カテゴリ:Organic > 食品添加物

休日の昼下がりの遅めの昼食。

キツネ色に焼きあがった一枚の食パンを口に入れた瞬間に感じる小麦の香りに癒されます。

そのパンの銘柄は、「超熟」。

我が家では、数年前から、この超熟一択です。

illust_0


  • 私がPascoの「超熟」を選ぶ理由
我が家が超熟を選ぶのには訳があります。
  1. 美味しい
  2. 無添加
  3. リーゾナブル

まず、このPascoの「超熟」は単純に美味しい。
軽くトーストしただけで、小麦の甘みと香りが十分に感じられる理由は、その製法にありました。

小麦の味をひきだす、超熟製法

小麦のもつ甘みや香り。
ごはんのようなもっちり、しっとり感。
口に入れたとき、サラっととける口どけの良さ。

これらの風味や食感を実現するために考えられたのが、
小麦粉の一部を熱湯でこねる「湯種製法」です。
当時「湯種製法」は品質の安定化が難しく、製パン会社での量産には不向きとされていました。
しかし、理想の食感を生み出すにはこの方法しかありません。

試行錯誤の末、Pasco独自の製法を開発し、 半年以上かけて量産化に成功。
「超熟製法」と名づけ、特許製法として登録しています。 

おいしさのひみつ - 超熟 
 
  • 「超熟」の無添加へのこだわり
超熟は、味だけではなく、無添加製法への強いこだわりがあります。

イーストフード・乳化剤不使⽤

Pascoは“無農薬”や“無添加”に高い関心を抱くお客さまが増えている時代背景を受けて、「添加物を極力使用せず、おいしく食べられるパン」の開発に取り組んでいます。

パンの主な原材料には小麦粉・砂糖・塩・油脂・パン酵母などがありますが、このほか、工場でパンを作る際に必要なものとして、イーストフードや乳化剤などの食品添加物があります。
これらはもちろん安全性が認められており、パンを柔らかくしたり水と油脂を混ざりやすくするなど、工場でのパン作りには欠かせないものです。
しかし、超熟のさらなるおいしさを追求するため、イーストフードと乳化剤をなくすことにチャレンジ。

原材料の見直しや工場設備への投資、新しい技術の導入などを行って研究を重ねた末に2006年の秋にはイーストフードを、2007年の春には乳化剤を、原材料からなくすことに成功しました
もちろん「超熟食パン」だけでなく、超熟シリーズ全てにおいてイーストフード・乳化剤を使わず、小麦本来の自然な味や香りをお楽しみいただけます。

  • 「超熟」のリーゾナブルな価格設定
これだけの原料と製法にこだわりながら、「超熟」は、他のメーカーの食パンとともに、近所のスーパーのパン売り場に並んでいます。

これは、ある意味すごいことだと私は思います。

オーガニック食品は、安全・安心で美味しさには定評があるのですが、価格が高くなりがちというデメリットもあることは否めません。

ところが、この「超熟」は、近所のスーパーで買えるぐらいのリーゾナブルな価格で購入できる無添加のパンなのです。

お金を出してオーガニックなものを買うのはある意味当たり前のことですが、あえて安価な価格設定で無添加のものを提供しようとするPascoの姿勢には、頭が下がります。

美味しく、安心で、手頃な価格のPasco「超熟」。
みなさんも、ぜひ、明日からの食卓にのせてみてはいかがでしょうか?


人気記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

刺身やざるそば、最近ではステーキなどにも添えられている「わさび」。

我が家では、長年エスビー食品のチューブ式の練りわさびを使っていましたが、添加物を気にするようになってからは、同じエスビー食品が出している缶入りの粉わさびに変えています。


今回の記事では、エスビー食品のわさびの原材料を比較し、含まれている添加物について確認するとともに、その味の違いについても言及してみたいと思っています。

まずはじめに、エスビー食品のサイトに記載されている「本わさび」と「粉わさび」の原材料を見てみることにしましょう。

  • エスビー「本わさび」と「粉わさび」の原材料をチェック

◉エスビー本わさび(チューブ入り)
本わさび

きめ細かいなめらかさ、清涼感のある風味、辛みが特徴の高級タイプ。

使用するわさびは100%本わさびの高級タイプ。本わさびをサメ皮ですりおろしたようなきめ細かいなめらかさ、清涼感のある風味、辛みが特徴です。風味と醤油溶けがさらに良くなりました。チューブは最後まで絞りやすいよう改良を重ね、無着色にもこだわっています。

【価 格】
190円(税別)

【容 量】
43g

【原材料】
本わさび、コーン油、食塩/ソルビット、加工デンプン、トレハロースセルロース酸味料香料増粘剤(キサンタン)


