カテゴリ: 医学ムラ

この世には、全て、表と裏の世界があります。
表の世界は、私たちが普段常識だと思っている意識の中に刷り込まれた世界です。

◎表の世界

・警察


・検察


・医者


しかし、残念ながら、私たちが知りえない、裏の世界が確かに存在します。
それは通常は、表には出てこないのですが、時たま、裏と表の世界の境界線にふとした綻びが生じた時に、一時的に私たちの眼前に現れるのです。


◎裏の世界(=本当の世界)

・警察


・検察


・医者



s_aibou-880x644

上記の『裏の世界』のツイートを見て皆さんは次のように思われるのかもしれません。
『世の中には、悪い警官(または検察官または医師)もいるのだな…』と。

しかし、その発想こそがすでに洗脳されている証拠です。
そもそも、警察も、検察も、医者も、決して私たちを守ってくれる正義の味方ではありません。
本当は正義の味方でもなんでもない彼らの存在を、あたかもそれであるようにカモフラージュするために、上記のテレビドラマが制作されているのです。

つまり、「相棒」、「HERO」、「A LIFE〜愛しき人〜」が制作され、大物キャストが動員され、高視聴率を記録するのは、ある意味必然の出来事なのです。

s_contrailstudy

私のブログの主要なテーマは、癌予防です。
そのブログで、どうしてテレビドラマを題材に取り上げるのか?

それは、この裏の世界の存在を知ることが、結果に私たち自身の生命を救ってくれると、私が信じているからです。

医学や医療にぎりぎりまでかからないこと、これが健康であることや殺されないための最も重要な秘訣だが、一般の人にはそのような発想自体が思い浮かばない。
現代の医学とは、かかればかかるほど悪くなるのである。悪くしないと儲からないのだから。
要するに極論すれば、殺人するためにこそ現代医学は存在する

内海聡著 『医学不要論
 

関連記事>>ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事>>有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 

dtl_ab001_09
あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】





Yahoo!ニュースに興味深い記事が掲載されていましたので、早速取り上げてみることにしましょう。

20170707-00010002-bfj-000-1-view

がん患者を惑わす「甘い言葉」とは? インチキ医療で命を落とす前にできること

Yahoo!ニュースBuzzFeed Japan
7/7(金) 15:09配信

 「がん」による著名人の訃報が続く中、科学的根拠のない悪質な「インチキ医療」の危険性が取りざたされている。大きな病に直面しても、納得のいく選択をするために、私たちにできることとは--。自身もがんサバイバーで報道記者の鈴木美穂さんと、腫瘍内科医の勝俣範之さん、医療政策学者の津川友介さんらの鼎談から考える。

それでは、上記記事の登場人物それぞれの発言の中から、注目すべき部分を抜粋して紹介していきます。
まず最初に、ニュースキャスターの鈴木美穂さんの発言から見てみましょう。

鈴木:私は9年前、2008年に乳がんになりました。こう言うと「がんになって9年経ってそんなに元気で、何か特別な治療をしたんですか?」と聞かれることがあります。でも、私は特別なことはしていません。ガイドラインに沿ったもの、「標準治療」と呼ばれるものを受けただけで。 

鈴木美穂(すずき みほ)さん。
ニュースキャスター。NPO法人マギーズ東京 共同代表理事。
20170707-00010002-bfj-001-1-view

鈴木さんが受けた標準治療は、その発言内容から、おそらく手術と抗がん剤だと思われます。
9年経って再発がないところを見ると、癌は完治していると見て、ほぼ間違いないでしょう。


続いて、医療政策学者の津川友介氏の発言です。

津川:実害がなければ目くじらを立てることはないのかもしれませんが、抗がん剤のような情報は、人を不幸にすることが本当にあるので。エビデンス(科学的な証拠)のない医療を受けて、命を落とす方、病気を悪くする方が実際にいる以上、社会としてどう守っていくかを、考えなければならないでしょう。

津川友介(つがわ ゆうすけ)氏。
聖路加国際病院で内科医をした後、ハーバード大学で博士号を取得。
20170707-00010002-bfj-003-1-view

