今回、私がこの「わたしのぬか床」を選んだのは、まったくの偶然で、たまたま自然食品店「ナチュラルハウス」の吉祥寺店の店頭で見つけたことがきっかけです。

そんな「わたしのぬか床」ですが、実際に使ってみると、これが、かなり使えるぬか床で、実際に使用してみて、特にぬか漬け初心者にはうってつけの商品だということがわかりました。

そこで、今回の記事では、ぬか漬け初心者に、私がこの「わたしのぬか床」をオススメしたい理由とともに、実際にこの「わたしのぬか床」を使った、過発酵させずにぬか漬けを美味しく漬ける方法もあわせて紹介したいと思います。

  • 「わたしのぬか床」をぬか漬け初心者にオススメする3つの理由
  1. 材料が有機
  2. 手間いらず
  3. 説明書付き

1.材料が有機

この「わたしのぬか床」を製造している金沢大地は、石川県の金沢と能登で環境に配慮した有機農業を実践するオーガニックファームです。

オーガニックファーム金沢大地のホームページ 
www.k-daichi.com 

この「わたしのぬか床」も、材料に有機米の米ぬかを使用。添加物も一切不使用。
また、食塩は、奥能登の海水塩、昆布は北海道産、唐辛子は島根県産の有機唐辛子を使うなど、素材にとことん拘っています。

たくあん、ぬか漬け
 
腸内細菌の働きを高める乳酸菌が豊富な発酵食品。たくあんは、天然塩を使用して天日干しで作られたものを選びます。ぬか漬けは、無農薬の米のぬかと天然塩を使ったぬか床に、旬の野菜を漬けたものを選びます

内海聡著『1日3食をやめなさい!』 


2.手間いらず

この「わたしのぬか床」は、ぬか漬け生活を始めるに当たっての面倒な作業は一切必要ありません。
塩加減、水加減、ぬか漬けを始める際に必須の面倒な捨て漬け、全て不要です。

すでに完成されたぬか床がプラスチック容器の中にビニール袋に包装されて入っています。
ぬか床をその容器に開けて、野菜を入れたら冷蔵庫で保存するだけ。
買ったその日から、ぬか漬け生活が始められるのです。


3.説明書付き

今まで説明してきたメリットもさることながら、このぬか床が初心者にとって何よりも嬉しいのは、美味しいぬか漬けを漬けるためのちょっとしたコツについて書かれた説明書が付いていることです。

例えば、野菜を漬ける前の下ごしらえの方法や塩もみなど、この説明書を読むまでは全く知りませんでした。したがって、初心者の方でも、この説明書通りに漬ければ、誰でも美味しいぬか漬けを漬けることができます。

そして、過発酵させずにぬか漬けの味を保つための最大のコツは、この説明書に書いている通り、必ず冷蔵庫で保管することです。

この「わたしのぬか床」のプラスチック容器は、冷蔵庫で保存するのに最適なコンパクトサイズなのも嬉しいところですね。


さて、本ブログでは今回の記事を含め、過去何度もオススメのぬか床の情報やぬか漬けを漬ける際の失敗談などを投稿してきました。

その理由は、ぜひ皆さんに自宅でぬか漬けを漬けて頂きたいという強い思いがあるからです。

本ブログの主要なテーマの一つに「癌予防」があります。

そして、二人に一人が癌になると言われている現代の日本で、〝癌にならない方の一人〟になるための条件の一つが、植物性乳酸菌による発酵食品の摂取だからなのです。

腸は、みなさん知ってのとおり、食べたものを消化して吸収し、体に不要なものを便として排泄する器官です。でもそれだけではなくて、今注目されている「免疫力」の約6割を担っています
免疫力とは、病気の原因となるウィルスや細菌を無害化したり、がん細胞などをやっつけたりする力のこと。免疫力が上がれば全身が健康になり、下がれば病気になったり、病気とまではいかなくても不調をきたしたりするのです。
こうした腸の働きは、実は、腸内に住みついている400種類、合計100兆個もの細菌の働きによっています。つまり、私たちの健康は、腸の中にいる「箘」に左右されているのです。

栗生隆子著『植物性乳酸菌の力で腸キレイ TGG(豆乳グルグル)ヨーグルト』 

将来癌になりたくなかったら、今日からぜひこの「わたしのぬか床」でぬか漬け作りを始めてみて下さい。


◎「私が実際に使った」オススメのぬか床を紹介しています

私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

我が家のぬか床変遷記。最後に辿り着いたのは、金沢大地「わたしのぬか床」と祇園ばんやの「ぬかの花」


◎ぬか漬けを美味しく漬けるためのコツを紹介しています

ぬか床を実際に駄目にした私から皆さんへアドバイス。ぬか床を駄目にしないために気をつけるべきこと二つとは?