◉エスビー粉わさび(缶入り)

当社独特の技術により精製した粉わさびです。

品質優良な西洋わさびを当社独特の技術により精製した粉わさびです。適量のエスビー粉わさびに水を加え、よくかきまぜて4~5分おいてからご使用ください。わさび特有の素晴らしい風味と強烈な辛味がお料理を一段とひきたてます。

原材料
西洋わさび、着色料(クチナシ、紅花黄) 

まず、「本わさび」ですが、確かに原材料に本わさびは使われているものの、それ以外に、多くの食品添加物が使用されています。

一方「粉わさび」ですが、こちらは、着色料も天然由来のものであり、食品添加物は一切使用されていません。

もちろん、「本わさび」に含まれている食品添加物も、それを摂取したからといって、直接人体に害が及ぶことはありません。

しかし、わさび以外の食品添加物をわざわざ身体に摂り入れたくないと私自身は考えているので、昨年から、思い切って「粉わさび」に変えることにしました。

  • 「粉わさび 」は多少手間がかかりますが本当に美味しい!
チューブ入りのわさびと比較すると、缶入りの「粉わさび」は、食べるまでにひと手間かかります。
それは、「粉わさび」に水を加えて練る工程です。 

ところが、その手間も思ったほど面倒なものではありません。
少しずつ粉わさびに水を加えて(粉わさびと水の割合=1:2)スプーンでかき混ぜるだけです。 

そして、そのほんの少しの手間をかけて練った粉わさびの味は、驚くほどの美味しさです。

ほんの少し口に含んだだけで、鼻にツンと抜けるようなわさび本来の香りや辛味がしっかり立っているのがわかります。
それもそのはず。粉わさびは食べる度に水を加えて練るので、常に新鮮なのです。

一方、チューブ入りの「本わさび」は、常にチューブに入ったままで食べられる状態にしておく必要があることから、どうしてもそのために添加物を加えざをえません。

味も、「粉わさび」と比べるとどうしても人工的な味になってしまいます。

hero.201709071045

このように、食品添加物の入っていない缶入りの「粉わさび」は、単純に新鮮でわさび本来の香りを楽しむことができます。

近所のスーパーにも置いてありますので、ぜひ一度お手に取ってはいかがでしょうか?


関連記事

ミツカンの味ぽんとぽん酢、身体に良いのはどっち?


人気記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

我が家ではすっかり食卓から姿を消してしまった市販のカレールー。

今日もインデラカレー(カレー粉)とカレーの壺を使って、市販のルーを使わないカレーを作りました。
 
市販のルーを使わないのに、驚くほど美味しいこのカレー。

我が家では特にレシピもなく、材料も目分量で適当に作っています。

それでも美味しく出来るのには、三つのコツがあります。

①肉を低音で調理する
②カレーの総重量の0.8%の塩を入れる
③隠し味に様々な調味料等を使う

  • 肉を低音で調理し、食べる直前にカレーに入れる
どんな肉(牛、豚、鶏等)でも構いません。
テフロンのフライパンに乗せて、弱火にて低音調理してください。 

この調理法を取るだけで、近所のスーパーの特売で買ってきた格安の肉でも驚くほどジューシーな高級レストラン並みの肉に早変わりします。

肉や魚を柔らかく仕上げるには、細胞内の水分をいかに温存するかが決め手となります。

しかし、素材を加熱すると、必ず細胞内部の水分は流出します。いかに優れたプロであれ、これは絶対に避けられません。

この水分をいかに残すように調理するかが腕の見せどころなのです。そのためには、素材をゆっくり加熱ことが不可欠です。

水分の居場所を残し、柔らかく仕上げるためには、急激な強い加熱を避けること。

弱火〜弱い中火でゆっくり温め、筋組織が凝固しはじめる50℃を、おだやかに通過させることが大切なのです

水島弘史著『強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!』  

そして、大切なのは、この低音調理した肉を、食べる直前にカレー鍋の中に入れること。

こうすることで、煮込みすぎることなく、結果的に食べる瞬間まで肉のジューシーさを保つことが可能になるのです。

  • カレーの総重量の0.8%の塩を入れる
カレールーを入れないことで、味付けが難しくなるのではないか?
と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、心配ご無用。