まさに津川氏の言う通り、自分の大切な命を預ける癌治療です。
決して思い込みや医者(それが標準治療だろうとインチキ医療であろうと)の言いなりになってはいけません。

それでは、津川氏のアドバイスに従って、科学的なエビデンスに基づいた癌の治癒率について調べてみることにしましょう。

このグラフ(図2−3①)は世界的に著名な『Nature』の姉妹誌に載ったもので、市販の薬がどれくらい効いているかを数値であらわしています。さまざまな薬の中で、抗がん剤の有効性は最低の五%。つまり九五%は効いていません。もっとも何を基準に効くか効かないかを決めるのが問題ですが、これは『治癒』をカウントした数値のようです。『セル(以下、Cell)』のレビュー誌は『延命』でカウントしていますが、それでも二五%(図2−3②)です。つまり、抗がん剤はがんの九五%を治せないという恐ろしい『薬』なのです。

奥野修司著『がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生』 

科学雑誌としておそらく知らない人はいないだろうと思われる『Nature』。
その『Nature』の姉妹紙に掲載された衝撃の事実。
このデータが真実なら、100人の癌患者がいたら、抗がん剤で治癒するのはわずか5人、残り95人は治癒することなく亡くなってしまうことになります。
それだけ確率の低い治療をしているのが現代日本の医療の実情だということなのです。


最後に、日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科に勤務する勝俣範之教授の発言です。

勝俣標準治療についての理解も必要です。国立がん研究センターのサイトから、ガイドラインやがんの情報を学ぶことができます。 

勝俣範之(かつまた のりゆき)さん。
日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科教授。
20170707-00010002-bfj-002-1-view

こちらも、勝俣教授のアドバイスに従い、 国立がん研究センターのがん情報サービスというサイトからで、抗がん剤で治癒可能な癌についての情報を確認しましょう。

8.化学療法で治癒可能ながん

抗がん剤で完治する可能性のある疾患は、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)腫瘍、絨毛(じゅうもう)がん等です

また、
病気の進行を遅らせることができるがんとしては、乳がん、卵巣がん、骨髄腫(こつずいしゅ)、小細胞肺がん、慢性骨髄性白血病、低悪性度リンパ腫等があります

投与したうちの何%かで効果があり症状が和らぐというのが、前立腺がん、甲状腺がん、骨肉腫、頭頸部がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がん、胆道がん等です。

効果がほとんど期待できず、がんが小さくなりもしないというがんに、脳腫瘍、黒色腫、腎がん、膵がん、肝がん等があります。

がん情報サービス - 国立がん研究センター

このがん研究センターのサイトによると、抗がん剤で完治させることができる癌は、急性の白血病と悪性リンパ腫等のみというこちらも衝撃的な結果が掲載されています。

それ以外のメジャーな癌、例えば前述の鈴木美穂さんが罹患した乳がんをはじめ、卵巣がん、前立腺がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がんなど、ほとんどの癌に対して、抗がん剤は延命効果しかない(完治させることができない)という残酷な事実が、はっきりと記されています。

また、脳腫瘍、腎臓がん、膵臓がん、肝臓がんに至っては、抗がん剤は、延命させることすらできない(全く効き目がない)という、まさに抗がん剤の敗北宣言とも取れる記述となっているのです。

これは先ほど紹介した『Nature』の姉妹紙に書かれていることとほぼ同じことを別の表現で言っているにすぎません。

つまり、抗がん剤は、癌を完治させるという点においては、ほとんど効き目がないということが科学的に判明してしまっているのです。

前述の3人の有識者の言う通り、インチキ医療で命を落とす前にできることとは、標準医療の一つである抗がん剤の効果について、 国立がん研究センターのサイトにて確認することに他なりません。

だとしたら、皮肉なことに、そうすることによって私たちは標準治療(特に抗がん剤)の限界について嫌が応にも知らされることになるのです。

これらの〝科学的〟なデータによれば、前述の乳がんを抗がん剤で完治させた鈴木美穂さんは、幸運な5%にたまたま入れただけの存在に過ぎないことがわかります。

それは正に、年末ジャンボ宝くじや万馬券が当たった人の例を出して、『だから絶対に宝くじや競馬をやった方がいいよ!』と強引に勧誘するタチの悪い輩とほとんど違いはありません。

それでもまだ、前述の3人も含めた〝イガクムラ〟の人たちは、冒頭の写真のような笑顔で私たちに標準治療を勧めてくるのでしょうか?