ぬか床が水っぽくなったら、補充用の「たしぬか」と塩を10:1の割合で加えてください
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

自宅でぬか漬けを漬ける時に困るのが、ぬか床が水っぽくなってしまうことです。

そんな時は、補充用ぬか床で「たしぬか」をしましょう。

我が家ではナチュラルハウスで購入したわたしのぬか床の補充・メンテナンス用ぬか床「金沢大地 有機米ぬか 足しぬか」を使っています。(有機米の米ぬかを使用しているのでオススメです)


金沢大地 有機米ぬか 足しぬか」のラベルに記載されている「たしぬか」の手順は以下のとおり

① たしぬかと塩を10:1の割合で混ぜ合わせます。

② ①をぬか床に加え、かき混ぜます。固さが「耳たぶ」程度になるように仕上げます。たしぬかの量はぬか床の状態により異なりますので、固くなりすぎた場合は手を水で濡らしながらかき混ぜて調節してください。最後に表面を平らにならします。

③容器の蓋をせず、布や紙をふんわりと被せて温かい部屋(24℃程度がベスト)に3日間置きます。

④4日目にぬか床の底にまで空気が入るように、しっかりとかき混ぜから、使用してください。
「産膜酵母」という酵母の一種により表面が白く覆われることがありますが、混ぜて使用していただいて問題ありません。

IMG_1341

実際に、私もこの「たしぬか」を使ってぬか床のメンテナンスを実施してみたのですが、ポイントを押さえておけば、何も上記のとおり厳密にやる必要はありません。

上記①〜④の中で、最も重要なのは①です。

必ずメンテナンス用の「たしぬか」と塩の割合を10:1にします。

次に重要なのは②と④です。つまり、①で「たしぬか」と塩を10:1の割合で追加したら、あとは1日1回の割合でかき混ぜ続ければ良いのです。
(③は面倒であれば省略しても構いません)

自家製ぬか床を育てることで、添加物の入らない本物のぬか漬けを毎日の食卓に取り入れましょう。

添加物を避け、発酵食品を摂取することが、結果的に、発癌リスクを下げることにつながるのです。


◎「私が実際に使った」オススメのぬか床を紹介しています

私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由

我が家のぬか床変遷記。最後に辿り着いたのは、金沢大地「わたしのぬか床」と祇園ばんやの「ぬかの花」
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

無印良品のホーロー容器を使って漬けていた2つのマイぬか床。
先日、そのうちの1つをダメにしてしまいました。

具体的には、ぬか床がツンとしたアンモニアのような刺激臭がして、何をしてもその匂いが消えません。

当然、漬けた野菜(ぬか漬)もアンモニア臭がして、とても食べることのできない代物となってしまいました。
1ヶ月の間、ぬか床や塩を足したりしましたが、結局は元の匂いに戻ることはなく、泣く泣く生ゴミとして捨てることに…。

そこで、皆さんが私のような失敗をしないための参考として、今回のブログ記事では、ぬか床をダメにしないために、あなたが守るべきことを徹底解説します。


IMG_1341


私がマイぬか床をダメにしてしまった原因は以下の二つです。

①うまみを引き出すために入れた昆布がぬか床の中で溶けてしまったこと
②室温の高い真夏に、冷蔵庫から出したまま部屋に置いていたことでぬか床が過発酵してしまったこと

まず1つ目の原因ですが、うまみを出すためにぬか床に入れた昆布が、真夏でクーラーを入れずに高温になった部屋に放置したことで、ホーロー容器の中で溶けてしまいました。

それをきっかけに、ぬか床の風味そのものが変わってしまいました。

次に、2つ目の原因になるのですが、その高温の中に何日もかき混ぜずに放置していたことで、過発酵状態が進んで、結果ぬか床が変色(紫色)し、酸っぱい匂いがするようになってしまったのです。


今から振り返れば、この、ぬか床への昆布の投入は全く無意味でした。

というのも、私が愛用しているコミローナの熟成ぬか床は、予め乳酸菌が入っているので、しばらく野菜を漬けておくだけで、十分なうまみが出ます。

つまり、コミローナの熟成ぬか床を使えば、昆布など、うまみを出すために後から加えることは一切不要なのです。


次に過発酵対策ですが、これには方法は1つしかありません。

夏の間は、ぬか床の入ったホーロー容器を必ず冷蔵庫に入れるようにしてください。

冷蔵庫に入れるメリットは、過発酵を防ぐことだけではありません。
冷蔵庫に入れておけば、発酵が進まないので、結果として長い間、野菜を漬けておくことができます。
すると、短くても1週間、長い時には、2〜3週間の長期にわたって、1つの野菜を漬け続けることが可能になります。