その理由は、カレーの味を決めるのは、カレールーやカレー粉ではなく、塩分濃度と、隠し味に使う幾つかの調味料だからです。
 
その塩分濃度ですが、余り深く悩む必要はありません。
カレー全体の重量を量り、その重量に対して0.8%相当の塩を入れるだけで良いのです。
 
なぜ、体液と同じ0・8〜0・9%の塩分が美味しいと感じるのでしょうか。その秘密を解きあかしましょう。

野菜も肉も魚も、私たち人間も、生物の細胞の内側と外側は、いつも一定の環境が保たれるようにコントロールされています。

一方、細胞の中と外の塩分濃度が同程度のとき、細胞の水分バランスがつり合います。
細胞内の水分はみずみずしく保たれ、風味が流れ出ることもありません。

これが、食べて美味しさを感じる塩加減です。0・8%は、この細胞の内外の塩分がちょうどつり合う塩分濃度に最も近い値です。だから0・8%がおいしいのです。

水島弘史著『強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!』 

  • 最後に投入する、隠し味のための調味料は?
0.8%の塩分で基本の味付けをしたら、あとはインデラカレー(カレー粉)とカレーの壺を目分量で入れて、ホールトマトを投入して煮込んだら、最後に以下の調味料をそれぞれ大さじ1ずつ投入していきます。
  • 醤油
  • ウスターソース
  • ケチャップ
  • ヨーグルト
  • チャツネ
  • インスタントコーヒー

こうすることで、絶妙の塩加減を保ちつつ、カレーの味に奥行きをつけることができるのです。

最後に先ほど低温で調理していた肉を入れれば出来上がり。

レシピ無しでアドリブで作ったこのカレー。
その味はまるでSoup Stock Tokyoで出てくるような本格的なものでした。

ぜひ一度、お試しください。


関連記事

ハウス食品のカレールーはどれを使えば一番安全なのか?を解説します
 
え!まだハウスバーモントカレーで添加物摂ってるの?りんごのすりおろしとハチミツを使った絶品ポークカレーを手作りしてみませんか?


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します
 





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

我が家では外でお弁当を買う際に、絶対に買わないようにしている献立があります。

それは、ハンバーグとから揚げ弁当。

理由は、 その材料にあります。

  • 弁当の材料には何が使われているのかわからない 
今から書くことは、真実ではないかもしれません。
しかし、真実を確かめられない以上、リスクヘッジのために、避ける必要がある、というのが私の考えです。

いわゆる「君子危うきに近寄らず」というやつです。 

  • 大量の添加物が使われているかもしれないハンバーグ弁当
まず、ハンバーグですが、ひき肉から成形されているため、中に何が含まれているか全くわかりません。
怖いのは、大量に含まれているかもしれない食品添加物です。

河岸 「 混ぜもの」がすごいね、これは。「リン酸塩」の味がすごくする。増量のために「植物性タンパク」(後述)もかなり入っている。

─ ─  「リン酸塩」って食品添加物ですよね。添加物に味があるんですか?  

河岸 独特の苦みのような味がある。少量なら気にならないけど、さすがにこんなに入っていたらわかる。「pH調整剤」「乳化剤」「着色料」なんかも使っている。

河岸宏和著『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』  

もちろん上記のように市販のハンバーグ弁当に食品添加物が使われているという確証はどこにもありません。しかし、使われていないという確証もないのです。

であれば、先ほども言及した通り、君子危うきに近寄らず、です。

その形状から中身がわからないものをわざわざお金を出して買う必要はありません。 

  • 市販のから揚げに使われているかもしれない、危険なブラジル鶏
一方のから揚げですが、こちらは危険なブラジル鶏が使われている可能性が高いです。
こちらも確実に使われているという証拠はどこにもありませんが、使われていないという証拠もありません。
まあ、コストダウンのためにほぼ確実に使われているだろうと私自身は確信していますが。