関連記事

ねえ!お父さん、お母さん、小林麻央さんは、どうしてこの副作用のない抗がん剤を使わないの?


人気記事

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

4feadf28bad169fcc67565d21c1f37b5

コンドーム不要、男性用「避妊ジェル」 製薬会社らは反発

Forbes JAPAN
2017/02/26 17:00

この数十年間待ち望まれてきた男性用の避妊薬が、いよいよ実現するかもしれない――。アカゲザルを使った実験で、精管に注入する避妊用ジェル「ヴェイサルジェル(Vaselgel)」の効果が認められたという論文が先日発表された。
 
社会的事業としてヴェイサルジェルを開発するカリフォルニア州の非営利団体、パーセマス財団(Parsemus Foundation)によると、その仕組みはパイプカットと似ているが精子の遮断効果がより高く、一度の注入で何年にもわたる避妊が可能だという。

今回、このForbes JAPANの記事を取り上げたのは、男性の避妊について論じるためではなく、記事の後半に登場する製薬会社に関する記述に注目したからです。

その記述とは、以下の部分になります。

ヴェイセルジェルの商品化にはさらなる研究が必要であり、パーマセス財団は現在、研究費の寄付を募っている。問題は製薬会社が乗り気ではないことだ。リスナーは前述のBBCニュースの取材に「製薬会社にとってこの避妊薬は悪夢です。世の男性にとって理想的なのは安くて長期間作用型の薬ですが、製薬会社の理想は高価で短時間作用型の薬なのです」と答えている。

コンドーム不要、男性用「避妊ジェル」 製薬会社らは反発 - Forbes JAPAN 

本ブログの主要テーマは癌予防・癌治療。
上記の記述がどうして癌予防・癌治療と関係するのか?

それは、製薬会社の本質を知ることが、結果的に癌予防・癌治療の観点から非常に有効な意味を持ってくるからなのです。

上記引用記事の赤字部分に注目してください。
製薬会社は、決してあなたたち患者のことを第一に考えてはいません。
彼らが重要視するのは、自らの利益なのです。

このことを念頭に置いた上で、以下の記事を読んでみると、新たな視点が得られるかもしれません。

医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか?

ビジネスジャーナル
2012.08.27

――抗がん剤が効かないというのは、本当でしょうか?
 
A氏 単純な話で、副作用が強く、科学的な有効率が低いんですよ。副作用のつらさは、耐え難いほどの倦怠感や吐き気、脱毛など、一般によくいわれている通りです。有効率はというと、薬剤を開発する臨床試験の段階で、20%の患者にがんの縮小が認められたとされています。苦しい副作用に耐えても、たった20%の人にしか効果がなく、しかもがん細胞の消滅ではなく、縮小するだけなんです。
 
――しかし、これだけ抗がん剤治療が一般化しているのは、なぜでしょうか?
 
A氏 治療ガイドラインで決まっているからです。ほとんどのがんは、各専門学会が治療ガイドラインを作成しており、例えば「ステージ2でリンパ節転移がなければ、抗がん剤治療。使う薬剤は○○」と定められています。ガイドラインから大きく外れた治療は公的保険が利かなかったり、何か問題が起きたときは、医師個人の責任が問われかねません。訴訟にでもなったら大変ですから、医師はガイドライン通りに抗がん剤を使おうとなるのです。
 
――抗がん剤がたくさん使われて、喜ぶ人はいるんですか?
 
