カテゴリ:Revolution > ミニマリズム



ついに、漫画の電子書籍が、紙の売り上げを超えました。
ある意味、当然の結果です。

この流れはもう変えられないでしょう。

なぜなら、紙の本は、物体であるがゆえに、保管スペースを侵食し、かつ物理的な所有を余儀なくされるからです。










空間を物で埋め尽くすことに意味を見いだせなくなった現代において、電子書籍の普及はある意味必然的な出来事なのです。


関連記事

親父の遺品を片づけていて思った。『自分が死ぬ時の遺品は、リュックに入れたスマホとバッテリーだけにしたい』
 
高城剛「LIFE PACKING 2.1」の次に来るものとは?


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

有名人の突然死が増えていないだろうか?という疑問を検証する

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

僕は、高城剛さんの大ファンです。

彼の生き方、持ち物、ライフスタイルに憧れ、このブログのタイトルも、妻と相談の上で、彼の著書『オーガニック革命』から取りました。 

そんな高城剛さんが自らの持ち物について記した著作『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵』の中で、自らとモノの関係について語っているくだりが興味深く、何度も読み返しています。

今から5年ほど前、自分の持ち物の99%を処分しました。

自分の身の回りを見ても、履かないコレクタブルなスニーカー、必要のないフィギュアやガジェットが山積みになり、当時、神宮前にあった60畳を超える家の隅々まで埋め尽くしていたのです。

それはまるで「20世紀の残骸」のようでした。

高城剛『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵
 

81V0AflLzHL
高城剛『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵


確かに僕達が駆け抜けてきた20世紀は大量生産・大量消費の時代だったのかもしれません。

すなわち、物を所有することは、私たちの願望であり、同時にステイタス(=周りから認められるための条件)でもあったのです。

しかし、時代は変わりました。

高城剛さんが上記の著作で書き記したように、物で溢れかえった現代(=21世紀)では、所有することはクール(=かっこ良い、憧れの対象となること)ではありません。

そして、身の回りを物(所有物)で溢れさせたいという欲求がなくなると同時に、私たちはテクノロジーの進化とともに、次のような状況に置かれるようになりました。

  • スマートフォンにあらゆる機能が集約化されることにより、その機能を果たすために必要な物をそもそも所有する必要が無くなった
  • あらゆる情報(映像、音楽、画像、文字)がデータ化され、クラウド上にアップされることにより、それを保存する媒体や再生するための機器が不要になった

それは、物を所有しなくても生きていける時代に突入したということ。

極端な話をすると、インターネット環境下という条件があれば、私たちは、スマートフォンとバッテリーと下着をリュックに詰め込んで移動しながら、どこででも生きていける、という時代が到来したことを意味しています。

あらゆるものがデジタル化され、バーチャルな存在になるとともに、一つのデバイス(=その先にあるインターネット上のクラウド空間も含めて)に集約されていく未来。

その来るべき未来に向けて、私たちは自らの生き方をどのように変えていく必要があるのでしょうか?

そのヒントも、高城剛さんが私たちにその著作やツイートを通して教えてくれているのです。








関連記事

親父の遺品を片づけていて思った。『自分が死ぬ時の遺品は、リュックに入れたスマホとバッテリーだけにしたい』
 
LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

有名人の突然死が増えていないだろうか?という疑問を検証する

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

親父が亡くなった。

入院してから、あっという間の死。
享年80歳。

亡くなってから、葬儀当日までの間の2日間のうちに、兄弟と協力しながら実家のアパートを片づけた。

それは、まさに地獄絵図だった。

家族の写真や先祖の仏壇など、本当に大切なものも確かにあった。
テレビや羽毛布団など、使える家財道具もそれなりに残っていた。

しかし、母と二人暮しのその部屋に残されたモノの9割は、不要なガラクタだったのだ。

  • 通販で買ったものの使われずに埃を被った健康器具
  • なぜか山のように出てくる電源コードとタップ
  • 床下に大量に保存された特売時に購入した新品のラップとアルミホイル
  • 流行遅れの柄で、もう付けなくなった大量のネクタイ
  • どう見ても着ないだろうと思われる洋服の山

結局、2日間で捨てたゴミの総数は、45Lのゴミ袋80袋あまりに達した。

そして、このような状況下では、一部の思い出の品を除くと、いちいち細かい内容を確認している暇は無い。
瞬時に判断して、捨てる判断をしなければとても終わらないのだ。


この片付けを通じて痛感したことが3つある。

  1. 本当に大切な(死ぬ時に残すべき)ものは、現在の所有物の1割程度
  2. 本人にとって大事な物でも、他人にとっては、ただのガラクタ
  3. 物を大量に所有したまま死ぬことは、遺族に多大な負担を掛ける
 
自分が死ぬ時は、傍のリュックに、下着と歯磨きセットと、スマホとバッテリーがあればそれでいい。
どうしても紙で保存しておくべき保険証券などの書類は、別のアタッシュケースにまとめておけば良いだろう。

確かに親父の世代は、これだけの物を持たざるを得なかったのは理解できる(それでも、もう少し捨てる勇気が必要だったとは思うが…)。

ただ、我々の世代にはそれが可能なのだ。

テクノロジーの発達によって、様々なデバイスが担っていた機能はスマホ1台に集約されようとしている。

そして、データはテキストや画像ファイルになり、手元ではなくクラウドに保存されるようになった。


こうして、僕と妻の人生の目標がひとつ決まった。

〝死ぬ時はリュックひとつで。〟

テクノロジーの進化によって、私たちはその夢を叶えることが可能になったのである。

_UL1500_
ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) XPヒューズボックス(XP Fuse Box) NM81767 K ブラック


関連記事

土屋敦さんの『男のハンバーグ道』に学ぶ、究極の〝手抜きジューシーハンバーグ〟の作り方
 
プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】 


人気の記事ベスト3


有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された

腸が破裂するケースが多発!。危険なバリウム検査を合法的に断る方法を教えます

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します
 





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