このように低温の状況下で長く漬けた野菜は、程良く漬かった古漬けになり、この古漬けが何とも言えない深い味わいを醸し出すのです。

現に、私も、冷蔵庫にホーロー容器を入れていた頃は、1週間で美味しい古漬けが安定して出来上がっていました。それが段々と面倒になり、冷蔵庫から出したままの状態で、室内に放置してしまったことで、ぬか床そのものをダメにする事態にまで発展してしまったのです。

せっかく上手く漬かるようになったぬか床が出来上がったのに、それをみすみすダメにすることは本当にもったいない。

逆に言えば、コミローナの熟成ぬか床を使って、冷蔵庫に入れた状態であれば、毎日かき混ぜなど行わなくても、

1〜2週間に1回取り出して、食べる

新しい野菜を漬ける

1〜2週間後に再度取り出して、食べる、

を繰り返すだけで、簡単にぬか漬けライフを送ることができるのです。

しかも、その味は、大安で販売しているぬか漬け(きゅうり2本で税込432円)に匹敵するレベルです。(材料はスーパーで買ってきたきゅうりなので、2本で100円程度。大安のわずか4分の1。もちろん、味はスーパーで売っている添加物入りのぬか漬けとは雲泥の差です)

皆さんがマイぬか床で、発酵ライフを送るお手伝いができたら、それに勝る喜びはありません。


◎「私が実際に使った」オススメのぬか床を紹介しています

私がコミローナの熟成ぬか床を選ぶ二つの理由

実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由

我が家のぬか床変遷記。最後に辿り着いたのは、金沢大地「わたしのぬか床」と祇園ばんやの「ぬかの花」
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今回のブログ記事では、自宅でぬか漬けを漬けるためのおすすめアイテム(ぬか床)を紹介します。

normal

実は、自宅でぬか漬けを漬けることに対して、飛び越えなければならないハードルが1つあります。

それは、ぬか床の手入れ(かき混ぜること)です。

  • コミローナの熟成ぬか床は、かき混ぜ不要だから、ニオイが手につきません!
忙しい主婦にとって、ぬか床の手入れは

①面倒だ
②手に匂いがつく

ことで、どうしても敬遠しがち。

そこで、今回は、かき混ぜ不要のぬか床を紹介します。

それが、コミローナ熟成ぬか床です。


この、コミローナの熟成ぬか床は、あらかじめ乳酸菌で発酵させてあるため、毎日のかき混ぜが不要。

なので、自宅でぬか漬けを漬けてみたいけれど手が匂うのがちょっと…、とためらってしまう「ぬか漬け初心者」の方にも自信を持ってオススメできるぬか床なのです。

  • 化学調味料無添加で、安全・安心
このコミローナの熟成ぬか床、かき混ぜ不要のほかに、もう一つオススメしたい理由があります。
それは、添加物が入っていないこと。

早速、原材料名をチェックしてみましょう。

原材料名 米糠、食塩、大豆粉末、唐辛子、米糠抽出物、乳酸菌、酒精(原材料の一部に大豆を含む)

一切添加物が使われていないので、安全・安心ですね。

  • 購入は、生協(パルシステム)かAmazonで
これだけ便利で安全・安心なコミローナの熟成ぬか床。
私は生協(パルシステム)で購入しましたが、アマゾンでも販売しています。

早速、無印良品のホーロー容器にぬか床を入れて、きゅうりを3本漬けこみました。
10時間程度で漬かるとのことなので、今から漬け上がりが楽しみです。

IMG_1341


◎「私が実際に使った」オススメのぬか床を紹介しています

実際に使ってみてわかった。ぬか漬け初心者のあなたが「金沢大地 わたしのぬか床」を選ぶべき3つの理由

我が家のぬか床変遷記。最後に辿り着いたのは、金沢大地「わたしのぬか床」と祇園ばんやの「ぬかの花」


◎ぬか漬けを美味しく漬けるためのコツを紹介しています


ぬか床を実際に駄目にした私から皆さんへアドバイス。ぬか床を駄目にしないために気をつけるべきこと二つとは?

ぬか床が水っぽくなったら、補充用の「たしぬか」と塩を10:1の割合で加えてください
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