A氏 一番喜ぶのは製薬会社です会社の利益のために、高価な抗がん剤をどんどん使ってほしい。また、厚労省は天下り先として製薬会社が潤っていないと困りますから、抗がん剤を公的保険で認める一方、安価なビタミンCの大量投与という治療は、いまだに保険適用外です。 

私たちが癌で死なないためには、何も難しい医学の知識をつける必要はありません。
ただ、世の中の仕組みを知ることができれば、それで十分なのです。


関連記事

インフルエンザにタミフルは必要なのか?事実を時系列で追うことで見えてくるものとは


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

登場人物 

のび太:高学歴で大企業に勤めるダメリーマン

:のび太の妻。「死ね!!!と罵倒された日本」の「保育所建設反対運動が起きるオワコン都市東京」で働くパート保育士

のび子:のび太夫妻の子供。小学1年生

sukiyaki_01

のび太「いやぁ…、寒い時はやっぱり鍋だよね。この牛肉、最高だよ。ほら、のび子もよそ見してないで食べなきゃダメだぞ。」

のび子「はーい。」

「こうやって、美味しいものを好きなだけ食べれるっていうことは幸せなことよね。」

のび太「そういえば、小林麻央さん、ヨーグルトが食べれないってブログに書いてるのがニュースになってたよね。」

「そうみたいね…。やっぱり抗がん剤の影響なのかしら?」

のび太「そうじゃないかな。放射線治療も再開したみたいだし…。
あ!そうだ、この週刊現代の記事見た?すごいよ。副作用の無い抗がん剤があるんだって!」

「うそ!?そんな都合のいい話あるわけ無いじゃない。」

のび太「見てよ、ほら。ちゃんと記事になってるよ。」


全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話

現代ビジネス
2017.01.12


のび太「詳しいことは記事に書いているけど、とにかく吐き気などの副作用がないらしい。だから、投与されたその日にラーメンとか焼き鳥とか食べに行っちゃうんだって。患者さんが…。」

がんと闘うためには、これらの欠点をクリアしたものでなければならない。正常な細胞を殺さず、がん細胞にとって致死量にあたる毒物を一気に降り注ぐ抗がん剤だ。それが前田教授の開発したP-THPだった。

たとえば、一般的に抗がん剤治療を行うと食欲がなくなり、やせ細って苦しむというイメージがあるが、どういうわけかP-THPは、治療を受けたその日にラーメンや焼き鳥を食べに行く患者が多い。 理由はわからないが、食欲が増進するらしい。

がんは認知症と同じで、退職前にがんになると多くの人が勤め先を辞めさせられている。抗がん剤の副作用で仕事ができないと思われているからだろう。 ところがP-THPは副作用がないから、治療を受けながら仕事を続けられる。今のところ、P-THPのために仕事を辞めたという人はゼロである

全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話 - 現代ビジネス 

「でも、そんなに良い薬なら、どうしてみんな使わないのよ。おかしいじゃない!。また週刊誌のガセネタじゃないの?」

のび太「いや。多分本当だと思う…。広まらないのには、大人の事情があるみたいだね。」

こんなすごい抗がん剤なら、なぜ保険薬にならないのだろうか。
 
保険薬にするには製薬会社が関わる必要がある。ところが、P-THPに使われた抗がん剤は、古い抗がん剤で薬価も決まっているから何千万という高額な値段をつけられない。つまり、企業にとって大きな利益をもたらさないということである。

全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話 - 現代ビジネス

のび子「ねえ、お父さん、お母さん。
おいしゃさんは、どうしてそんなに安くていいおくすりがあるのに、こばやしまおさんに飲ませてあげないの?
そのおくすりだったら、きもちわるくならないから、のび子と同じ、すき焼きとかいっぱい食べれるんでしょ?

学校の先生いつも言ってるよ。
お医者さんは私たちの病気を治してくれるえらい人なんだって。
どうしてそんなえらいのに、こばやしまおさんのお医者さんに、教えてあげないの?
まおさんかわいそうだよ。
ヨーグルトも食べれないなんて。のび子はすき焼き食べてるのに!」

「ねえ、のび子。世の中には、のび子の知らないことがいっぱいあるのよ…。
だから、それを知るために、これからのび子はいっぱい勉強しなくちゃいけないの。
いっぱい勉強して、えらくなって、お医者さんになって、こばやしまおさんみたいに、苦しんでいる人たちを助けてあげてね…。」

のび子「うん!わかった。のび子、いっぱい勉強してお医者さんになる!お医者さんになって、こばやしまおさんを安くてきもちわるくならないおくすりでなおしてあげるんだ。」


のび太
「麻央さん…。すき焼き…、食べたいだろうな…。」


しかし、心の自由性は決して子どもから奪ってはならないものであり、はっきりいえば〈彼ら〉にとってもっとも邪魔なものは「子ども心」なのだ。

あなた方グーミンは王様に「裸だ」といえないが、子どもは純粋な心で王様に「裸だ」といえる

私が「子ども心」で考えよと繰り返し述べているのは、皮肉でもなんでもなく、それが〈彼ら〉にだまされないためにもっとも必要だからだ。

内海聡著『99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!