ブラジル鶏の危険さについては、今さら言うまでもないでしょう。

またブラジル産の鶏肉も非常に安価で売られていますが、これは現地人も食べないといわれています。
 
ブラジル産の肉は、せまい圃場、抗生物質と成長ホルモン剤を投与することで大量生産・早期出荷を可能にしたのです。

アメリカでは、ブラジル産の鶏肉を2000年初めに輸入停止しています。その肉が日本では売られているのです。

地球の反対側から、安くない輸送費をかけて日本に運んでいるのに、なぜ安いのかをよく考えてみてください。
 

内海聡著『医者に頼らなくてもがんは消える~内科医の私ががんにかかったときに実践する根本療法』 

もちろん、それだけでなく、添加物の多いコンビニの弁当を避け、その場で調理している「大戸屋」やトンカツの「さぼてん」などの弁当を買うようにしています。

とにかく、外食は材料を自分でコントロールできないので、最新の注意を払って、リスクを最小限にとどめるように工夫することが大切です。

img_8bd3e89f122eade9dcda150a41cc6c9449096


関連記事

食品添加物があなたの発癌リスクを高める3つの理由
 
え!まだスーパーでブラジル鶏買ってるの?癌になりたくなかったら、今すぐ国産の鶏肉を買うようにしましょう


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

有名人の突然死が増えていないだろうか?という疑問を検証する

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

現在、我が家では妻がインフルエンザのB型に罹患中。

当然のことながら、僕が自炊しても良いのですが、この寒さと、父親が亡くなった後の諸手続きで忙殺されていて、とても料理をするような心境になれません。

こんな時の強い味方がレトルトカレー。

今回、妻が用意してくれていたのが、パルシステムで購入している「国産具材のビーフカレー 中辛 200g」でした。

便利で簡単なレトルトカレーですが、僕自身、あまり食べたくないと思ってしまう理由の一つに、植物油脂独特のベトっとした脂っこさと化学調味料や添加物の多さがあります。

ところが、この「国産具材のビーフカレー 中辛 200g」は、食べた後の後味も脂っこくなく爽やかで、胃にもたれることもありません。

そして、何よりも、化学調味料や添加物の少なさも、市販のレトルトカレーと比べれば一目瞭然。

試しに、パルシステムの「国産具材のビーフカレー 中辛 200g」と、市販のレトルトカレーの代表格とも言える「咖喱屋カレー <中辛>」の原材料を比較してみましょう。

国産具材のビーフカレー 中辛 200g

野菜(じゃがいも(遺伝子組換えでない)、にんじん、たまねぎ)、牛肉、小麦粉、りんごピューレ、動物油脂、砂糖、カレー粉、食塩、トマトペースト、肉エキス(ビーフ、チキン、ポーク)、香辛料、ねりごま、酵母エキス、チャツネ、乳等を主要原料とする食品、たん白加水分解物、ウスターソース、ココナッツパウダー、ココアパウダー、着色料(カラメル)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

◉咖喱屋カレー <中辛>

野菜(じゃがいも、にんじん)、小麦粉、牛脂豚脂混合油、牛肉、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、トマトペースト、カレーパウダー、食塩、でんぷん、しょう油、酵母エキス、香辛料、ガーリックペースト、オニオンパウダー、みそ、チキンブイヨン、ガーリックパウダー/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、香料、甘味料(スクラロース)、香辛料抽出物、(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉を含む)

やはり、「国産具材のビーフカレー 中辛 200g」は、「咖喱屋カレー <中辛>」と比べて、含まれる食品添加物の数が少ないことがわかります。

それでは、ここからは、「咖喱屋カレー <中辛>」に含まれる食品添加物の危険性について、見ていくことにしましょう。

◎ぶどう糖果糖液糖
現在、食品・飲料の製造に使われている果糖の多くは、トウモロコシのでん粉を原料にした「高フルクトース・コーンシロップ(異性化糖)」なのでさらに危険です。別名、「ぶどう糖果糖液糖」や「果糖ぶどう糖液糖」ともいわれます。

内海聡著『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』 

◎アミノ酸等
さらには、「原材料表に表示されない食品添加物」もあります。
たとえば、「アミノ酸等」という表示。
非常によく目にしますが、この「等」には一体、何が含まれているのでしょう。
こうした一括名やキャリーオーバー(微量であり表示義務がないこと)のために、把握しきれない食品添加物もたくさんあるのです。

内海聡著『1日3食をやめなさい!』 

◎スクラロース
その代わりに、よく使われるようになったのがスクラロースですが、毒性という点では変わりません。
動物実験では、成長の遅れ、赤血球の減少、甲状腺機能低下、マグネシウムとリンの欠乏、肝臓と脳の肥大、肝細胞異常、卵巣収縮、白内障のリスクなどなど、さまざまな障害があらわれたといいます。

内海聡著『1日3食をやめなさい!』 

こうして見てみると、市販のレトルトカレーには、驚くほど多くの食品添加物が使われているのがわかります。

一方、パルシステムの「国産具材のビーフカレー 中辛 200g」には、食品添加物がほとんど含まれていません。

後味が良くて、添加物も避けられる、皆さんも、ぜひ一度、パルシステムのレトルトカレー「国産具材のビーフカレー 中辛 200g」を食べてみてください。

きっとその自然な味わいの虜になること、間違いなしです。

97ded5bca4e2b1e65b7d43046478fd51


関連記事

ハウス食品のカレールーはどれを使えば一番安全なのか?を解説します
 
え!まだハウスバーモントカレーで添加物摂ってるの?りんごのすりおろしとハチミツを使った絶品ポークカレーを手作りしてみませんか?


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します
 





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