関連記事

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

東急ハンズ「予防接種拒絶」ツイートが炎上 「社内の別の公式アカ」が大慌てで「火消し」

J-CASTニュース
2016/11/10 16:01

東急ハンズネットストアの公式アカウント担当者が、「予防接種」を拒否し続けているとツイートし、にわかに「炎上」した

問題のツイートは2016年11月9日18時ごろに投稿された。

同社ネットストアの公式アカウント「ハンズネット」が、「最近は予防接種を受ける方も増えたそうですね」と前置きしつつ、「わたくしは(予防接種を)長年拒絶し続けているタイプです。今年も勇気とメンタルで立ち向かいたいと思います」などと、顔文字混じりのツイートで「告白」した。

しかし、その返信には、インフルエンザの予防接種の事と受け止めた、とみられる人たちから、

「ハンズそのものの利用をやめます」
「あなた、仕事を失うかもしれませんよ?」
「冬場はハンズにいけないね」

と手厳しい声が相次いだ。中には「バイオテロ」といった激しい言葉もみられた。接客業の従事者であるにも関わらず、予防接種を受けないとはけしからん――。そう感じたユーザーが多かったのかもしれない。

ワクチン接種画像

今回のツイートはほぼ間違いなく炎上しますよ。
そして、その理由は明快。
なぜなら、医療利権に抵触するから…。
透析批判でブログが炎上した、長谷川豊氏と同じ構図ですね。

今回のツイートも、これを見て、世の中に予防接種(ワクチン)を拒否するという選択肢が広まることを阻止しようとする人達によって間違いなく炎上させられたのでしょう。

インフルエンザ・ワクチンも、子宮頸ガン・ワクチンと同じ問題をはらみます。インフルエンザ・ワクチンでインフルエンザの感染予防などできないのです。
しかし、テレビや新聞などのマスメディアは、こうした事実を報道しません。なぜなら、マスメディアにとって製薬会社は重要なスポンサーだからです。そして、厚生労働省は、製薬会社の利権絡みの学会に牛耳られています。
そのため、多くの人は、テレビや新聞、医者たちの情報や言葉を信用し、「毎年打っているから」「みんな打っているから」「テレビでも打ったほうがいいといっていたから」「職場で打てといわれたから」「お医者さんも勧めていたから」などといって、インフルエンザ・ワクチンを打ちに行きます
 
世界のワクチン市場の売り上げは、今では2兆円にも届く勢いです。その中でも、インフルエンザ・ワクチンは世界でいちばんよく売れている大ヒット商品です。
医学的に見れば、インフルエンザ・ワクチンに効果はなく、害しかありません。それを裏づけるように、インフルエンザ・ワクチンの学校での集団接種は、1994年以降、全国で中止されていることをご存じでしょうか。
そのきっかけは、群馬県の前橋市医師会による調査でした。この調査によって、インフルエンザ・ワクチンに予防効果のないことが証明されたのです。

内海聡著『子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)

おそらく、今回の記事を見た何も知らない人達に、インフルエンザワクチンを打たないと大変なことになる(仕事をクビになる等)と錯覚させる(思わせる)ことが狙いなのでしょう。

そういった意味では、ツイートを炎上させた人達も確信犯ですが、その炎上した事実をニュースとして報道したマスメディアも共犯者ですね。おそロシア…。


関連記事

インフルエンザにタミフルは必要なのか?事実を時系列で追うことで見えてくるものとは 


人気記事

有名人の癌が増えていることが、データベースから証明された
 








↑このページのトップヘ